加入率は米国の3倍以上!「死亡保険」を有り難がるのは日本人だけだった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
shibouhoken_150109.jpg
『日本人が保険で大損する仕組み』(橋爪健人/日本経済新聞出版社)

「結婚したら家族のために入る」「社会人になったら、そろそろ入る」など、「保険は入るもの」と考えがちな日本人だが、米国では「保険はできるだけ入らない」と考える――。米国人が保険に入ろうと考えるのは「住宅ローンを借りる時」「富裕層の人が相続対策でキャッシュが必要な場合」くらいだという。

『日本人が保険で大損する仕組み』(橋爪健人/日本経済新聞出版社)では、日本生命保険出身の企業向け保険ビジネスコンサルタントである著者が日本人の「保険幻想」に迫っている。

 とある保険の統計データでは「生命保険料ベースでは、米国が世界一、そしてほぼ並んで日本が2位、そのあと英国が3位で、4位がフランスです(略)生保の世帯加入率を見ますと、日本は約90%で米国が80%ですので、日米とも一般家庭に生命保険がかなり普及していることがわかります」

 しかし、日本だけが米英仏との間に大きな違いがある。日本人だけが死亡保障を重視しているのだ。

「米国では生命保険と言っても、そのうちの80%が年金保険と医療保険だからです。日本のような公的な医療保険制度のない米国では、国民が自分で医療保険に入らなければなりません」
「日本人が生命保険と聞くと、すぐに思い浮かべる代表的な死亡保険は、米国では20%に過ぎませんが、日本は約70%です」
「近代保険発祥の国である英国でも同じです。保険料規模では、米国、日本に次いで世界第3位ですが、保険商品は運用目的の一時払いの個人年金が中心です。日本で主流の死亡保障保険はごくわずかです」
「統計上で世界第4位のフランスは、米英よりさらに生命保険に入りません。(略)銀行で取り扱われている投資信託や債券のような運用系の金融商品のひとつとして、貯蓄系保険が扱われています。銀行は運用商品のラインナップのひとつとして貯蓄系保険を売っているわけです。人々は、死亡保障系の生命保険にはほとんど入りません」(同書より)

「夫が万一の場合に備えて妻や子供のために保険に入る」という日本では固定観念に近い考え方も、夫婦共働きが主流の米国や、社会保障が充実し高福祉で、伝統的に女性の社会福祉が進んだ欧州ではなじみが薄いのだ。

「問題は日本です。欧州と同じように国の社会保障が充実しているのに、依然として多くの人が死亡保険や医療保険に入っています」

 日本が欧州と同じように社会保障が充実しているとは思えないが、社会保障制度が充実していない米国に比べても3倍以上の割合で死亡保険に加入していることを考えると、日本人が「保険過剰」なのは間違いないだろう。

「高度経済成長の時代、保険会社は人々の安心・安全願望を上手に取り込み、増え続ける給料の中から巧みに吸い上げ、順調に成長してきました。こうして、人々が安心・安全な生活を守ってくれると信じた『お守り』のような保険がどんどん売れて、人々は心地よい気持ちに浸っていました。しかし、こうした『お守り』のほとんどは、実は保険としての価値の薄いものでした。入っていれば大丈夫、と信じていた人々の保険への期待は、何の根拠もないただの幻想でした」(同書より)

 しかも、日本の生命保険料は米国の2倍以上で、高負担なのだ。著者はハワイで米国の生命保険に加入しようと保険エージェントに相談したことがある。

「日本で入っている生命保険が、更改期ごとにどんどん保険料が高くなるので、ハワイ出張の機会に、米国のものへの乗り換えを検討してみようと思っていたのです」

 日本の生命保険会社で入っていた「保険期間15年、保険金額2000万円」を相談したところ、保険エージェントは「なぜ、15年も必要なのですか。5年間で十分ではないのですか」「(保険金額2000万円も)その半分で十分だと思いますが、何か事情でもあるのですか」と著者が希望する保険よりも「小さい保険」を勧めてくる。しかも提示された保険料は「日本の3分の1」だったのだ。

「不要な保険に入っているということは、それだけ他の生活費を圧迫しているということでもあります。実質的な収入が減り続けている現在、私たちは知らず知らずのうちに『保険ビンボー』になっているのです」(同書より)

「そもそも保険は必要なのか、それとも(必ずしも)必要でないのか」という根本的な問いが日本では欠如したまま、複雑でバカ高い保険料の生命保険に加入させられているのだ。
(小石川シンイチ)

最終更新:2018.10.18 01:44

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

日本人が保険で大損する仕組み

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

加入率は米国の3倍以上!「死亡保険」を有り難がるのは日本人だけだったのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。保険医療小石川シンイチ年金の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 補償なき自粛要請に水原希子、King Gnu井口、RAD野田らが声
2 立川志らくのティッシュ買占めや弟子への仕打ちが報道されない理由
3 「人工呼吸器不足」は安倍政権の責任だ! 野党の指摘を放置
4 三浦瑠麗が近財職員の自殺にトンデモ発言
5 後藤謙次の降板で『報ステ』政権批判が完全消滅? 後任に米国より記者
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 田崎史郎を時事通が特別扱いした理由
8 安倍首相のコロナ対応はなぜこんなに遅い? 28日の会見でもまだ具体的提示なし
9 大阪・吉村知事が支離滅裂! 大阪の感染者数が急増した途端兵庫県と合算
10 安倍首相が赤木俊夫さんの妻の指摘まで否定も証拠の記録が
11 金塊容疑者の写真はNEWS手越だった
12 安倍首相にマッチョ批判
13 昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
14 報ステが杉田水脈も赤坂自民亭もスルーした理由
15 五輪延期で発覚!安倍のお友だち「アパホテル」に組織委用の部屋
16 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
17 改ざん前文書に「安倍昭恵」の名前が!
18 感染爆発危機でも安倍首相と小池知事が“グータッチ”
19 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
20 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
1 自殺した近畿財務局職員が手記であげた「刑事罰を受けるべき財務省職員」
2 田崎史郎が明かした安倍首相のトンデモな五輪延期計画!
3 「大阪・兵庫間往来自粛」は吉村府知事と松井市長の“完全なる誤読”
4 五輪延期で発覚!安倍のお友だち「アパホテル」に組織委用の部屋
5 「人工呼吸器不足」は安倍政権の責任だ! 野党の指摘を放置
6 安倍首相が「退院者数」の少なさ隠蔽のためクルーズ船乗客を含めるペテン
7 近畿財務局職員を自殺に追い込んだ「森友公文書改ざん」安倍首相の指示だった
8 昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
9 安倍のコロナ経済対策が酷い! 家計支援は観光・外食限定の「商品券」
10 安倍首相が赤木俊夫さんの妻の指摘まで否定も証拠の記録が
11 俳優・伊勢谷友介が自殺した近畿財務局職員の手記を読み危機感表明
12 安倍首相のコロナ対応はなぜこんなに遅い? 28日の会見でもまだ具体的提示なし
13 近畿財務局職員「遺書と手記」麻生太郎財務相の答えが酷い
14 赤木さんの妻が安倍首相の反応に「夫が生きてたら悔しくて泣いている」
15 感染爆発危機でも安倍首相と小池知事が“グータッチ”
16 近畿財務局職員の遺書と手記に、映画『新聞記者』の出演女優が涙
17 K-1に自粛強要の一方で聖火イベントは強行する安倍政権
18 大阪・吉村知事が支離滅裂! 大阪の感染者数が急増した途端兵庫県と合算
19 吉村知事がリテラへの反論で馬脚「大阪・兵庫間の往来自粛」の真相
20 後藤謙次の降板で『報ステ』政権批判が完全消滅? 後任に米国より記者

カテゴリ別ランキング


マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄