これでは保険金連続殺人を止められない…日本の“死因”判定は間違いだらけ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
shitaihakyoumo_01_150104.jpg
『死体は今日も泣いている 日本の「死因」はウソだらけ』(光文社新書)

 昨年11月、京都府向日市の筧勇夫さん(75=当時)殺害容疑で妻の千佐子被告(67)が逮捕された。勇夫さんが亡くなったのは一昨年12月28日の夜。千佐子被告との結婚わずか2ヶ月のことであった。勇夫さんの遺体に不審な点があったため府警が検査したところ、青酸化合物が検出されたのだ。千佐子被告の周辺では勇夫さんだけではなく、結婚相談所を通じ交際したり結婚したりしていた男性らが合計6人も相次いで死亡していることも分かっている。だが、彼ら全員が司法解剖されることなく、死因は「心筋梗塞」や「致死性不整脈」などとして片付けられており、このうち何人の死亡に関して千佐子被告が関わっているかということに関しては、千佐子被告の供述頼みとなっている状況だ。

 ひとりの死亡に不審な点がみられ、捜査すると事件の可能性があった。近しい女を調べると、その周辺で過去にも不審な死を遂げた人物が他にも続々と出てくる……この手の事件は他にもある。2009年に発覚した『鳥取連続不審死』も『首都圏連続不審死事件』もそうだ。前者ではその中心にいた上田美由紀(40)の周辺で、千佐子被告と同じく6人の男性が死亡している。09年10月に鳥取市内の川で亡くなった電気工事業の男性、この5件目の不審死で少なくとも警察は上田への疑いを強めていったと言われているが、それより前に死亡した男性は自殺とされている者もおり、結局捜査では全ての男性の死について上田との関連を明らかにすることができず、殺人(強盗殺人)に関しては2件のみが罪に問われることとなった。

 このように、過去に問題がないとされた死亡に後から疑惑が出てきた場合、現在の日本ではどうすることもできない。異常な死は全て解剖し、臓器や血液を保管しておく制度がないからだ。

 千葉大学大学院教授で解剖医の著者による『死体は今日も泣いている 日本の「死因」はウソだらけ』(岩瀬博太郎/光文社新書)には、「警察に届け出のある死者は現在、1年間に17万人以上いるが、そのうち解剖されるのは2万人以下。15万人以上の死者が解剖されることなく、荼毘に付されている」と衝撃的な事実が記されている。つまり何らかの不審な点がある死も、ほとんどがその死因を解剖してまで調べないのだ。本書には、先に述べたような不審死事件のうち、木嶋佳苗被告(40)による首都圏連続不審死事件についても言及している。木嶋被告は3件の殺人で起訴されているが、その3人が死亡する前、千葉県のリサイクルショップ経営の男性、Dさん(70)が不審な死を遂げているが、これが事件化することはなかった。

「逮捕のきっかけとなったCさん(=大出嘉之さん)の死が発覚した時点で、すでにDさんの死から2年以上も経っていた上に、Dさんは解剖もされていないために正確な死因が分からず、どうしようもないと判断したのでしょう。(中略)睡眠薬で寝ているところを練炭で殺害し、風呂場で死んだように見せかけたなどというストーリーもできないわけではありませんから、Dさんが病死だったのか他殺だったのかは、今となっては知りようがありません。しかし、これがほかの先進国で起こったことであったら、状況は違っていたかもしれません」

 なぜか。著者によれば、他の先進国では犯罪性の有無にかかわらず、医学的観点で異状と考えられる死体は解剖し、血液や尿などの試料は何年かの期間を決めて保管しておくように義務づけられているからだという。そこから数年経って、死に疑惑があることが分かり、改めてその試料を調べることもできるのである。日本の死体に関する取り扱いは先進諸国からみると遅れており、まさに“ガラパゴス”状態なのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

死体は今日も泣いている 日本の「死因」はウソだらけ (光文社新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

これでは保険金連続殺人を止められない…日本の“死因”判定は間違いだらけ!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。保険殺人警察青酸連続殺人事件高橋ユキの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 りゅうちぇるが『zero』同性婚特集でも真っ当意見連発!
2 指原莉乃卒業でその処世術を考える
3 『NEWS23』駒田健吾アナが辺野古問題で涙を浮かべ
4 南青山の児相反対と『月曜から夜ふかし』の地域差別ネタ
5 沖縄出身のりゅうちぇるが「辺野古埋め立て中止嘆願署名」を紹介
6 萩生田が前川前次官にシンゴジラを観ろ
7 神社本庁、天皇の甥の最高権威・統理に怪文書
8 辺野古への土砂投入は“三文芝居”だ
9 マクロンと安倍の金持ち優遇はそっくりなのに国民の反応は真逆
10 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
11 りゅうちぇるが慰霊の日に戦争、米軍基地への思いを
12 ブリーフ判事“厳しすぎる懲戒処分”の原因は安倍政権批判か
13 THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
14 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
15 川島なお美が近藤誠の診断を告発
16 秋元康の東京五輪に椎名林檎が危機感
17 つんく♂「アイドルの恋愛」発言に騒然
18 ネトウヨに読ませたい三冊(2)
19 田端信太郎問題でZOZO前澤社長の迷走
20 官民ファンドの高額報酬騒動は政権批判への意趣返しだった
1水道民営化が参院委員会で可決!安倍政権と水メジャーの癒着
2安倍政権の国会蹂躙がヤバすぎ! 議長が言論封殺、自民理事が暴力
3THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
4水道民営化法案が強行成立! 池上彰、石原良純も危険性を指摘
5 安倍首相が外国人実習生死亡の事実に「知らない」と無責任答弁
6 河野太郎の「次の質問どうぞ」はマスコミの弱腰が生んだ
7『NEWS23』駒田健吾アナが辺野古問題で涙を浮かべ
8 マクロンと安倍の金持ち優遇はそっくりなのに国民の反応は真逆
9 入管法改正をケント・ギルバートが批判
10三浦瑠麗に自民党山口県連から54万円、田崎史郎にも計38万円
11辺野古への土砂投入は“三文芝居”だ
12 沖縄・辺野古への土砂投入強行にアベ友企業が協力
13浦沢直樹が大阪万博誘致を「万博という発想、古くさい」と批判
14 水道民営化で自然災害が起きても復旧が困難に
15自民党が「護憲派を敵とみなしネガキャンせよ
16 順天堂大はコミュ力高い女子減点、柴山文科相が東京医大の差別擁護
17維新が国会と野党の抵抗を「税金の無駄」
18秋篠宮が「大嘗祭」には秘密の儀式が
19“コピペ疑惑”百田尚樹『日本国紀』を見城徹・幻冬舎社長が絶賛
20官民ファンドの高額報酬騒動は政権批判への意趣返しだった

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄