佐村河内を売り出したのは五木寛之だった!作家タブーで封印された新事実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
samjragouchi_01_141216.jpg
『ペテン師と天才』(文藝春秋)

 2014年を振り返ると、ビッグニュースのひとつにあげられるのが佐村河内守氏のゴースト問題だろう。耳の聞こえない天才作曲家の佐村河内氏が、実は全聾ではなく作曲も新垣隆というゴーストライターの手によるものだった──。   

 このスキャンダルは、メディアにも波及した。佐村河内氏を“現代のベートーベン”と紹介した新聞、テレビ、雑誌に、“ペテンに加担した”と非難が殺到。多くのメディアが謝罪する事態になった。中でもNHKは、ドキュメント番組『NHKスペシャル』(13年3月31日放映)で真っ先に佐村河内氏を取り上げたとされ、後に検証番組を放映し、おわびする事態にいたった。

 だが実はNHKの紹介以前に、佐村河内氏をメディアの寵児にする起爆剤の役割を果たした人物が存在した。それが大御所作家・五木寛之氏だ。

 先日、発売された『ペテン師と天才』(文藝春秋)は、「週刊文春」でゴースト問題をスクープした作家・神山典士氏によるノンフィクションだ。そこには佐村河内氏、そしてゴーストライターの新垣隆氏の半生や関係を追いながら、“虚像の作曲家”がいかに誕生し破綻していったかが丹念な取材で描かれているのだが、その中に佐村河内氏がどのように有名になっていったかの記述がある。少し長くなるがその経緯を追っていきたい。

 96年に佐村河内氏と出会い、2曲のゴーストを手がけていた新垣氏に3曲目の依頼がきたのは99年のことだった。

「新垣さん、今度は200人編成のフルオーケストラが新垣さんの曲を演奏してくれます。録音の時は指揮もしてください。ゲームの製作発表会で演奏する、約20分の交響曲を作曲してほしいのです」

 この「ゲーム」とはカプコンが製作する「鬼武者」という戦国を舞台にするアクションゲーム企画だった。佐村河内氏はこの企画の音楽監督に指名されていたのだ。

 日本経済が冷え込み、音楽業界にも不況の波が押し寄せていた時期だった。そんな時、200人のフルオーケストラで指揮をするという依頼に新垣氏は心が動き、曲を作り上げる。一方、佐村河内氏もまた、この作品をきっかけに欺瞞の自己プロデュースを加速させていくのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ペテン師と天才 佐村河内事件の全貌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

佐村河内を売り出したのは五木寛之だった!作家タブーで封印された新事実のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。タブーノンフィクション伊勢崎馨出版業界の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍政権の「Go To」批判封じを『ひるおび』八代弁護士がポロリ
2 大村知事リコールに高須克弥、百田尚樹、有本香らが勢揃い…
3 ツイッタージャパンの反差別に対する消極性 代表と産経ニュースの関係
4 日本のネトウヨにも聞かせたいビリー・アイリッシュの反差別メッセージ
5 持続化給付金で中小企業庁長官が電通と接触、「Go To」3000億円も電通か
6 吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
9 NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
10 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
11 西原理恵子が高須院長とヘイトデモ応援
12 大村知事に杉田水脈や維新の松井・吉村が「表現の自由制限論」展開
13 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
14 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
15 ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由
16 安倍首相がまた「死者数は正確」「必ずPCR検査」とデタラメ強弁
17 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
18 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
19 自民党がネトサポに他党叩きを指南
20 安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
1 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
2安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
3持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
4安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
5松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
6安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
7 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
8吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
9内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
10大村知事リコールに高須克弥、百田尚樹、有本香らが勢揃い…
11持続化給付金で中小企業庁長官が電通と接触、「Go To」3000億円も電通か
12NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
13検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
14テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
15ツイッタージャパンの反差別に対する消極性 代表と産経ニュースの関係
16木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
17安倍政権の「Go To」批判封じを『ひるおび』八代弁護士がポロリ
18日本のネトウヨにも聞かせたいビリー・アイリッシュの反差別メッセージ
19箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
20ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄