「プロ彼女」「家事ハラ」「負け犬」なぜみんな逆の意味になってしまうのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
purokanojo_141202.jpg
西島秀俊の妻は“プロ彼女”ではない!(『「MOZU」オフィシャルガイドブック』集英社より)

 世間を驚かせた西島秀俊の結婚報道。いま、この話題がまったくちがう問題に発展している。

〈だいぶ間違った解釈をされてるけど、わざとなのかな…〉

 このように疑問を投げかけたのは、コラムニストの能町みね子。「女性自身」(光文社)が「西島秀俊の厳し過ぎる結婚条件 耐えた妻に“プロ彼女”の声」と題した記事を掲載したのだが、ここで使われている“プロ彼女”という言葉が誤用だと訴えたのだ。

 能町のTwitterによれば、“プロ彼女”という言葉が生まれた経緯は、ロンドンブーツ1号2号・田村淳の結婚相手について〈「彼女は一般女性というよりはプロの女性だろう」みたいに書いたのが最初〉。それがラジオを通して「プロ彼女」というネーミング誕生にいたった。元タレントとしての人脈を使って芸能人に近づき、かつ、元タレントなのに一般人と自らを称する……淳の結婚相手に漂う狡猾さをシニカルに表現したのが、“プロ彼女”だったのだ。

 しかし、それをなぜか「週刊女性」は〈プロ彼女とは、“非の打ち所がない彼女”のこと。容姿端麗で性格も完璧。芸能人と交際してもブログで明かさず、陰ながら支えてカレの株を上げてくれる〉女性だと婉曲して使用。高い女子力を皮肉る言葉だったはずが、逆に女子力の高さを褒め称える言葉になってしまっているのである。

 だが、こうした誤用は最近とみに増えている。その一例が、流行語となった“負け犬”だろう。

“負け犬”という言葉が広く使われるようになったのは、酒井順子の30万部を突破したベストセラーエッセイ『負け犬の遠吠え』(講談社)が発端。酒井は本書のなかで、未婚の女がいくら幸せだと言っても世間からは反感を買ってしまう現実を踏まえ、〈どんなに美人で仕事ができても、30代以上・未婚・子ナシは「女の負け犬」〉だと“自虐的”に称するという世渡り術を指南した。負け犬とは、社会が女に押しつける結婚・出産という幸福モデルだけではなく、未婚でも女性は幸せなのだと高らかに宣言、肯定した言葉だったのだ。

 ところが、この言葉もマスコミが誤って使用し、“未婚で子ナシの30過ぎ女は負け犬”という、酒井の意図を無視して世間に浸透。「結婚できない負け犬女の生態」だの「理想が高すぎる負け犬女たち」だのといったように、未婚女性を肯定するどころか、正反対に未婚女性を侮蔑する際に用いられている。あげく、本の意図とは真逆の“婚活”ブームすら引き起こしてしまった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

家事労働ハラスメント――生きづらさの根にあるもの (岩波新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

「プロ彼女」「家事ハラ」「負け犬」なぜみんな逆の意味になってしまうのか?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。新語田岡 尼誤用の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 森友公文書改ざんで安倍首相を守った太田充主計局長が財務省トップに
2 GoToキャンペーンは、 “影の総理”今井補佐官と菊池桃子の夫が経産省の利権に
3 東京の感染者は7月1日から100人超、発表67人を139人に修正
4 河井克行の買収に安倍事務所が関与の新証言!現金渡した相手を首相秘書が訪問
5 香港問題で安倍首相と自民党の二枚舌
6 安倍政権がコロナ増税の動き! 新会議に震災で復興税導入を主張した経済学者
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 小池百合子が当選後、コロナ対応担う都立病院の合理化計画
9 小池百合子都知事が東京アラート解除のため陽性者数を操作していた疑惑
10 大谷医師が明かしたネトウヨの電凸攻撃!「反日」と怒鳴り込まれたことも
11 年金積立金が1~3月期で18兆円マイナス! 国民の年金を溶かした安倍政権の責任
12 マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
13 田崎史郎が『モーニングショー』から消えた! 原因は玉川徹?
14 吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
15 『テラスハウス』木村花さんへの「やらせ指示」はやはりあった!
16 小池百合子が「東京に核ミサイル配備」
17 河井事件でバービーが「安倍首相の名前で金を受け取らせたのは圧力」
18 極右ヘイトの企業経営者総まくり(後)
19 東京都の感染者100人超で小池知事、加藤厚労相、安倍首相の仰天言動
20 上西議員と佳子さまのメイクが同じ!?
1東京の感染者は7月1日から100人超、発表67人を139人に修正
2 年金積立金が1~3月期で18兆円マイナス! 国民の年金を溶かした安倍政権の責任
3小池百合子都知事が東京アラート解除のため陽性者数を操作していた疑惑
4小池百合子が当選後、コロナ対応担う都立病院の合理化計画
5安倍首相秘書が案里陣営とともに溝手陣営切り崩しに動いていた!
6GoToキャンペーンは、 “影の総理”今井補佐官と菊池桃子の夫が経産省の利権に
7大谷医師が明かしたネトウヨの電凸攻撃!「反日」と怒鳴り込まれたことも
8「安倍さんからと言われた」河井前法相から現金を受け取った町議が証言!
9 河井克行の買収に安倍事務所が関与の新証言!現金渡した相手を首相秘書が訪問
10「専門家会議廃止」の裏に緊急事態宣言の解除をめぐる安倍官邸と専門家の対立
11東京都の感染者100人超で小池知事、加藤厚労相、安倍首相の仰天言動
12 安倍政権がコロナ増税の動き! 新会議に震災で復興税導入を主張した経済学者
13吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
14安倍首相がイージス・アショア停止を悪用して「敵基地攻撃能力」保有へ
15森友公文書改ざんで安倍首相を守った太田充主計局長が財務省トップに
16河井事件でバービーが「安倍首相の名前で金を受け取らせたのは圧力」
17小池百合子、小野泰輔の“ヘイト”に津田大介が切り込んだ
18香港問題で安倍首相と自民党の二枚舌
19『テラスハウス』木村花さんへの「やらせ指示」はやはりあった!
20久米宏がTBSラジオの最終回で何も語らなかったのはなぜか?

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄