自民党の“公平”圧力に『朝生』が屈服!じゃあ安倍首相の単独出演は公平なのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 実は先日の自民党の圧力を伝える記事で、本サイトは、テレビ各局はこの通達に完全に屈服するだろうと断言したうえで、「選挙で自民党が勝つのは確実。テレビの監督権をもつ総務相には高市早苗の続投が有力ですからね。選挙期間中にヘタな動きをしたら、後々どんな嫌がらせをされるかわからない。各局とも上層部はそんな恐怖でいっぱいでしょうから」という民放関係者の声を掲載していたが、まさにその危惧が現実になったかたちだ。

 しかし、こうした展開をみて、つくづく情けなくなるのは、この通達で「普通に公平、公正中立を要望しているだけじゃないか、どこが問題なのか」と自民党を擁護していた人たちのリテラシーの低さだ。

 彼らは、政権与党が「公平中立」を要求する意味をまったくわかっていないらしい。政権与党は普段から野党に比べて圧倒的に膨大な量の情報を流すことができる。選挙期間中も同様で、テレビ番組では、大量の議席をもっている与党や巨大野党の主張が報道の中心になる。「公平に」というのは本来、少数野党が自分たちの主張も放送するよう要求する際の言葉なのだ。

 ところが、今回は与党がその言葉を使ったのである。もともと放送量が圧倒的に大きい政権与党が「公平にしろ」というのは、政権への評価と批判を五分五分にしろ、ということに他ならない。衆院選は政権信任の選挙であり、現政権の問題点を指摘するのは当然の話。ところが、安倍政権=自民党はそれをやるな、というのだ。7割以上の国民がアベノミクスの効果はないという状態でも、街の声を紹介するときはアベノミクスに効果があったという声となかったという声を五分五分で出せ、といってきたのである。

 普通に考えれば、あり得ない話だが、しかし、政権与党は放送法によって各テレビ局の許認可権を握っている。その力関係を考えれば、こういう展開になるのは当然だろう。

 そもそも公職選挙法には、公示前だろうが公示後だろうが、メディアが政党や候補者を公平に扱わなければならないなどという規定はどこにもない。テレビの選挙報道に関しては、第151条の3に「この法律に定めるところの選挙運動の制限に関する規定(略)は、日本放送協会又は基幹放送事業者が行なう選挙に関する報道又は評論について放送法の規定に従い放送番組を編集する自由を妨げるものではない。ただし、虚偽の事項を放送し又は事実をゆがめて放送する等表現の自由を濫用して選挙の公正を害してはならない。」という規定があるだけだ(新聞、雑誌もほぼ同じ)。

 こういうと、放送法第4条の2に「政治的に公平であること」という規定があるじゃないか、というかもしれない。しかしだとしたら、これにもっとも違反しているのは、安倍首相のテレビ単独出演だろう。

 解散発表当日、安倍首相が『ニュースウオッチ9』(NHK)を皮切りに、『NEWS ZERO』(日本テレビ系)、『NEWS23』(TBS系)に立て続けに単独出演し、『報道ステーション』(テレビ朝日系)だけは出演しなかったことが話題になったが、安倍首相はこれまでも、頻繁にテレビに単独出演を果たしてきた。安倍首相は一国の首相であるが、同時に自由民主党総裁でもある。特定の党の総裁だけが長時間にわたって露出するというのは、著しい政治的不公平ではないのか。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

言論統制―情報官・鈴木庫三と教育の国防国家 (中公新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

自民党の“公平”圧力に『朝生』が屈服!じゃあ安倍首相の単独出演は公平なのかのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。安倍晋三選挙野尻民夫の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 田崎とケントに自民党からカネが!
2 毎日記者が“ぶら下がり”で安倍首相に「逃げないで下さい」
3 「ヨードうがい薬」吉村知事に「言いたいことも言えなくなる」“ポイズン吉村”と失笑の声
4 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
5 安倍首相の“原爆の日”会見で暴力的な質問封じ! 朝日新聞記者の挙げた腕を
6 高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
7 三浦瑠麗の〈#検察庁法改正案に抗議します〉攻撃の間違いを徹底検証
8 白鵬・モンゴル力士バッシングとヘイト
9 内閣不支持62%、国会開くべき8割…それでも国会から逃げる安倍首相!
10 “フジのスシロー”平井文夫解説委員と安倍夫妻の関係を物語る2枚の写真
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 村上春樹が『猫を棄てる』で歴史修正主義と対決、父親の凄惨な戦中体験を
13 菅官房長官のコロナ沖縄イジメに非難
14 核廃絶やる気ない安倍首相 ICANは防衛予算でPCRセンター設置できると
15 吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
16 安倍昭恵夫人のウズハウスに出資者がIR汚職に絡んで特捜部に逮捕
17 吉村府知事の眉唾発表「うがい薬でコロナに勝てる!」にツッコミの嵐
18 上念司もケントと同様、加計の客員教授
19 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
20 安倍政権の“国会拒否”を田崎史郎と八代英輝がフェイク丸出しで擁護
1また打ち上げ失敗 ホリエモンのロケット事業に経産省が巨額の血税投入
2 Go Toのせいで軽症者用ホテル確保が困難に、でも菅官房長官は
3自民党員の東京都医師会会長もブチ切れ「一刻も早く国会を開け」
4 安倍政権の“国会拒否”を田崎史郎と八代英輝がフェイク丸出しで擁護
5内閣不支持62%、国会開くべき8割…それでも国会から逃げる安倍首相!
6安倍昭恵夫人のウズハウスに出資者がIR汚職に絡んで特捜部に逮捕
7 首相諮問会議入りした三浦瑠麗のトンデモコロナ言説
8韓国の“首相謝罪”像が意外な展開に…「安倍首相は日本国民に謝れ」の声
9吉村府知事の眉唾発表「うがい薬でコロナに勝てる!」にツッコミの嵐
10菅官房長官のコロナ沖縄イジメに非難
11安倍首相の“原爆の日”会見で暴力的な質問封じ! 朝日新聞記者の挙げた腕を
12天皇が元SEALDs 奥田父を招きネトウヨが批判、雅子皇后は貧困問題に関心
13「布マスク、さらに8千万枚」に国民の不満が殺到、小泉今日子も疑問の声!
14大阪のコロナ陽性率は東京の倍…それでも吉村知事は自粛呼びかけず
15小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
16「ヨードうがい薬」吉村知事に「言いたいことも言えなくなる」“ポイズン吉村”と失笑の声
17専門家の意提案を拒否する安倍政権、政権のいいなりになる尾身茂会長
18日本のPCR検査数は世界158位、死亡率もアジアで最悪レベル
19小学館で新たに3人がコロナ感染も外部には公表せず!
20毎日記者が“ぶら下がり”で安倍首相に「逃げないで下さい」

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄