日テレ女子アナ内定取消し、ホステスがNGでミスコンがOKなのはなぜだ!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
gendai_01_141118.jpg
日テレ女子アナ内定取り消しをスクープした「週刊現代」(講談社)11月22日号

 大きな話題となっている、日本テレビの女子アナ内定取り消し問題。東洋英和女学院大学の笹崎里菜さんが、来年4月の「採用内定」を日テレから得たものの、人事担当者にホステスのバイト歴を報告したところ、今年5月に内定を取り消されたという事件だ。「週刊現代」(講談社)11月29日号に掲載された記事によると、日テレ人事局長から彼女に送られたという書面には、こう書かれていたという。

〈銀座のクラブでホステスとして就労していた貴殿の経歴は、アナウンサーに求められる清廉性に相応しくないものであり、仮にこの事実が公になれば、アナウンサーとしての業務付与や配置に著しい支障が生ずることは明らかです〉

 アナウンサーに求められる清廉性──この文面を読んで、失笑を禁じ得なかった人も多いだろう。だいたい、女子アナがテレビ局に要求されているのは、朝はおじさん好感度を狙ったゆるふわファッション、夜は大物芸人やタレントのご機嫌をうかがって露出の高いドレスに身をつつみ、台本の流れを妨げない進行を行う、ほとんどホステス業務のようなもの。アナウンス技術なんて二の次、三の次なのだから、むしろホステス経験者というスキルを評価しろよ、と言いたくなる。

 だが、ここでつっこみたいのは、そんなことじゃない。問題は、彼女が「ミス東洋英和」だったってこと。“ミスキャンパスはOKでホステス経験はNG”という倫理観こそ、どうかしてると思うのだ。

 ご存じの通り、女子アナのミスキャンパス率は非常に高い。もちろん日テレに限ったことではなく、先日、TBSを退社した田中みな実と、滝川クリステルはミス青山学院の準ミスだし、ナインティナイン・矢部浩之の妻で元TBSの青木裕子と、産休から復帰した日本テレビの鈴江奈々、テレビ朝日の竹内由恵、元フジの中野美奈子はミス慶應だ。このほかにも、『とくダネ!』に出演中のフジテレビ・梅津弥英子、テレ朝の市川寛子、日テレの森麻季はミス青山学院、フジの本田朋子と戸部洋子、日テレの豊田順子はミス立教、テレビ東京の大橋未歩とフジの西山喜久恵はミス上智(ミスソフィア)……と、挙げればキリがない。有力なコネがなく、さらに元フジの平井理央やテレ東の紺野あさ美のようにアイドル出身という話題性も持ち得ない者は、最低でもミスキャンパス受賞歴が必要なのだろう。局アナ試験の実態はミスコン、と言っても過言ではないほどの採用率だ。

 「ミスコンは外見だけでなく内面性も問われるコンテストだ」などとのたまう、頭の悪いテレビ局の人事部のおじさんや学園祭実行委員もいるだろう。はっきりいって、そんなものは90年代にフェミから声高にミスコン反対を訴えられて編み出した言い訳のようなものだ。やっていることは、結局、容姿で女に序列をつくっているだけに過ぎない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ジェンダーとセクシュアリティ―現代社会に育つまなざし

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

日テレ女子アナ内定取消し、ホステスがNGでミスコンがOKなのはなぜだ!?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。アナウンサー水商売田岡 尼の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 りゅうちぇるが『zero』同性婚特集でも真っ当意見連発!
2 指原莉乃卒業でその処世術を考える
3 『NEWS23』駒田健吾アナが辺野古問題で涙を浮かべ
4 南青山の児相反対と『月曜から夜ふかし』の地域差別ネタ
5 沖縄出身のりゅうちぇるが「辺野古埋め立て中止嘆願署名」を紹介
6 萩生田が前川前次官にシンゴジラを観ろ
7 神社本庁、天皇の甥の最高権威・統理に怪文書
8 辺野古への土砂投入は“三文芝居”だ
9 マクロンと安倍の金持ち優遇はそっくりなのに国民の反応は真逆
10 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
11 りゅうちぇるが慰霊の日に戦争、米軍基地への思いを
12 ブリーフ判事“厳しすぎる懲戒処分”の原因は安倍政権批判か
13 THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
14 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
15 川島なお美が近藤誠の診断を告発
16 秋元康の東京五輪に椎名林檎が危機感
17 つんく♂「アイドルの恋愛」発言に騒然
18 ネトウヨに読ませたい三冊(2)
19 田端信太郎問題でZOZO前澤社長の迷走
20 官民ファンドの高額報酬騒動は政権批判への意趣返しだった
1水道民営化が参院委員会で可決!安倍政権と水メジャーの癒着
2安倍政権の国会蹂躙がヤバすぎ! 議長が言論封殺、自民理事が暴力
3THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
4水道民営化法案が強行成立! 池上彰、石原良純も危険性を指摘
5 安倍首相が外国人実習生死亡の事実に「知らない」と無責任答弁
6 河野太郎の「次の質問どうぞ」はマスコミの弱腰が生んだ
7『NEWS23』駒田健吾アナが辺野古問題で涙を浮かべ
8 マクロンと安倍の金持ち優遇はそっくりなのに国民の反応は真逆
9 入管法改正をケント・ギルバートが批判
10三浦瑠麗に自民党山口県連から54万円、田崎史郎にも計38万円
11辺野古への土砂投入は“三文芝居”だ
12 沖縄・辺野古への土砂投入強行にアベ友企業が協力
13浦沢直樹が大阪万博誘致を「万博という発想、古くさい」と批判
14 水道民営化で自然災害が起きても復旧が困難に
15自民党が「護憲派を敵とみなしネガキャンせよ
16 順天堂大はコミュ力高い女子減点、柴山文科相が東京医大の差別擁護
17維新が国会と野党の抵抗を「税金の無駄」
18秋篠宮が「大嘗祭」には秘密の儀式が
19“コピペ疑惑”百田尚樹『日本国紀』を見城徹・幻冬舎社長が絶賛
20官民ファンドの高額報酬騒動は政権批判への意趣返しだった

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄