「大人の男のエッチはいいよ」モテてるつもりがイタいオヤジの言動集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
oyajikaruta_141110.jpg
『オヤジかるた 女子から贈る、飴と鞭。』(文藝春秋)

 視聴率は振るわないものの、熱狂的なファンを生み出しているテレビドラマ『ファーストクラス』(フジテレビ系)。このドラマで一躍流行語となったのが、「マウンティング女子」だ。仲間内でどちらが上かを格付けしあう女子たちの生態を言い表した言葉で、名付け親はマンガ『臨死!!江古田ちゃん』などで知られる瀧波ユカリ氏である。

 そんな瀧波氏が次なるターゲット(!?)に選んだのは、なんと中年男性。新著『オヤジかるた 女子から贈る、飴と鞭。』(文藝春秋)では、中年男性を愛を込めて“オヤジ様”と呼ぶ瀧波氏が、おじさんたちの間違った言動をさまざまな観点からチェック。なかでも手厳しいのは、モテたいオヤジ様たちの勘違った口説き方についてだ。今回は、おじさん自身が気付いていないであろう口説きの失敗ポイントを、本書から紹介していこう。

 第一は「急いてはコトをし損じる!」という点。瀧波氏が遭遇した、“急いてしまった”オヤジ様の例は、こうだ。

 そのオヤジ様は、大柄・ごま塩頭にメガネという出で立ちの大手出版社勤務の50代。食事の席としてオヤジ様が選んだのは、「上品すぎず普通すぎない」タイ料理店。ふたりはカウンター席に座り、「本や映画などの文化的な話で意気投合」したという。お店のチョイスといい、会話の内容といい、オヤジ様には“がっつき”感がない。ここまでは瀧波氏も「そうそう、こういうのがいい」と好感を抱いていた。

 にもかかわらず、不幸が訪れたのは会食開始から1時間半ほど経ったころ。トイレに立った瀧波氏が席に戻ってくると、オヤジ様は目つきを変え、彼女の手をさわさわとなではじめた。そして、ひと言。「ねえ……今夜、いい?」。──もちろん、瀧波氏は「その後、私が彼をかわして逃げ帰り一切の連絡を絶ったのは言うまでもありません」。人生経験は豊富なはずなのに、なぜか色恋沙汰となるとせっかちになってしまうのが、おじさんという生き物。若者でさえ“デート3回でキス”と慎重なのに、デート1時間半で肉体を要求するなどオラオラが過ぎるというもの。せめて「ディナー十回ぶんは気を急かすことなくお願いしたいところです」(瀧波氏)ということらしい。

 また、おじさんの勘違いしがちなのが、「妻とは不仲」と言う台詞。「独身の女子に不倫ハードルを越えさせるため」に不仲アピールをしているのかもしれないが、じつはこれが逆効果。瀧波氏に言わせれば、「奥さんとうまくいってないなら、付き合ってもいいかな」などと女子は思わない。「女子は家庭内にゴタゴタを抱えている人よりも、愛の才能に長けている人に惚れられたいもの」なのだそうだ。とくに、「奥様とはうまくいってますか?」と女子に聞かれて、「いってないよ〜」と嬉しそうに答えるおじさんは多いらしいので、ご注意を。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

オヤジかるた 女子から贈る、飴と鞭。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

「大人の男のエッチはいいよ」モテてるつもりがイタいオヤジの言動集のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。サニーうどんモテ中年の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
2 菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
3 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
4 中曽根元首相の合同葬「1億円税金」はやっぱりおかしい!
5 杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
6 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
7 中曽根元首相が慰安所開設の証拠
8 悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
9 山口達也の事件をNHKが隠蔽していた
10 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
11 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
12 『ミヤネ屋』が青木理をクビ切り
13 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
14 菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
15 大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
16 東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
17 中曽根康弘「慰安所つくった」証言と「土人女を集め慰安所開設」文書
18 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
19 河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
20 俳優・伊勢谷友介が自殺した近畿財務局職員の手記を読み危機感表明
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
3菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
4デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
5菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
6ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
7東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
8悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
9菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
10菅政権の官房長官に決定 加藤勝信厚労相がコロナ対応で見せた無能
11菅義偉“総理”誕生で権力のために不正を働く「忖度官僚」だらけに
12菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
13大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
14河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
15菅内閣が「第三次安倍政権」化! 6月の時点で密約説
16菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
17杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
18『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
19三浦瑠麗が特別講師「N高政治部」で麻生太郎が民主主義否定の暴言
20中曽根元首相の合同葬「1億円税金」はやっぱりおかしい!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄