柳美里問題よりヒドい!? 大手・集英社でも著者軽視の強引商法が!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

「なんだよ、今さらになって増刷したいって。去年末に在庫切れて書店からの発注も無視して。だから河出書房で復刊してもらうことにして、集英社はそれを認めた。つまり集英社は『時代劇は死なず』は『もういらねえ』と切り捨てたんだよ。そんな所から出すなんて、冗談じゃねえよ」
「他社で復刊することを了承して、それが正式決定して発売日も決まった段階上で増刷するって、なんだよ、それ。姑息な商売するなよ」

 どうやら、絶版状態にあった『時代劇は死なず』を河出書房新社から復刊することで正式に決定していたにも関わらず、集英社は『なぜ時代劇は滅びるのか』のヒットを受けて、ギリギリになって『時代劇は死なず』の増刷を決めたということのようだ。

 この集英社の行動に対して、「他社の復刊が出るまでの間に自分たちは売る努力せずに『なぜ~』のおこぼれで小銭稼ごうということなのでしょう」と斬り捨てる春日氏。さらには、

「しかし面白い。『時代劇は死なず』を刊行した打ち上げの帰りに『時代劇の本はもう出したくない』と言い放った編集者が、『なぜ時代劇は滅びるのか』のおこぼれで増刷しようという社の方針を伝えるんだからね。もちろん、あなたの希望通り、あなたとは時代劇の本を出すつもりはないのでご安心を」

 と、強烈な嫌味をぶつけている。

 自転車操業の中小出版社が原稿料を払えないのとは、まったく異なる大手出版社におけるトラブル。なんとも自分勝手で傲慢な大手出版社の態度が浮かび上がってくるようだが、このようなケースは決して少なくないという。あるIT関係者はこう話す。

「誰もが知ってる某大手出版社がウェブ系のコンテンツを作るということでプレゼンに行ったんですよ。感触も良くて、契約間違いなしという感じだったんですが、なぜかそれから連絡が来なくなった。で、半年くらいが経って、たまたまその出版社のサイトを見たら、僕がプレゼンしたコンテンツがそのまんま載っていたんですよ。正直目を疑いましたね」

 対価は払わず、手柄だけをぶん取ってしまおうという大手出版社。こんな不義理なやり口に対して、下請けは泣き寝入りをするしかないのだ。

 出版不況と言われる昨今。大手出版社だって、いつ危機的状況になるか分からないのが現実だ。いつまでも傲慢な態度で殿様商売をしているから、出版不況に陥っているような気もするのだが、大手出版社の皆さんは、そのあたりについてどう考えているのだろうか……。
(田中ヒロナ)

最終更新:2015.01.19 04:56

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

なぜ時代劇は滅びるのか (新潮新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

柳美里問題よりヒドい!? 大手・集英社でも著者軽視の強引商法が!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。出版業界田中ヒロナ裏側の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 五輪の有観客開催強行のため菅首相が会見で空疎な嘘を連発!
2 組織委が五輪取材の海外メディアに「隔離0日」になる“抜け穴”例文を提示!
3 国会延長拒否の菅政権が「土地規制法案」だけ強行採決へ!その危険な中身
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 G7で“借りてきたネコ”状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク!
6 講演で稼ぐネトウヨ文化人のビジネス
7 平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
8 高須院長が田中事務局長と鈴木宗男に超法規的なリコール期限延長を陳情
9 JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係,
10 「大阪の自宅死が全国最多」でも吉村知事を追及できないマスコミ 朝日も…
11 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
12 五輪組織委の現役職員が異常な人件費と中抜きの実情を告発!
13 吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
14 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
15 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
16 竹中平蔵パソナの利益が前年の10倍以上に!五輪とコロナ対策事業のおかげ
17 保釈 河井案里被告と菅首相の特別な関係を物語る”パンケーキ動画”
18 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
19 セカオワFukaseのいじめ発言
20 ガンバ大阪「ナチス旗」問題を取材検証
1JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係,
2五輪組織委の現役職員が異常な人件費と中抜きの実情を告発!
3炎上、竹中平蔵がYouTubeで「一部の既得権者が利益」とおまゆう発言
4「大阪の自宅死が全国最多」でも吉村知事を追及できないマスコミ 朝日も…
5変異株クラスター発生のなか…政府は病床使用率の変更
6組織委が五輪取材の海外メディアに「隔離0日」になる“抜け穴”例文を提示!
7G7で“借りてきたネコ”状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク!
8平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
9国会延長拒否の菅政権が「土地規制法案」だけ強行採決へ!その危険な中身
10吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
11高須院長が田中事務局長と鈴木宗男に超法規的なリコール期限延長を陳情
12聖火リレーの醜いスポンサーファースト 子どもにスポンサー品の着用強要
13五輪映画監督の河瀨直美が露骨な五輪礼賛発言、反対の声を八つ当たり扱い!
14五輪の有観客開催強行のため菅首相が会見で空疎な嘘を連発!
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄