柳美里問題よりヒドい!? 大手・集英社でも著者軽視の強引商法が!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
jidaigeki_01_141022.jpg
不況の出版業界、大手でもトラブルが頻発?(画像は『時代劇は死なず! 京都太秦の「職人」たち』集英社新書)

 作家の柳美里氏が10月15日、月刊誌「創」(創出版)の連載エッセイ「今日のできごと」の原稿料が長年にわたって未払いであることを告白し、出版関係者の間で大きな話題となっている。

 ブログによると、柳氏は「創」の篠田博之編集長に原稿料を催促するメールを送ったが、その返事は「ショッキングなメールでしたので、考える時間が必要でした」というもので、すぐさま原稿料を支払うというものではなかった。その後「弊社から『黒子のバスケ』脅迫犯の手記がようやく発売になり、これが売れるとある程度入金もあると思いますので、可能になり次第、原稿料を振り込んでいきます」とのメールも届いたとのことで、「創」編集部の自転車操業ぶりがうかがえる。

 さらに、篠田編集長は「創」の公式ブログで今回の一件について説明。柳氏の主張を全面的に認めた上で、

「『創』はこの何年か、赤字が累積して厳しい状況が続き、制作費がまかなえなくなっています。その雑誌の赤字を個人で補填してきたわけですが、私はもともと会社からは報酬を得ていないので、補填するにも限界があり、いろいろな人に迷惑をかけるようになってしまいました」

 と明かしており、創出版がかなり厳しい状況にあることがわかる。

 原稿料の未払いなど決して許されるものではないが、いずれにしろ出版不況における中小出版社の厳しい現状が如実に表れたともいえそうな今回の一件。しかしながら、その一方で大手出版社においても、著者からネット上で怒りの告発をされるケースも起きている。

 それは9月25日のこと。映画評論家・時代劇研究家の春日太一氏がツイッターで、

「集英社新書、ナメんじゃねえぞ。たとえ飢え死にすることになっても集英社新書じゃ絶対に本は出さない。久々にガチで頭に血がのぼった」

 と、大手出版社である集英社に怒りをぶちまけたのだ。

 春日氏といえば、『あかんやつら 東映京都撮影所血風録』(文藝春秋/2013年11月)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮新書/14年9月)、『時代劇ベスト100』(光文社新書/14年10月)など、時代劇や日本映画関連の書籍を多数出版。特に『なぜ時代劇は滅びるのか』は、発売2週間のうちに2度増刷され3万部を突破するなど、時代劇本としては異例のヒットとなっている。

 そんな春日氏が08年12月に集英社新書から出版したのが『時代劇は死なず! 京都太秦の「職人」たち』という1冊。どうやら、この新書を巡ってちょっとしたトラブルになっているようなのだ。春日氏はツイッターでこう説明している。

「なんだよ、今さらになって増刷したいって。去年末に在庫切れて書店からの発注も無視して。だから河出書房で復刊してもらうことにして、集英社はそれを認めた。つまり集英社は『時代劇は死なず』は『もういらねえ』と切り捨てたんだよ。そんな所から出すなんて、冗談じゃねえよ」
「他社で復刊することを了承して、それが正式決定して発売日も決まった段階上で増刷するって、なんだよ、それ。姑息な商売するなよ」

 どうやら、絶版状態にあった『時代劇は死なず』を河出書房新社から復刊することで正式に決定していたにも関わらず、集英社は『なぜ時代劇は滅びるのか』のヒットを受けて、ギリギリになって『時代劇は死なず』の増刷を決めたということのようだ。

 この集英社の行動に対して、「他社の復刊が出るまでの間に自分たちは売る努力せずに『なぜ~』のおこぼれで小銭稼ごうということなのでしょう」と斬り捨てる春日氏。さらには、

「しかし面白い。『時代劇は死なず』を刊行した打ち上げの帰りに『時代劇の本はもう出したくない』と言い放った編集者が、『なぜ時代劇は滅びるのか』のおこぼれで増刷しようという社の方針を伝えるんだからね。もちろん、あなたの希望通り、あなたとは時代劇の本を出すつもりはないのでご安心を」

 と、強烈な嫌味をぶつけている。

 自転車操業の中小出版社が原稿料を払えないのとは、まったく異なる大手出版社におけるトラブル。なんとも自分勝手で傲慢な大手出版社の態度が浮かび上がってくるようだが、このようなケースは決して少なくないという。あるIT関係者はこう話す。

「誰もが知ってる某大手出版社がウェブ系のコンテンツを作るということでプレゼンに行ったんですよ。感触も良くて、契約間違いなしという感じだったんですが、なぜかそれから連絡が来なくなった。で、半年くらいが経って、たまたまその出版社のサイトを見たら、僕がプレゼンしたコンテンツがそのまんま載っていたんですよ。正直目を疑いましたね」

 対価は払わず、手柄だけをぶん取ってしまおうという大手出版社。こんな不義理なやり口に対して、下請けは泣き寝入りをするしかないのだ。

 出版不況と言われる昨今。大手出版社だって、いつ危機的状況になるか分からないのが現実だ。いつまでも傲慢な態度で殿様商売をしているから、出版不況に陥っているような気もするのだが、大手出版社の皆さんは、そのあたりについてどう考えているのだろうか……。
(田中ヒロナ)

最終更新:2015.01.19 04:56

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

なぜ時代劇は滅びるのか (新潮新書)

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

柳美里問題よりヒドい!? 大手・集英社でも著者軽視の強引商法が!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。出版業界田中ヒロナ裏側の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
2 百田、上念、有本、WiLL…安倍応援団の小川榮太郎切りが醜悪!
3 五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
4 五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
5 東京五輪開閉会式に小山田圭吾参加で批判殺到!過去に“障害者いじめ自慢”
6 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
7 佐々木宏問題の本題はMIKIKO先生の排除 でもワイドショーは
8 官邸が前川前次官に直接圧力の事実が
9 検査数少ないのに感染1387人 東京で医療逼迫が起き始めた!
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
12 麻生「ヒトラーは正しかった」は本音
13 IOC幹部の発言で安倍の責任が明白に…「1年以内延期」「再延期なし」ゴリ押し 
14 ピエール瀧逮捕でワイドショーが石野卓球に「謝れ」攻撃の異常
15 NHKが開会式前日に放送『いだてん』が突きつける東京五輪への疑問
16 きゃりーぱみゅぱみゅ、ロンブー淳、フット岩尾らがオリンピックに疑問!
17 秋元康の東京五輪に椎名林檎が危機感
18 山口敬之めぐり文春vs新潮がバトル
19 自民党がネトサポに他党叩きを指南
20 ノーベル平和賞ムクウェゲ医師が批判した慰安婦問題
1 西村大臣の飲食店圧力に菅首相が同意!撤回後も国税が圧力、一時支援金拒否
2 五輪関係者が入国当日、築地を散歩! 
3 大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
4 聖火お披露目式で手話通訳が小池百合子らのテントには入れず雨に濡れ
5 平井大臣の株売却益隠しの裏!タニマチIT企業がオリパラアプリを高額受注
6 東京五輪開閉会式に小山田圭吾参加で批判殺到!過去に“障害者いじめ自慢”
7 検査数少ないのに感染1387人 東京で医療逼迫が起き始めた!
8 五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
9 それでも謝罪しない…河野太郎がワクチン問題でついた嘘と”知の崩壊“発言
10 南ア、チェコ選手の感染、イギリス選手の濃厚接触も隠していた政府と組織委
11 五輪でIOCラウンジ以外にVIPルーム、広告代理店は物品購入でも15%上乗せ
12 五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
13 きゃりーぱみゅぱみゅ、ロンブー淳、フット岩尾らがオリンピックに疑問!
14 五輪入場行進にすぎやまこういちの曲、杉田水脈のLGBT差別に同調
15 NHKが開会式前日に放送『いだてん』が突きつける東京五輪への疑問
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄