セックスで電気が発生? 明治時代、エロ本がわりに読まれた性教育書の中身

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
meijinoseiten_140921.jpg
『明治の「性典」を作った男』(筑摩書房)

 セックスをすると気持ちいいのは体に3種の電気が生じるから。オナニーをし過ぎると、いずれ死に至ってしまう……。大真面目にそう言われたなら、どうだろう。「?」が脳内で点滅し始めるのではないか。

 だが、100年ちょっと前の明治日本で、そんなことが書かれた性の解説書が一大ベストセラーとなっていた。『造化機論』が、それである。「ぞうかきろん」と読む。造化機とは性器、生殖器のこと。だから、この書のタイトルを今ふうにアレンジすると、ペニス論とかヴァギナ論となる。この、トンデモ臭ただよう『造化機論』だが、実際のところ、どんな書物だったのだろうか?

日本人のオナニーに関する研究でも知られる赤川学氏の『明治の「性典」を作った男』(筑摩書房)によれば、女学校を卒業した若い女性のあいだでも、この書はひそかに読まれていたという。好評を博したこともあり第4部まで刊行され、発禁の憂き目に遭うまで、40年近くにわたって老若男女に読み継がれてきた。

 もともとこの書はアメリカの性医学書で、これを翻訳出版したのが千葉繁という医学者。どうやら当人は、エロは儲かると踏んだのではなく、しっかりした性知識を日本に紹介しなくてはという、いたって真面目な動機でこの書を送り出した。ところが多くの読者は、春画(今で言うエロ本)のつもりで買っていたらしい。実際、「書生がヒマを持て余して、一人で楽しんでいる。後家も処女も秘所を濡らしている。春画や淫本は今はないので、造化機論の図を見るしかない」という意味の川柳が残されているという。

 それほど話題になりブームとなった『造化機論』。この本が提唱したことこそ、セックスをすると電気が生じるという「三種の電気説」であり、オナニー有害説だったのである。

 セックスをすると発生するという3種の電気とは、一体どんなものなのか?

 一つは男女の陰部で生じるもので、男性のは積極的、女性のは消極的で、両者は異なるから、セックスの快楽が増す。これを人身電気という。二つ目は化学的な電気で、女性のヴァギナにたくわえられた塩基性の分泌液と男性のペニスから分泌された酸性物とがセックスによって混じり合い、それによって気持ちがよくなる、らしい。三つ目が摩擦電気で、ペニスの亀頭とクリトリスの摩擦によって電気が生じることで快感がもたらされる(「人身電気」以外は、木本至『オナニーと日本人』も参照している)。

 そこはかとなく「科学」風味のある説明である。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

明治の「性典」を作った男: 謎の医学者・千葉繁を追う (筑摩選書 99)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

セックスで電気が発生? 明治時代、エロ本がわりに読まれた性教育書の中身のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。安倍晋三性教育近勢頼彦の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍、甘利、麻生、山口が立憲と共産党へのデマ攻撃!
2 維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
3 菅田将暉らの「投票呼びかけ動画」参加のローラに差別丸出しのバッシング
4 『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
5 Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
6 Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
9 有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
10 安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
11 岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
12 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
13 『報ステ』ディレクターの自殺と原発
14 大阪に看護師不足は維新のせい!橋下徹は看護師の給料を「バカ高い」と攻撃
15 ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
16 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
17 安倍首相の「お父さん違憲なの」はやはりでっちあげ?
18 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
19 辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
20 岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
1Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
2有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
3甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
4安倍、甘利、麻生、山口が立憲と共産党へのデマ攻撃!
5ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
6Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
7維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
8岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
9辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
10岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
11安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
12菅田将暉らの「投票呼びかけ動画」参加のローラに差別丸出しのバッシング

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄