「とくダネ!」小倉に反撃開始!? 菊川怜の“嫌な上司の黙らせ方”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ogura_140908.jpg
フジテレビ オフィシャルサイト 『とくダネ!』番組ページより


 『あさイチ』(NHK)、『スッキリ!!』(日本テレビ系)、『いっぷく!』(TBS系)、『モーニングバード』(テレビ朝日系)と各局がしのぎをけずる朝8時台の情報番組の中で、15年以上の歴史を誇る『とくダネ!』(フジテレビ系)。曜日毎に多彩なコメンテーターを配置し他番組との差別化を図っているが、それとは別に視聴者の静かな楽しみとなっているのは、アンカーを務める小倉智昭と、アシスタント・菊川怜の“静かなバトル”であろう。

 8月29日の放送では、「夏の懺悔 御免の壺2014」という企画のVTRを見た後、自身の懺悔として、菊川が「最近よく小倉さんがオヤジギャグを言うのに、いつも放置してしまってすみません」と、謝罪に見せかけた先制攻撃を仕掛けた。「オヤジギャグ? 言ってないよね」という小倉に、菊川が「言ってますよ」と追い込んだため、小倉は「はい、先行きましょう」と進行を進めざるを得なかった。

 また、脳を活性化するクイズコーナーで競馬問題が出題され、小倉が「競馬のアナウンサーだもん」と正解したことを自慢すると、「実況ですもんね!」と小倉の経歴を引き合いに出し、「サービス問題だ」とピシャリ。これに小倉は無反応で、スタジオはひんやりとした空気に包まれていた。

“女子アナ泣かせ”の異名をとり、菊川の前任である元フジテレビアナウンサーの中野美奈子は小倉との不仲のために番組を降板したとウワサされるなど、アクの強い性格で知られる小倉。菊川にとっては、小倉の嫌味やねちっこい言い方に嫌気が差し、好戦的にならざるを得ないのかもしれない。とはいえ、2人の戦いは他人事ではなく、仕事や友人関係、親戚づきあいでも似たような経験を持った人も多いだろう。だからといって毎回のように言い合いをしたり、嫌味返しをしているのはストレスが溜まるもの。そこで『ムカつく相手を一発で黙らせるオトナの対話術』(バルバラ・ベルクハン著、小川捷子訳/阪急コミュニケーションズ)から、“笑顔で受け流す極意”を学んでみよう。

 まず、一番ラクな手段が「主体的な沈黙」。ただ無視するだけ、という何のエネルギーも必要としない対話術だ。沈黙というと相手に言い負かされたと感じる人もいるだろうが、「発言が宙に浮いてしまうため、いかにつまらないことを言ったかがわかる」と相手に悟らせることができる。言い合いにならないため、無意味なやりとりがなくなり、会話をスムーズに終わらせることができるのも利点。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ムカつく相手を一発で黙らせるオトナの対話術

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

「とくダネ!」小倉に反撃開始!? 菊川怜の“嫌な上司の黙らせ方”のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。フジテレビ江崎理生の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
2 持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
3 ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由
4 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
5 安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
8 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
9 テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
10 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
11 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
12 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
13 自民党がネトサポに他党叩きを指南
14 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
15 木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
16 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
17 吉村知事がリテラへの反論で馬脚「大阪・兵庫間の往来自粛」の真相
18 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
19 大阪・吉村知事が支離滅裂! 大阪の感染者数が急増した途端兵庫県と合算
20 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
1検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
2官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
3 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
4安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
5安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
6松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
7安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
8 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
9黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
10内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
11河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
12田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
13検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
14テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
15吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
16検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
17持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
18木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
19箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
20ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄