伊坂幸太郎もキレた! 直木賞選考委員の「言いたい放題」がヒドい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 ちなみに伊坂が直木賞の候補を辞退する以前にも、選評会が原因で横山秀夫が直木賞との“決別宣言”を行っている。第128回(02年下期)に『半落ち』(講談社)がノミネートされた際に、選考委員の北方が物語の鍵となる部分に関し疑問をもち、「関係の団体に問い合わせて見解を得、主人公の警部の動きには現実性がない」と批判。さらに林が記者会見で“欠陥にも気付かないミステリー業界も悪い”といった発言を行い、これに横山が激怒。指摘された部分を再取材した上で事実誤認ではないことを反論し、「今後、作品をゆだねる気には到底ならない」と直木賞への決別宣言にいたったのだ。

 横山も、そして伊坂も、直木賞候補となったときにはすでに世間からの評価が高い人気作家だった。彼らにとっては、選評でいちゃもんをつけられライフを削られるくらいならば“ゲームに参加しない”ほうがよっぽどマシ、だったのだろう。受賞作の売れゆきでは本屋大賞に完全にお株を奪われてしまっているが、こんなことでは、かろうじて残っている“権威”ももはや風前の灯火かもしれない。
(田岡 尼)

最終更新:2017.12.07 07:36

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

芥川賞・直木賞150回全記録

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

伊坂幸太郎もキレた! 直木賞選考委員の「言いたい放題」がヒドい!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。伊坂幸太郎出版業界直木賞の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 萩生田政調会長に統一教会と“家族同然”!生稲晃子を連れて施設に
2 統一教会とズブズブ萩生田「政調会長」に批判殺到!一方、テレビは…
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 テレ朝で『モーニングショー』統一教会報道中止、ネット動画削除!
5 アムウェイにキラキラ女子が急増中!
6 自民党がネトサポに他党叩きを指南
7 維新応援団・野村弁護士が懲戒、橋下徹にも請求が
8 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
9 「こども庁」名称変更の裏に統一教会!安倍、山谷との関係を物語る内部文書
10 川島なお美が近藤誠の診断を告発
11 東京五輪「7人の戦犯」を徹底糾弾
12 デジタル庁初代大臣に平井卓也が居座り!オリパラアプリ業者との癒着
13 安倍元首相と統一教会の関係に田崎史郎、三浦瑠麗、橋下、東国原、古市らが…
14 五輪3兆円超え戦犯・森喜朗の重大疑惑
15 維新も統一教会とズブズブ!松井、馬場、音喜多、足立
16 安倍元首相と統一教会の直接的な関係が発覚!「桜を見る会」にも関係者
17 日本の恥!リオ閉会式で安倍が政治宣伝
18 統一教会と自民党の関係をごまかすメディア…民放は有田芳生に発言自粛を要求
19 JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係,
20 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
1テレ朝で『モーニングショー』統一教会報道中止、ネット動画削除!
2統一教会とズブズブ萩生田「政調会長」に批判殺到!一方、テレビは…
3萩生田政調会長に統一教会と“家族同然”!生稲晃子を連れて施設に
4岸田政権の副大臣・政務官「統一教会系20人」に杉田水脈が含まれないインチキ
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄