伊坂幸太郎もキレた! 直木賞選考委員の「言いたい放題」がヒドい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
naokishou_01_140717.jpg
『ゴールデンスランバー』(新潮社)

 いよいよ今夜発表となる第151回芥川龍之介賞と直木三十五賞。芥川賞ではマンガ家でもある小林エリカが、直木賞ではアニメ『氷菓』の原作ともなった〈古典部〉シリーズで知られるラノベ出身の米澤穂信が初ノミネートされ、注目を集めている。

 だが一方で、何度もノミネートされている“常連組”も数多い。たとえば今回も、芥川賞で戌井昭人がノミネートされるのはすでに5度目。直木賞の黒川博行は6度目の超常連だ。ここまで落選を繰り返していると相当に精神が削られてしまいそうな気がするが、5度のノミネートと落選を経て異例の“直木賞に選考されるのを辞退”したのが、人気作家・伊坂幸太郎である。

 その“事件”が起こったのは2008年。候補作が絞られる選考が始まる前の4月に、伊坂は「執筆活動に専念したい」という理由で自作の『ゴールデンスランバー』(新潮社)が直木賞候補になることを拒否。山本周五郎をはじめ、受賞後に辞退した作家は過去にも存在するが、選考自体を拒むというのは余程の話である。

 しかし、直木賞というエンタメ作家にとっての“最高の栄誉”を足蹴にした伊坂の気持ちもよくわかる資料がある。それは受賞後に「オール讀物」(文藝春秋)に発表される「選評」だ。

 たとえば、伊坂がはじめて『重力ピエロ』(新潮社)で直木賞にノミネートされた第129回(03年上期)の選評では、井上ひさしが「若き作家の健気な実験」、北方謙三が「才気に溢れた作品」と評価する声を寄せているが、平岩弓枝は「作者の意気込みは悪くないが、遺伝子に作品がふり廻されているような読後感を持った」と述べ、先日亡くなった渡辺淳一は「一見、当世風の洒落た作品のようだが、読みすすむうちに底の浅さが見えてくる」とバッサリ。「インターネットで集めたような知識を面白おかしく並べている安易さが目立つ」「心に迫る小説にはほど遠い」と、とりつくしまもない。

 2回目の候補となった第131回(04年上期)の『チルドレン』(講談社)では、ナベジュンも「構想や比喩もそれなりに鋭く、才気という点では一番だろう」と一定の評価を与えているが、次に噛みついたのは林真理子。伊坂の持ち味のひとつである「時空の自由な飛び方」に対し、「読者を混乱させてしまうばかりで、何の効果も生じないのだ」と酷評しているのだ。

 だが林も、続く第132回(04年下期)では受賞した角田光代の作品と同じように「推した」と述べ、「本当にセンスのいい作家だと思う」とベタ褒め。今度は津本陽や阿刀田高から「いまの境地を一段とつき抜ける熱情がほしい」「主人公の心情に同化できなかった」といわれ、五木寛之には「この程度の作家ではあるまい、というのが多くの選者の意見だった」とまとめられている。

 選評でダメ出しされて次の作品で納得させても、今度は別の選者からダメ出しをくらう──いくら文芸は客観的評価が難しいものだとはいえ、これだけ意見がバラバラだと「じゃあ、どうすりゃいいのさ!」と怒りをぶつけたくもなるだろう。

 しかし、まだここまでは我慢もできよう。問題は第134回(05年下期)の選評だ。4度目のノミネートとなったのは『死神の精度』(文藝春秋)だが、ナベジュンには「生や死や人生を、安易に割り切るところが作品の軽みであるとともに、底の浅いものにしている」と再び咎められ、ついには林にも「伊坂さんは、今とてもむずかしい時期に来ていると感じた」と見放されてしまう。さらに津本には「ながいあいだ書きながら、しだいに間口をひろげてゆけるようになることを期待する」と、“まだまだ青二才”認定を受けてしまうのだ。当時77歳の長老にこう言われてしまっては、直木賞受賞までこの先何十年かかるのか……と気が重くなったに違いない。

 そして、最後のノミネートとなった第135回(06年上期)。候補となったのは『砂漠』(実業之日本社)だったが、「応援してきた私としては少々、あてがはずれた感じ」(平岩)、「失敗作」(宮城谷昌光)、「作者の意図が私には計りきれなかった」(阿刀田)、「今回少々がっかりした」「中途半端な結果に終っている」(林)と散々な言われ様。五木は「これで受賞したら伊坂幸太郎のファンが泣くだろう」と書いているが、伊坂にしてみれば「自分で応募したわけじゃない!」「第一、お前一度も強く推したことないだろう!」と言い返したくもなるはず。しかも、ナベジュンにいたっては「深さとこくがない」と、これはコーヒーの選評か!?とツッコみたくなる言葉を投げつけられる始末。──まさに満身創痍、たとえ直木賞が最高の栄誉だったとしても、レースから降りたくなる心情もよく理解できるというものだ。

 ちなみに伊坂が直木賞の候補を辞退する以前にも、選評会が原因で横山秀夫が直木賞との“決別宣言”を行っている。第128回(02年下期)に『半落ち』(講談社)がノミネートされた際に、選考委員の北方が物語の鍵となる部分に関し疑問をもち、「関係の団体に問い合わせて見解を得、主人公の警部の動きには現実性がない」と批判。さらに林が記者会見で“欠陥にも気付かないミステリー業界も悪い”といった発言を行い、これに横山が激怒。指摘された部分を再取材した上で事実誤認ではないことを反論し、「今後、作品をゆだねる気には到底ならない」と直木賞への決別宣言にいたったのだ。

 横山も、そして伊坂も、直木賞候補となったときにはすでに世間からの評価が高い人気作家だった。彼らにとっては、選評でいちゃもんをつけられライフを削られるくらいならば“ゲームに参加しない”ほうがよっぽどマシ、だったのだろう。受賞作の売れゆきでは本屋大賞に完全にお株を奪われてしまっているが、こんなことでは、かろうじて残っている“権威”ももはや風前の灯火かもしれない。
(田岡 尼)

最終更新:2017.12.07 07:36

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

芥川賞・直木賞150回全記録

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

伊坂幸太郎もキレた! 直木賞選考委員の「言いたい放題」がヒドい!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。伊坂幸太郎出版業界直木賞の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 田崎史郎のいない素晴らしい世界
2 徴用工問題で日本の元外務官僚が「韓国に100%の理、日本に100%の非」
3 「桜を見る会」名簿問題で菅官房長官の会見が支離滅裂!
4 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
5 田崎史郎と三浦瑠麗が『朝生』で無理やりすぎる安倍政権擁護連発!
6 安倍官邸が74億円の官房機密費使用!安倍応援団の手にも?
7 菅原経産相辞任で田崎史郎不在の『ひるおび!』が政権批判
8 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
9 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
10 「桜を見る会」ジャパンライフ招待問題にマスコミが消極的な理由
11 安倍晋太郎が山口会長に「金儲けの秘訣を教えて」と懇願した夜
12 安倍首相が「桜を見る会」国会答弁で下劣言い訳を連発
13 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
14 維新応援団・野村弁護士が懲戒、橋下徹にも請求が
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 田崎史郎が御用批判に失笑の言い訳
17 休みも残業代も0!美容師のブラック労働
18 警視庁捜査、ジャパンライフと安倍政権
19 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
20 安倍首相の「嵐」政治利用にファン批判、天皇即位祭典も政権の意向か
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4 明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5 『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8 文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9 埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10 安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11 菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13 安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20 『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄