安室奈美恵がネット依存を告白!? ITデトックス=ネット絶ちを推奨するも…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
amuro_01_140826.jpg
安室奈美恵オフィシャルサイトより


 SNSの発達によって、情報とコミュニケーション過多の時代といわれる現代。ハマりすぎると「SNS中毒」「スマホ中毒」だと病気認定までされてしまうご時世だが、海外セレブの間では一定期間ネット断ちする「ITデトックス」なるものが流行しているという。そんななか、日本でも意外な人が「ITデトックス」を推奨している。

 その人物とは、歌手の安室奈美恵。女性ファッション誌「Gina」(ぶんか社)3月号に掲載されたインタビューで安室は、「LINEとかフェイスブックとか、SNSが当たり前の今の時代は、仕事面でも交流関係でも流行面でも、常にアンテナを張ってなきゃいけないわけだから、気にしないってこと自体が難しいと思うんです。だからたまにはITデトックスが必要なんですよ」と持論を展開。「そうやってネットやメールを気にしない時間を作って、家でぼーっとする。最初はどうしても気になっちゃうかもしれないけど、2〜3日もすれば気にならなくなってきますよ」と、熱心に読者へ“ネット絶ち”を薦めている。

 しかし、安室といえば、日本のインターネット黎明期である90年代後半に芸能人としてはいち早くホームページを開設し、さらには本人自らがチャットルームに登場し、ファンと交流していた過去がある。しかも自身のHPだけでなく「麻雀サイトに現れ、ネット上で卓を囲んでいる」という情報が週刊誌を賑わせたこともあるほど。当時、社会現象にまでなった安室の人気と、いまのように芸能人がTwitterやブログなどのツールを持たず、テレビかライブでしか見られない存在だったことを考えると、安室のネット上における神出鬼没ぶりは“異常事態”だったのだ。

 そして、気になって調べてみたところ、安室はその当時にも現在と同じように「ITデトックス」に近い発言を行っていた。2000年3月号の「JUNON」(主婦と生活社)で、安室はこう語っている。

「前回のインタビューではちょうどインターネットにハマってるっていう話をしたんだけど、最近はあんまりやってないですね。あの後、自分のホームページを立ち上げて、最初の頃はファンの人たちと直接チャットで話をしたりしてたんですけど、それを雑誌でもテレビでも言っちゃったもんだから、メールが殺到してパンパンになっちゃったみたいで。お便りページは今、閉鎖されてるんです」

 中年世代にとっては「お便りページ」という響きになんともいえない郷愁を感じるが、安室はネットから離れた理由を「また私本人だっていうのを信じてもらうのが大変かなとか思って(笑)」と説明。なんでも、ファンが運営する安室応援サイトにまで出没し、「掲示板に自分の仕事の予定とかいちいち書き込んでいた」と言うから、当時のネットへのハマりぶりはすごかったようだ。

 だが、その後もことあるごとに「ITデトックス」発言を繰り返してきた安室。たとえば、12年には“ネットの書き込みは気にしちゃいけない”と思ったことを告白したり(「mina」12年8月号/主婦の友社)、「迷うことなく『歌と踊りでやっていきたい!!』と思えたのは、今のようにインターネットがない時代に育ったから、というのも理由のひとつかも」「すぐにインターネットで情報収集ができて、選択肢がたくさんあるってことって羨ましくもあるけど、結局本当に何がしたいのか迷ってしまうこともありそう」(「MORE」12年8月号/集英社)と同時期にネットについて言明。両誌ともアルバム発売に合わせたプロモーション用の記事なのだが、それでもついついネットのことを語ってしまう、安室のネットへの妙なこだわりが見えてくるようだ。

 ネットのことは気にしてはいけない、ネットによって惑わされるのはよくない──そう思いつつも、距離感を掴みかねている様子の安室。実際、「ITデトックス」宣言をした前述の「Gina」インタビューでも、安室は自身のネット生活について、こう述べている。

「というのも実は私、最近ネットショッピング絶ちをしているんです(笑)。一時期、これはマズいんじゃないかと思うぐらいお買い物してたんですよ。(中略)ゲームアプリも注意が必要ですよね。気がつくと、誰かと同じ空間にいても、お互い無言でスマホの画面を見ていたりする。しかも課金しちゃうとエンドレスになっちゃう(笑)。だからとりあえず課金はしない、充電器は手元に置かないっていう決まりを自分で作っています(笑)」

 まるでネット・スマホ中毒者の手記かのような様相を帯びているが、たしかに有名人にとってはネットを気にしすぎると精神衛生上よからぬこともある。とくに安室の場合、昨年は所属事務所からの独立問題や、その件にも絡んでいるとされる音楽プロモーターとの熱愛騒動などもあり、目にしたくない話題も多かったはずだ。

「Numero TOKYO」(扶桑社)12年9月号のインタビューでは、ブログやTwitterをやらない理由を、「自分の考えやしたいこと、していきたいことがブレてしまうし、そうなると中途半端なものしか作れなくなってしまう。ブレないほうが自分らしく作ったものを提供できる気がする」と語っていた安室。今度こそ、彼女のITデトックスが成功するといいのだが……。
(大方 草)

最終更新:2017.12.19 10:21

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

安室奈美恵がネット依存を告白!? ITデトックス=ネット絶ちを推奨するも…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。スマホ依存症大方 草安室奈美恵の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍が徴用工問題で「ファクト示すのが一番」とツイートしツッコミ殺到
2 菅首相のベトナムでのスピーチが露呈した「教養のなさ」
3 フジテレビがお台場カジノ開発を計画
4 菅首相の著書改ざんは“都合の悪い記録は残さない”という宣言!
5 欠陥だらけ GoToイートの背景に菅首相と「ぐるなび」会長の特別な関係か
6 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
7 菅政権「成長戦略会議」恐怖の顔ぶれ! 竹中平蔵、三浦瑠麗、アトキンソンも
8 櫻井よしこは「神社」に住んでいた! 
9 「日本学術会議」任命拒否問題で平井文夫、志らく、橋下徹、八代英輝が…
10 杉田和博官房副長官「公安を使った監視と圧力」恐怖の手口!
11 通販生活が「左翼だ」攻撃を一蹴!
12 大阪都構想住民投票に58億円 吉村知事「イソジン会見」の裏側も発覚
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 甘利明、下村博文、高橋洋一、橋下徹も……日本学術会議攻撃のフェイク
15 ホリエモン擁護のロンブー淳が「切り取り」反論も…発言はもっと一方的
16 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
17 中山美穂ラブラブ写真に辻仁成は
18 読売TV『あさパラ!』が岡田晴恵の容姿をからかうセクハラ的バッシング!
19 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
20 ネトウヨ局アナ・小松靖がテレ朝看板ニュース番組のメインキャスターに!
1 杉田和博官房副長官「公安を使った監視と圧力」恐怖の手口!
2 欠陥だらけ GoToイートの背景に菅首相と「ぐるなび」会長の特別な関係か
3 菅首相のベトナムでのスピーチが露呈した「教養のなさ」
4 大阪都構想住民投票に58億円 吉村知事「イソジン会見」の裏側も発覚
5 菅首相は消費増税をするつもりだ!内閣官房参与に増税主張エコノミストを抜擢
6 中曽根首相「1億円合同葬」強行、教育現場に弔意強要 「前例踏襲」の嘘
7 甘利明、下村博文、高橋洋一、橋下徹も……日本学術会議攻撃のフェイク
8 菅政権「成長戦略会議」恐怖の顔ぶれ! 竹中平蔵、三浦瑠麗、アトキンソンも
9 菅首相の著書改ざんは“都合の悪い記録は残さない”という宣言!
10 フジテレビがお台場カジノ開発を計画
11 二階幹事長はリアル『半沢直樹』? 日本航空がらみの土地取引疑惑も
12 安倍が徴用工問題で「ファクト示すのが一番」とツイートしツッコミ殺到
13 ホリエモン擁護のロンブー淳が「切り取り」反論も…発言はもっと一方的

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄