安室奈美恵がネット依存を告白!? ITデトックス=ネット絶ちを推奨するも…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
amuro_01_140826.jpg
安室奈美恵オフィシャルサイトより


 SNSの発達によって、情報とコミュニケーション過多の時代といわれる現代。ハマりすぎると「SNS中毒」「スマホ中毒」だと病気認定までされてしまうご時世だが、海外セレブの間では一定期間ネット断ちする「ITデトックス」なるものが流行しているという。そんななか、日本でも意外な人が「ITデトックス」を推奨している。

 その人物とは、歌手の安室奈美恵。女性ファッション誌「Gina」(ぶんか社)3月号に掲載されたインタビューで安室は、「LINEとかフェイスブックとか、SNSが当たり前の今の時代は、仕事面でも交流関係でも流行面でも、常にアンテナを張ってなきゃいけないわけだから、気にしないってこと自体が難しいと思うんです。だからたまにはITデトックスが必要なんですよ」と持論を展開。「そうやってネットやメールを気にしない時間を作って、家でぼーっとする。最初はどうしても気になっちゃうかもしれないけど、2〜3日もすれば気にならなくなってきますよ」と、熱心に読者へ“ネット絶ち”を薦めている。

 しかし、安室といえば、日本のインターネット黎明期である90年代後半に芸能人としてはいち早くホームページを開設し、さらには本人自らがチャットルームに登場し、ファンと交流していた過去がある。しかも自身のHPだけでなく「麻雀サイトに現れ、ネット上で卓を囲んでいる」という情報が週刊誌を賑わせたこともあるほど。当時、社会現象にまでなった安室の人気と、いまのように芸能人がTwitterやブログなどのツールを持たず、テレビかライブでしか見られない存在だったことを考えると、安室のネット上における神出鬼没ぶりは“異常事態”だったのだ。

 そして、気になって調べてみたところ、安室はその当時にも現在と同じように「ITデトックス」に近い発言を行っていた。2000年3月号の「JUNON」(主婦と生活社)で、安室はこう語っている。

「前回のインタビューではちょうどインターネットにハマってるっていう話をしたんだけど、最近はあんまりやってないですね。あの後、自分のホームページを立ち上げて、最初の頃はファンの人たちと直接チャットで話をしたりしてたんですけど、それを雑誌でもテレビでも言っちゃったもんだから、メールが殺到してパンパンになっちゃったみたいで。お便りページは今、閉鎖されてるんです」

 中年世代にとっては「お便りページ」という響きになんともいえない郷愁を感じるが、安室はネットから離れた理由を「また私本人だっていうのを信じてもらうのが大変かなとか思って(笑)」と説明。なんでも、ファンが運営する安室応援サイトにまで出没し、「掲示板に自分の仕事の予定とかいちいち書き込んでいた」と言うから、当時のネットへのハマりぶりはすごかったようだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

安室奈美恵がネット依存を告白!? ITデトックス=ネット絶ちを推奨するも…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。スマホ依存症大方 草安室奈美恵の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 赤木ファイル公開で改ざん指示は安倍から菅、菅から佐川のルートが濃厚に 
2 宮本亞門が衝撃告白「トップの方が裏で大金を渡し招致を決めたと自慢げに」
3 「五輪子ども動員」強行のために東京都が“キャンセル案内文書”を隠蔽!
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 五輪感染対策がザル化!開会式の観客は2万人、毎日PCR検査が抗原検査に
6 立民議員「50歳と14歳」問題でおぎやはぎが「多様性」「ロリータは名作」
7 “G7でぼっち”菅首相フォローのため甘利明やFNNが妄想ストーリー
8 自殺した近畿財務局職員が手記であげた「刑事罰を受けるべき財務省職員」
9 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
10 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
11 組織委が五輪取材の海外メディアに「隔離0日」になる“抜け穴”例文を提示!
12 JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係,
13 検察庁法改正から河井夫妻事件、首相辞任まで 安倍の“嘘”振り返り(後編)
14 自殺した赤木さんの妻が『バイキング』生放送中にLINEで…
15 封印されたAKB48盗撮事件
16 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
17 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
18 五輪の有観客開催強行のため菅首相が会見で空疎な嘘を連発!
19 三浦瑠麗が近財職員の自殺にトンデモ発言
20 裁判で「安倍首相は逃げている」と陳述、赤木さんの妻が小川彩佳に語った覚悟
1赤木ファイル公開で改ざん指示は安倍から菅、菅から佐川のルートが濃厚に 
2「五輪子ども動員」強行のために東京都が“キャンセル案内文書”を隠蔽!
3「大阪の自宅死が全国最多」でも吉村知事を追及できないマスコミ 朝日も…
4変異株クラスター発生のなか…政府は病床使用率の変更
5組織委が五輪取材の海外メディアに「隔離0日」になる“抜け穴”例文を提示!
6G7で“借りてきたネコ”状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク!
7平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
8国会延長拒否の菅政権が「土地規制法案」だけ強行採決へ!その危険な中身
9吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
10“G7でぼっち”菅首相フォローのため甘利明やFNNが妄想ストーリー
11高須院長が田中事務局長と鈴木宗男に超法規的なリコール期限延長を陳情
12五輪感染対策がザル化!開会式の観客は2万人、毎日PCR検査が抗原検査に
13五輪の有観客開催強行のため菅首相が会見で空疎な嘘を連発!
14宮本亞門が衝撃告白「トップの方が裏で大金を渡し招致を決めたと自慢げに」
15夫婦別姓もLGBT法案も安倍晋三がツブした!
16立民議員「50歳と14歳」問題でおぎやはぎが「多様性」「ロリータは名作」

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄