「月9詐欺で国民騙す」発言も…『デート』の脚本家・古沢良太はクドカンより野心家?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
date_01_150216.jpg
フジテレビ『デート〜恋とはどんなものかしら〜』公式サイトより

 人気シリーズ『DOCTORS3』(テレビ朝日系)と、『家政婦のミタ』の遊川和彦が脚本を手がける『○○妻』(日本テレビ系)が視聴率の頂上決戦を繰り広げている、今期のテレビドラマ。だが、もっとも話題を集めているのは、杏と長谷川博己が主演の月9『デート〜恋とはどんなものかしら〜』(フジテレビ系)だろう。

『デート』は、完璧な合理主義者ですべてを数値化する理系女子の依子(杏)と、働きもせず親の脛をかじって文学&サブカル趣味を謳歌する文系ニート、自称「高等遊民」の巧(長谷川)のふたりが繰り広げるラブコメディ。初回こそ今期トップの14.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を叩きだしたが、その後は3位に転落。それでも、「恋愛なんてクソの役にも立たない」「結婚とは有益な共同生活を送るための契約」などという醒めた恋愛・結婚観に共感する視聴者が続出。ネット上での評価も高い。

 まるでこれまで月9作品が築き上げた“恋愛至上主義”的価値観を覆すかのような展開。だが、じつはこれは狙ったものではないらしい。脚本を担当し、“ポスト・クドカン”の呼び声も高い古沢良太氏は、脚本執筆の裏側をこう明かす。

「実は月9とは知らず、2話分書いた後に知らされたという……だから今回の目標は、月9詐欺で全国民を騙すことです(笑)」(「エンタミクス」3月号/KADOKAWA)

 第2話といえば、ネット上も大いに沸いたプロポーズシーンが登場した回だ。母親の病気によって今後の生活に不安を抱いたニートの巧が新たな寄生先として国家公務員の依子に結婚を申し込むため、広末涼子の「大スキ!」に合わせて派手にフラッシュモブを決めるのだが、逆に依子からは働く意義について説教を喰らう結果に。だが、キレた巧は大演説をぶち、「善とは、家畜の群れのような人間と去就を同じうする道にすぎない! By 森・鴎・外!」と自己正当化をこころみる。……デートスポットである横浜のロマンティックな夜景をバックにしながら、恋愛の甘やかさなど皆無。全力で過去の月9的恋愛観を否定しにかかったようなシーンだったが、古沢氏が「月9とは知らなかった」からこそ生まれた名シーンだったのかもしれない。

 古沢氏といえば、一躍その名を世に知らしめたのが『リーガル・ハイ』(フジテレビ系)での脚本だ。堺雅人が拝金主義の悪徳弁護士・古美門研介を演じ、社会通念上の正義をかき乱す新しいアンチヒーローをつくりあげたが、その圧倒的な台詞量とテンポのよさも話題になった。そういう意味でも『デート』は『リーガル・ハイ』の恋愛互換ドラマといえそうだ。

 また、古沢氏の代表作といえるのは、『ゴンゾウ 伝説の刑事』(テレビ朝日系)。脚本参加していた『相棒』チームから「新しいことをやろう」と打診を受けて始まった作品だが、第27回向田邦子賞を受賞するなど高い評価を獲得。その魅力のひとつにスピード感が挙げられるが、ここにも古沢氏独特の脚本術がある。それは、「退屈なシーン」を飛ばしていくという手法だ。

「僕がつまんないと思うシーンは、飛躍がないシーンです。前のシーンと次のシーンで、話があまり進んでなかったり、進んでいてもその一歩が小さかったりすると、つまんないなと思う。階段で言うと、2段飛ばしや3段飛ばしくらいで進んでいきたいんですよ。飛ばし過ぎて、前のシーンで言ったことと逆のことを次のシーンで言ってるくらいのほうが面白いと思う」(『ゼロからの脚本術』古沢氏インタビューより/誠文堂新光社)

『デート』でも、主人公ふたりのデート当日から時間を遡っていく方法をとっているが、『ゴンゾウ』において時間軸を無視した構成は『LOST』や『新世紀エヴァンゲリオン』から影響を受けたという。が、そのことで「脱落した視聴者」が多かったことも事実。そのことを古沢氏は「『カタルシスがない』と本当に怒った人もいました。狙ってやったこととはいえ、わかってもらえないのはやっぱり悲しい(笑)」(前出)と振り返っている。

 さらに、古沢氏の特徴は、オリジナルシナリオのほか原作モノの脚本にも定評がある点だ。たとえば、大ヒットとなった映画『ALWAYS三丁目の夕日』や『探偵はBARにいる』『寄生獣』、原作を大胆にアレンジした『外事警察』(NHK)、ゴールデンタイムで2.16%という記録的な低視聴率を記録したもののコアなファンを生んで映画化までされた『鈴木先生』(テレビ東京系)なども古沢氏の手によるもの。いずれも原作ファンを納得させただけでなく「原作越え」と評されることも多いが、その秘訣とは一体何なのか。

 まず、脚本を書くときに古沢氏が考えるというのは、「商業的に成功するかどうか」。そこで重要になってくるのが「今」という視点と「普遍性」だという。そして、もうひとつ重要な点に、今までにない「新しさ」と「社会への影響」を挙げる。

「僕は映画でもドラマでも、『この作品で世の中が変わるかもしれない』と思いながら作ってるんです。『これで世の中変えてやる』『政治では変えられないようなことを、僕たちは変えられるんだ!』と思ってやっている。だから『この作品で、もっと社会に明るくなってほしい』というふうにも考えるんです。結果そうなることはまずありませんが、そういう気持ちから、燃えることもあります」(前出)

 なかなか気骨が感じられる力強い言葉だが、たしかに『デート』も、恋愛への関心が薄くなりつつある今という現代性を反映させながら、世間から理解されづらい主人公ふたりに、妙な共感を生み出している。これもひとつの“社会変革”なのかもしれない。

 ちなみに、長谷川博己演じる巧は、「鼻持ちならなかった学生時代の僕がいいそうなセリフ、面倒くさい感じは投影されているかも」(「エンタミクス」3月号)とのこと。現在、「高等遊民」は密かな流行語になりつつあるが、今後、古沢氏によってどんな新しい恋愛像が描き出されるのか、注目してみてほしい。
(サニーうどん)

最終更新:2017.12.13 09:28

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ゼロからの脚本術―10人の映画監督・脚本家のプロット論

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

「月9詐欺で国民騙す」発言も…『デート』の脚本家・古沢良太はクドカンより野心家?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。サニーうどんフジテレビプロデュース古沢良太の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 「桜を見る会」マルチ商法社長の招待は昭恵夫人の事業への資金提供の見返り
2 安倍首相が新型コロナ対応から逃げまくり! 韓国・文在寅大統領との差
3 安倍政権のコロナ基本方針に絶句!検査受けられない体制は続行
4 田崎とケントに自民党からカネが!
5 田崎史郎を時事通が特別扱いした理由
6 百田尚樹がなぜか告発「官邸から仕事、謝礼をもらっている保守論客」って誰?
7 田崎史郎がコロナ問題で「町医者は検査しろ」「熱が出て旅行いくな」
8 忘れるな、福島原発事故の主犯は安倍だ
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 『スシローと不愉快な仲間たち』9 新型コロナであのコピーライターが
11 クルーズ船死亡者「コロナ感染者かどうかも言えない」は安倍政権の失態隠しか
12 安倍政権がクルーズ船の厚労省職員を「感染者が増えるのは嫌」と検査せず
13 DAIGOの父は許永中の片腕だった
14 安倍政権のコロナ対応の遅さに非難殺到! 14 日まで感染症専門家会議設置せず
15 進次郎よりひどい、安倍首相はクルーズ船乗客に死者が出た日も宴会
16 岩田教授に対する政府の反論は嘘! 橋本岳副大臣の投稿写真にも証拠
17 前田敦子のインタビューは大変!
18 自民党コロナ対策本部がヤバイ、青山繁晴らネトウヨがズラリ、陰謀論も
19 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
20 安倍政権の酷すぎる新型コロナ対応!「金がかかる」と検査キットを導入せず
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4 明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5 『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8 文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9 埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10 安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11 菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13 安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20 『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄