「月9詐欺で国民騙す」発言も…『デート』の脚本家・古沢良太はクドカンより野心家?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

「僕がつまんないと思うシーンは、飛躍がないシーンです。前のシーンと次のシーンで、話があまり進んでなかったり、進んでいてもその一歩が小さかったりすると、つまんないなと思う。階段で言うと、2段飛ばしや3段飛ばしくらいで進んでいきたいんですよ。飛ばし過ぎて、前のシーンで言ったことと逆のことを次のシーンで言ってるくらいのほうが面白いと思う」(『ゼロからの脚本術』古沢氏インタビューより/誠文堂新光社)

『デート』でも、主人公ふたりのデート当日から時間を遡っていく方法をとっているが、『ゴンゾウ』において時間軸を無視した構成は『LOST』や『新世紀エヴァンゲリオン』から影響を受けたという。が、そのことで「脱落した視聴者」が多かったことも事実。そのことを古沢氏は「『カタルシスがない』と本当に怒った人もいました。狙ってやったこととはいえ、わかってもらえないのはやっぱり悲しい(笑)」(前出)と振り返っている。

 さらに、古沢氏の特徴は、オリジナルシナリオのほか原作モノの脚本にも定評がある点だ。たとえば、大ヒットとなった映画『ALWAYS三丁目の夕日』や『探偵はBARにいる』『寄生獣』、原作を大胆にアレンジした『外事警察』(NHK)、ゴールデンタイムで2.16%という記録的な低視聴率を記録したもののコアなファンを生んで映画化までされた『鈴木先生』(テレビ東京系)なども古沢氏の手によるもの。いずれも原作ファンを納得させただけでなく「原作越え」と評されることも多いが、その秘訣とは一体何なのか。

 まず、脚本を書くときに古沢氏が考えるというのは、「商業的に成功するかどうか」。そこで重要になってくるのが「今」という視点と「普遍性」だという。そして、もうひとつ重要な点に、今までにない「新しさ」と「社会への影響」を挙げる。

「僕は映画でもドラマでも、『この作品で世の中が変わるかもしれない』と思いながら作ってるんです。『これで世の中変えてやる』『政治では変えられないようなことを、僕たちは変えられるんだ!』と思ってやっている。だから『この作品で、もっと社会に明るくなってほしい』というふうにも考えるんです。結果そうなることはまずありませんが、そういう気持ちから、燃えることもあります」(前出)

 なかなか気骨が感じられる力強い言葉だが、たしかに『デート』も、恋愛への関心が薄くなりつつある今という現代性を反映させながら、世間から理解されづらい主人公ふたりに、妙な共感を生み出している。これもひとつの“社会変革”なのかもしれない。

 ちなみに、長谷川博己演じる巧は、「鼻持ちならなかった学生時代の僕がいいそうなセリフ、面倒くさい感じは投影されているかも」(「エンタミクス」3月号)とのこと。現在、「高等遊民」は密かな流行語になりつつあるが、今後、古沢氏によってどんな新しい恋愛像が描き出されるのか、注目してみてほしい。
(サニーうどん)

最終更新:2017.12.13 09:28

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ゼロからの脚本術―10人の映画監督・脚本家のプロット論

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

「月9詐欺で国民騙す」発言も…『デート』の脚本家・古沢良太はクドカンより野心家?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。サニーうどんフジテレビプロデュース古沢良太の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 立川志らくのティッシュ買占めや弟子への仕打ちが報道されない理由
2 「人工呼吸器不足」は安倍政権の責任だ! 野党の指摘を放置
3 後藤謙次の降板で『報ステ』政権批判が完全消滅? 後任に米国より記者
4 安倍首相のコロナ対応はなぜこんなに遅い? 28日の会見でもまだ具体的提示なし
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 三浦瑠麗が近財職員の自殺にトンデモ発言
7 昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
8 大阪・吉村知事が支離滅裂! 大阪の感染者数が急増した途端兵庫県と合算
9 五輪延期で発覚!安倍のお友だち「アパホテル」に組織委用の部屋
10 田崎史郎を時事通が特別扱いした理由
11 報ステが杉田水脈も赤坂自民亭もスルーした理由
12 金塊容疑者の写真はNEWS手越だった
13 感染爆発危機でも安倍首相と小池知事が“グータッチ”
14 赤木さんの妻が安倍首相の反応に「夫が生きてたら悔しくて泣いている」
15 蛭子さん「集団的自衛権が怖い」発言
16 安倍首相にマッチョ批判
17 安倍首相が赤木俊夫さんの妻の指摘まで否定も証拠の記録が
18 俳優・伊勢谷友介が自殺した近畿財務局職員の手記を読み危機感表明
19 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
20 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
1自殺した近畿財務局職員が手記であげた「刑事罰を受けるべき財務省職員」
2田崎史郎が明かした安倍首相のトンデモな五輪延期計画!
3 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
4「大阪・兵庫間往来自粛」は吉村府知事と松井市長の“完全なる誤読”
5五輪延期で発覚!安倍のお友だち「アパホテル」に組織委用の部屋
6 安倍首相が「退院者数」の少なさ隠蔽のためクルーズ船乗客を含めるペテン
7近畿財務局職員を自殺に追い込んだ「森友公文書改ざん」安倍首相の指示だった
8昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
9安倍のコロナ経済対策が酷い! 家計支援は観光・外食限定の「商品券」
10 安倍首相が赤木俊夫さんの妻の指摘まで否定も証拠の記録が
11 「人工呼吸器不足」は安倍政権の責任だ! 野党の指摘を放置
12俳優・伊勢谷友介が自殺した近畿財務局職員の手記を読み危機感表明
13 安倍首相のコロナ対応はなぜこんなに遅い? 28日の会見でもまだ具体的提示なし
14近畿財務局職員「遺書と手記」麻生太郎財務相の答えが酷い
15赤木さんの妻が安倍首相の反応に「夫が生きてたら悔しくて泣いている」
16感染爆発危機でも安倍首相と小池知事が“グータッチ”
17 近畿財務局職員の遺書と手記に、映画『新聞記者』の出演女優が涙
18K-1に自粛強要の一方で聖火イベントは強行する安倍政権
19大阪・吉村知事が支離滅裂! 大阪の感染者数が急増した途端兵庫県と合算
20吉村知事がリテラへの反論で馬脚「大阪・兵庫間の往来自粛」の真相

カテゴリ別ランキング


マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄