吉高由里子は朝ドラも紅白も断るつもりだった!翻意させたマネージャー愛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
yoshitaka_141212.jpg
「Quick Japan」vol.117(太田出版)

 松田聖子がトリをつとめることが話題を呼んでいる、今年の『第65回NHK紅白歌合戦』。とはいえ出演歌手に大した目玉もなく、『あまちゃん』企画で盛り上がった昨年とは違い、期待度は低め。そんななかで唯一、注目を集めているのが、紅組司会・吉高由里子の存在である。

 発表会見では「危なかっしいという声が多いと思う」と自ら言及していたように、奔放な発言で知られる吉高。「よくもまぁ選んだなと思います」という言葉通り、NHKの歴史に残る“失言”が飛び出すのでは……とネットの一部で注目されているのだ。

 だが、吉高によれば、じつは紅白の司会オファーも当初は「絶対やるもんか」と思い、断るつもりだったという。そればかりか、好評を博した朝ドラ『花子とアン』の主演に選ばれたときのことも、「イヤだった」と激白しているのだ。

 吉高がそう語っているのは、現在発売中の「Quick Japan」vol.117(太田出版)でのこと。朝ドラのオファーがきたときの吉高の気持ちはこうだったという。

「私は朝ドラも観ていなかったし、張り切って出て「みなさん観てください!」なんて、どのツラ下げて言えるのって思ったから、最初はイヤだったの」

 しかし、そんな吉高の思いを変えたのは、彼女のマネージャーである加藤久美子氏だった。吉高が“やりたくない”と言い出すことは織り込み済みだった加藤氏は、いわく「なんとかイエスと言わせようと隙を突きました(笑)」。吉高に「これ断れないですか?」と聞かれると、加藤氏は「いや、断れるよ?」と言いつつ、加藤氏が打ち合わせから帰ってくると「スケジュールが具体的になってた(笑)」(吉高)のだという。

 それでも吉高が腹を決めたのは、加藤氏の夢を知っていたからだ。加藤氏の夢は、「由里子を国民的女優にすること」。そう、朝ドラ女優にすることだった。

「やりたくなかったけど、ずっと一緒に付き添ってくれた人の夢を叶えるのは、二度とないチャンスだと思って、引き受けたんです。この作品が最後でもいいやと思って」(吉高)

 マネージャーの夢を叶えるために出演を決める。──きっとそんな朝ドラヒロインは前代未聞だっただろうと思うが、『花子とアン』はしかし、吉高を大きく成長させた。だからこそ、紅白の司会も引き受けた。

「(紅白の司会は朝ドラの)クランクイン前から「あるかもよ?」って言われてて、その時は絶対やるもんかって思ってたけど。踊らされるのはイヤだけど、踊るのは好きだから、自分で飛び込んでいった(笑)。だって、嬉しかったから。二〇一四年は本当に大好きな年になりました」(吉高)

 吉高を支え、女優人生のターニングポイントをつくり出してきたマネージャー・加藤氏。「Quick Japan」によれば、〈映画『蛇にピアス』のオーディションを受けさせ、「うぃー」のウイスキーのCMを驚異の営業術で勝ち取り、男性だけでなく女性にも愛されるようなイメージ作りを意識した〉のは、すべて加藤氏の手腕によるもの。いわば女優・吉高由里子の育ての親ともいうべき人物だが、その彼女が間もなく、所属事務所・アミューズを退社。長野市長である父を支え、家業を手伝うべく、実家へ戻るのだという。じつはこの「Quick Japan」も、ふたりの“別れ”にスポットを当てて企画された100ページにも及ぶ大特集なのだ。

 なんでも、まだ新人だった吉高に加藤氏が抱いたイメージは、あまりいいものではなかった。対談で、加藤氏は吉高の印象をこんなふうに打ち明けている。

「うちの会社の偉い人と仲良さそうに、女友達みたいにしゃべってる人がいるなあって。「あの子、なんなの?」みたいな感じで思ってたよ」

 しかしその後、加藤氏は吉高の担当を任された。吉高が18歳、加藤氏は入社6年目。ふたりの距離が縮まるのは、吉高から頻繁にかかってくるようになった「何してるの?」という電話だった。

「高校は通信だったから、友達がいなくて。夜はドライブしてたんですけど、せっかく外に出たんだから、誰かに会いたくなるじゃないですか。そういう時に連絡する相手が、カトさんしかいなかった」(吉高)

 一方、「アーティストとの距離感みたいなものは、今までずっと保ってきた」という加藤氏は、吉高と近付くのを避けていた。それでも「ぐいっと、急に」吉高は懐に入ってきたのだという。

 たとえば、加藤氏が吉高の電話に「仕事だよ」と言っても、吉高は「じゃあさ、何時に終わるの?」。仕方なく加藤氏の自宅に一度招くと、それからは吉高が「アポなしで家の前で待ってる」状態に。吉高によれば、「テレ東がやりそうなことやってた。「やっほー!」って言って驚かせる」らしい。

 そうして、ふたりの関係は〈友達であり、家族であり、それ以外の何か〉になった。なにより、加藤氏は吉高の女優の才能を誰より信じ、惚れ込み、そして愛した。その深い関係があったからこそ吉高は国民的女優にまで登りつめることができたのだろうということが、この特集を読んでいるとひしひしと伝わってくる。

「由里ちゃんは誕生日のメールを毎年くれるんですけど、尋常じゃなく愛らしいんですよ。人に対してこんなにまっすぐ「好き」って言える人がいるんだって、びっくりして。(中略)私はマネージャーでもあるけど、加藤久美子として見て、接してくれてるなって感じたんです。私だけじゃなくて、みんなにも愛を与えられる子だから……好きにならずにいられない(笑)」(加藤氏)

 この特集に対して、吉高は「自分の花道を自分で作るって、そんな前のめりなマネージャーいます?」と話しているが、この企画だって、加藤氏の“吉高愛”の結晶だ。実際、誌面で語られる吉高の素顔は、誰もが好きになってしまいそうなほど、とても魅力的だから。

 デビューから10年目。朝ドラヒロイン、そして紅白の司会という大きな仕事だけでなく、特別な関係だったマネージャーとの別れを迎える吉高由里子。節目を越えて、来年、どんな活躍を見せるのか、楽しみにしたい。
(サニーうどん)

最終更新:2014.12.12 04:46

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

クイック・ジャパン 117

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

吉高由里子は朝ドラも紅白も断るつもりだった!翻意させたマネージャー愛のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。サニーうどん吉高由里子紅白の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
2 持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
3 ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由
4 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
5 安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
8 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
9 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
10 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
11 テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
12 吉村知事がリテラへの反論で馬脚「大阪・兵庫間の往来自粛」の真相
13 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
14 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
15 自民党がネトサポに他党叩きを指南
16 大阪・吉村知事が支離滅裂! 大阪の感染者数が急増した途端兵庫県と合算
17 木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
18 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
19 Twitter Japanはやっぱり右!「宇予くん」JCとパートナーに
20 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
1 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
2 官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
3 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
4 安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
5 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
6 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
7 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
8 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
9 黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
10 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
11 河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
12 田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
13 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
14 テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
15 吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
16 持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
17 検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
18 木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
19 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
20 ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄