近代文学はダメ男だらけ! ここ100年でもっともトホホな男は誰だ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
dameobungaku_01_140817.jpg
『まるでダメ男じゃん! 「トホホ男子」で読む、百年ちょっとの名作23選』(筑摩書房)

 男性の皆様には悲しいお知らせだが、女子会の9割はダメ男のネタや笑い話で構成されている。一人の女子が彼氏のダメエピソードを披露すると、「うわ、そいつ最悪」「ないわ~」「そんなダメ男とは別れなよ!」と次々と飛び交う毒矢の嵐。同情や憐憫のトーンはしっかり滲ませつつも、そんなときの女子って表情がすごくイキイキしてたりする。

『まるでダメ男じゃん!』(豊崎由美/筑摩書房)は、おカタい文学作品をそういうガールズトーク的視点で楽しもうと言う一冊だ。“「トホホ男子」で読む、百年ちょっとの名作23選”というサブタイトルが表しているように、本書は古今東西の傑作小説から、ありとあらゆる種類のダメ男を引っ張り出した、いわばダメ男の見本図鑑。そのなかから独断と偏見でよりすぐったダメ男ベスト5(ワースト?)をここで発表しよう。「いるいるこんな男!」と思わず膝を打ちたくなる彼らのダメっぷり、とくとご覧あれ。


★第5位 ケツの青い甘ったれババコン 『坊っちゃん』夏目漱石

 主人公は愛媛・松山に数学教師として赴任した23歳の江戸っ子青年。無鉄砲で直情型な彼が、同僚の気取ったインテリやその腰巾着たちに反旗を翻すというお話だが、この彼がまあ自己チューなお子ちゃまでひどい。使用人の老婆・清(きよ)にどっぷり依存したマザコンならぬババコン男で、清に借りた金は返さないのに、清からの頼みは無視、そのわりに面白くないことが起きるたび「こんなとき清がいれば」とぼやく始末。生徒のイタズラ、同僚の言動、下宿の造りにまで、とにかく世間にいつもブーブー文句を言っている甘ったれたガキだ。


★第4位 凡庸ゆえに愛されなかった寝取られ男 『ボヴァリー夫人』フローベール

 恋愛中毒な人妻が不倫に溺れた挙句、多額の借金を抱えて自殺するロマンス小説『ボヴァリー夫人』。フランス文学史に残るこの名作、軽薄に浮気しまくるボヴァリー夫人も大概イタい女だが、本書で“ダメ男”ぶりにスポットが当てられるのは夫のシャルルだ。凡庸、愚鈍、無趣味。女心に疎く、妻と浮気相手を接近させるきっかけを作る、要するにバカがつくほどのお人好し男。いつの時代もどんな国でも、「いい人なんだけど、一緒にいても退屈なんだよね~」と女たちが口を揃えて見限ってしまうタイプの地味系ダメ男。

★第3位 コンプレックスをこじらせた中二病男 『トニオ・クレーゲル』トーマス・マン

「感受性の強い自意識過剰な青年が、あーでもないこーでもないと、ぐじゅぐじゅぐじゅぐじゅぐじゅぐじゅ、いつまでも思い悩む小説」(本書より)。ドイツ人商人の父と南国生まれのイタリア人母との間に生まれたトニオくんが、金髪碧眼のゲルマン民族=マジョリティへのコンプレックスをネチネチネチネチ発酵させていく姿は、まさに中二病炸裂。三十路過ぎても自分の悩みだけで頭がいっぱいなこじらせ系ダメ男トニオ、わりあい美形なだけに惜しい!


★第2位 キモメンからサイコまでダメ男見本市 『カラマーゾフの兄弟』ドストエフスキー

 好色でデブでキモメンの父親、金と女にだらしない長男、頭でっかちでプライドが高い次男、純真バカで乙女な三男。さらにはこの三兄弟と異母兄弟疑惑がある陰湿なサイコ男。世界文学の巨人ドストエフスキーが残した大長編は、実はバラエティ豊かなダメ男の見本市。どこまで読み進めても誰とも付き合いたくないのがすごい。ここに登場するダメ男たちに比べたら、あなたの周囲のダメ男たちなんて可愛いもんかも?


★第1位 野心と卑屈と妄執が同居する最強ドリーマー男 『グレート・ギャツビー』フィッツジェラルド

 レオナルド・ディカプリオ主演でド派手に映画化された記憶も新しい『グレート・ギャツビー』は、言ってしまえばダメ男の野望一代記。貧しい出自から成り上がり、かつて愛した女性デイジーを取り戻すため、ダーティーな商売に手を染めて大金持ちになったギャツビー。それもこれも「愛のため」と言えば聞こえはいいが、実際のところギャツビーが執着したのは生身のデイジーではなく、自分が憧れ続けた世界の象徴としてのデイジーだ。信じたいことだけを信じ、見たいようにしか世界を見ない。一歩間違えばストーカーになってもおかしくない粘着質なドリーマー男。行動力があるだけにこういう男が一番厄介だ。

 本書では他にも多種多様なダメっぷりが炸裂。男を見る目が確実に鍛えられるので、現在進行形でダメ男に悩まされている女子はぜひ読むべし。すっぱり斬り捨てるガッツがもらえるかも?
(阿部花恵)

最終更新:2014.09.16 07:58

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

まるでダメ男じゃん!:「トホホ男子」で読む、百年ちょっとの名作23選 (単行本)

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

近代文学はダメ男だらけ! ここ100年でもっともトホホな男は誰だ?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ランキング文学阿部花恵の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
2 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
3 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
4 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
5 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
6 『なつぞら』が宮崎駿・高畑勲も闘った「東映動画・労使紛争」を矮小化
7 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
8 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
9 「あおり運転」警察の過剰捜査とワイドショーの異常報道
10 嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
13 吉川晃司が「俺は現政権がでえっ嫌い」
14 安倍イラン訪問でNHK岩田明子記者がまた安倍フェイクPR
15 自衛隊スパイ事件、官邸が解禁の理由
16 古市憲寿「平成くん、さようなら」と「終末期医療打ち切れ」論
17 ウーマン村本がよしもと社長からの圧力を激白!
18 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
19 陸上・朝原宣治がスポーツの政治利用に危機感
20 小木「松本さんが裏で牛耳ってる」文春も松本の吉本支配を批判
1 安倍首相と省庁幹部の面談記録が一切作成されなくなった!
2 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
3 金融庁報告書で厚労省年金局課長の驚愕無責任発言
4 産経新聞コラムが「引きこもりは自衛隊に入隊させて鍛え直せ」
5 安倍首相が「老後2000万円」追及に逆ギレ!
6 菅官房長官が望月衣塑子記者への“質問妨害”を復活
7 金融庁「年金下がるから資産運用」報告書で麻生太郎が開き直り!
8 F35捜索打ち切りと大量購入続行でNHKが「背景に政治性」と報道
9 金融庁炎上の裏で安倍政権が「年金」の“不都合な事実”を隠蔽!
10 防衛省イージス・アショア失態 、玉川徹が原因を喝破!
11 長谷川豊が部落差別発言「謝罪文は馬場幹事長が作った」
12 講談社「ViVi」の自民党広告は公選法違反か!
13 映画『主戦場』上映中止要求の右派論客に監督が徹底反論!
14 渡辺謙が語った『ゴジラ』出演と震災、原発、戦争
15 マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第1話
16 田崎史郎「65歳から年金もらってます」
17 川崎殺傷事件「不良品」発言こそ松本人志の本質だ!
18 香港市民はデモの力示したが、日本は…
19 松本人志が「不良品」発言問題で謝罪も説明もなし!
20 農水元次官子ども殺害正当化は、橋下徹、竹田恒泰、坂上忍も

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄