岸田体制で “安倍官邸のアイヒマン”元内調・北村滋が官房副長官か…前任の杉田以上の謀略、安倍の意を受けて岸田を監視する役割

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

安倍人脈に監視され続ける岸田総裁、首相秘書官にも、“今井尚哉の影武者”元経済産業事務次官の名前が

 いずれにしても、北村氏はこのように内調を安倍政権や応援団を利する謀略を主任務とする「安倍様の私的諜報機関」に変えた張本人であり、野党や官僚のみならず政権を批判する市民団体をも「政敵」とみなせば、御用新聞だけではなく週刊誌まで使って謀略スキャンダルを仕掛けるという、杉田氏以上の「狂犬」なのである。

 しかも、重要なのは、北村氏は岸田新首相ではなく安倍前首相のための側用人である、ということ。前述してきたような公安警察的な監視の目は岸田新首相にも向けられ、少しでも安倍前首相への裏切りになりかねない内通や謀反の疑いがないか、徹底して安倍前首相に報告があげられることになるだろう。つまり、北村氏にとって岸田新首相は守る対象ではなく、監視対象なのだ。

 その上、岸田官邸にはもうひとり、安倍前首相から送り込まれるお目付役がいる。安倍政権下で今井氏が務めてきた政務担当の首相秘書官には、現在、嶋田隆・元経済産業事務次官の名前が挙がっているが、じつは嶋田氏と今井氏は同期入省組で昵懇の間柄にある人物。ようするに、今井氏に代わって岸田氏を操るための「今井氏の影武者」なのだ。

 北村氏と今井氏の暗躍で、謀略によって権力維持が図られるという地獄のような安倍政権の8年間のつづきが、ついに再びはじまる──。岸田政権は紛れもなく、正統の「第3次安倍政権」なのである。

最終更新:2021.10.02 10:49

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

岸田体制で “安倍官邸のアイヒマン”元内調・北村滋が官房副長官か…前任の杉田以上の謀略、安倍の意を受けて岸田を監視する役割のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。アイヒマン北村滋安倍晋三山口敬之岸田文雄田部祥太自民党の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 桜前夜祭で安倍事務所が有権者に大量の酒、サントリーが無償提供
2 極右ヘイトの企業経営者総まくり(後)
3 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
4 大阪のオミクロン死者急増も松井市長はウザ絡みに夢中、水道橋博士に訴訟恫喝
5 極右ヘイトの企業経営者総まくり(前)
6 泉ピン子“五輪聖火リレー検討委”の裏
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 不正入札、リニア新幹線はアベ友利権だ
9 維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
10 町山、ロマン、水道橋、春日、豪の論戦
11 吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
12 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
13 古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
14 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
15 ICANノーベル賞授賞式を日本マスコミが無視
16 吉村知事肝いりの大規模入院施設の利用率が最大7%で閉鎖
17 昭和の名作裏ビデオ史
18 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
19 安倍晋三「桜前夜祭」事件で秘書が「違法性を認識していた」と供述!
20 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
1桜前夜祭で安倍事務所が有権者に大量の酒、サントリーが無償提供
2自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
4 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄