大阪死者続出なのに『めざまし8』で谷原章介、3時のヒロイン福田麻貴らが「吉村知事はタイプ」「肌がきれい」話で盛り上がる異常

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
大阪死者続出なのに『めざまし8』で谷原章介、3時のヒロイン福田麻貴らが「吉村知事はタイプ」「肌がきれい」話で盛り上がる異常の画像1
“吉村アゲ”の『めざまし8』(番組HPより)


 医療崩壊に歯止めがきかない状況がつづいている大阪府。昨日6日には、吉村洋文知事が緊急事態宣言の延長を政府に要請したが、これは当然の判断であり、むしろあらためて前回の宣言時に前倒し解除を要請したことの判断の妥当性が問われるべきだろう。

 だが、いまだに吉村知事はその判断の誤りを認めようとはしない。吉村知事は昨日も『かんさい情報ネットten.』(読売テレビ)に生出演していたのだが、そこで経済学者の朴一・大阪市立大学大学院教授から「緊急事態宣言の要請が遅かったのではないか」と問われると「いま、感染者が多いということでさまざまなご意見・ご批判というのはあると思います。それは僕が受けなければならない立場だというふうにも思います」と言いながら、こうつづけた。

「いま振り返ってみると、この陽性者・感染者っていうのが1000名で推移しているので、この時点でこれをしておくべきだったというのは、これはあると思います。ご意見として。ただ、緊急事態宣言とほぼ同じ内容の対応(まん延防止等重点措置)をして、そのなかで、僕は不十分だと判断したので緊急事態宣言の要請を、社会経済を大きく抑えてでもやらなくてはいけないと判断をして、いまに至っています」

 重点措置や緊急事態宣言の要請をおこなったことを勝ち誇ったように取り上げて“適切な判断をしてきた”と誇示する発言だが、それは前倒し解除の要請によって感染者が急増して止むに止まれずやっただけの話ではないか。ようするに、「意見・批判を受け止める立場」などと言っておきながら、結局は自己弁護しかしていないのである。

 入院率が約10%という凄惨な状況を招いておきながらバンバンとテレビ番組に出演し、口にするのは自己弁護──。もはや正気の沙汰ではないだろう。

 しかし、正気の沙汰ではないのは、メディア側も同じ。というのも、吉村知事が登場せずとも、テレビではいまだに“吉村アゲ”が普通に起こっているからだ。

 それは、5日放送の『めざまし8』(フジテレビ)でのこと。この日の番組ではインド由来の変異株を取り上げたのだが、そのなかで吉村知事の「私権制限をしてでも強制隔離すべきだ」というツイートを紹介した。

 ここで司会の谷原章介は「みなさんを守るために働いている吉村さんのお気持ち、立場、すごくわかるんですけども、『私権制限してでも』ってかなり強い言葉、気になりますよね」と言い、コメンテーターの若狭勝弁護士に話を振ると、若狭弁護士は「知事としては言わざるを得ないところがあるんだろう」「立法、法律をつくるのが何よりなんですけど、国会がいま、ほとんど真剣にその点を議論するような状況ではないんじゃないか」などと発言。谷原は「政治家の強いリーダーシップ、これが必要ということですよね」と言い出し、若狭弁護士も「政治がどんどん後手になってきているから、結局こういうような状況に陥っていると言っても過言ではない」とまとめた。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

大阪死者続出なのに『めざまし8』で谷原章介、3時のヒロイン福田麻貴らが「吉村知事はタイプ」「肌がきれい」話で盛り上がる異常のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。3時のヒロインめざまし8ワイドショー吉村洋文大阪橋下徹編集部若狭勝谷原章介の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 共産党議員の不可解書類送検の裏に安倍の元秘書官の埼玉県警本部長就任
2 防衛省が予算増PRのためインフルエンサー100人に接触計画、一体誰が?
3 高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!
4 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
5 倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
8 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
9 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
10 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
11 高橋洋一ら安倍応援団が特区ビジネス
12 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
13 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
14 河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
15 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
16 自民党がネトサポに他党叩きを指南
17 安倍政権が海外からのコロナ政策批判チェックに24億円!
18 室井佑月の『ひるおび!』降板で麻木久仁子が滝川クリステルに疑問
19 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
20 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
3八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
4八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
5八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
6総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
8高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
9 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
10倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
11安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
12高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!
13 共産党議員の不可解書類送検の裏に安倍の元秘書官の埼玉県警本部長就任
14 防衛省が予算増PRのためインフルエンサー100人に接触計画、一体誰が?
15DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄