特別企画◎安倍〜菅政権御用ジャーナリスト大賞(後編)

アベノマスクも学術会議介入もGoToも擁護、もはや権力の「中の人」に…御用ジャーナリスト5位〜2位、そして大賞を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

4位●『ひるおび!』
菅政権誕生で“菅応援団”番組がさらに露骨に! 田崎スシローいわく「菅首相の奥さんも見てる!」

 4位の称号は、異例だが、『ひるおび!』(TBS)という番組そのものに捧げようと思う。御用ジャーナリストの代名詞・田崎史郎氏、ネトウヨ安倍応援団の八代英輝弁護士が出演している同番組だが、2020年はそういう個人のレベルではなく、番組じたいが菅首相の応援団と化していたからだ。

『ひるおび!』と菅首相の関係の近さはMCの恵俊彰が菅官房長官と会食したという噂も出回るなど、以前から有名で、2018年半ばからは、放送で露骨に菅ヨイショするシーンもしばしば見られるようになった。

 元号発表で菅氏の注目度が高まると、「令和おじさん」「パンケーキおじさん」「次期首相」と大はしゃぎで持ち上げたのはもちろん、菅原一秀・前経産相、河井克行・元法相、和泉洋人首相補佐官など菅側近の不祥事が次々と明らかになり菅官房長官が追い込まれていた時期も、菅官房長官の誕生日を番組で祝うほど。

 さらに「桜を見る会」問題の会見対応でボロボロになって多くのメディアが珍しく菅官房長官を批判していた際も、恵らは「安定のガースー」「安心感がある」などと無理やり擁護していた。

 しかし、ターボ全開になったのはやはり2020年、安倍首相が辞任を表明したあと。とにかく菅首相を誕生させようと番組一丸となってプロモーションを展開したのだ。

 象徴的なのは、柿崎明二・共同通信論説委員を頻繁に出演させ、ことあるごとに菅氏の出世譚や政治手腕などを熱く語らせたことだろう。

 柿崎氏がその後、すぐに菅内閣の補佐官に就任したことが、何よりその露骨な偏向を証明したが、『ひるおび!』には何の反省もなし。逆に“『ひるおび!』ファミリーが首相補佐官に!”とお祝いムードで「もう出てもらえないかな」「ダメもとでオファーしてみよう」などと大はしゃぎする始末だった。

 こんな調子だから、菅政権誕生後も、当然、菅応援団ぶりはより露骨になっていった。

 コロナ感染が徐々に拡大しているなかでも、例の携帯値下げ問題を何度も特集し、菅首相の手柄だと賞賛。学術会議問題でも田崎氏や八代弁護士らが学術会議をすり替え攻撃、菅首相を正当化し続けた。そして12月、支持率が急落すると、“安倍政権では常に味方だったはずの読売・産経の論調が変化し、菅首相を批判”などというマニアックな特集までして、菅首相をかばってみせた。

 最近は、さすがにコロナ対応の失態をめぐって厳しいツッコミもするようにはなったが、それでも「これ柿崎さんに言えばいいのかな」などと、自分たちが官邸に近いことを自慢している始末。そんな軽口を叩く前に、こんな酷い政権の誕生をアシストし、持ち上げてきた責任をとれ、という話だろう。

 しかも、ありえないのは、安倍政権、菅政権と通じて、これだけ政権擁護に偏った放送を繰り返しておいて、長くコメンテーターを務めてきた作家の室井佑月を突如降板させたことだ。室井は2020年5月、前新潟県知事の米山隆一と結婚したが、その米山前知事が11月27日、次期衆院選で新潟5区に立候補することを正式に表明。そのため、選挙出馬予定者の配偶者は情報番組のコメンテーターとして公平でなくふさわしくない、という判断があったというのが表向きの説明だ。

 しかし、配偶者とはいえあくまでそれぞれ独立した個人であり、選挙期間中の出演見合わせならともかく、選挙じたいいつ行われるかもわからないのに、降板させるというのは異例だ。実際、父親が田村憲久厚労相である田村真子アナウンサーや、夫が小泉進次郎環境相である滝川クリステルは、いまも変わらずTBSの情報番組に出演し続けている。もちろん、田村厚労相も小泉環境相も次期衆院選に必ず出馬するはずだが、なぜか降板になったのは室井だけなのだ。これ、ようするに、室井が政権批判を繰り返していたためではないか。

 田崎氏のような御用ジャーナリストに官邸の言い分を垂れ流させ、直後に首相補佐官として官邸入りするような人間に総裁選を解説させて、なんの反省も検証もない。それでいて、政権批判者を追放していく。立川志らく司会の『グッとラック!』を終わらせるらしいTBS だが、次は『ひるおび!』を終了するべきだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

アベノマスクも学術会議介入もGoToも擁護、もはや権力の「中の人」に…御用ジャーナリスト5位〜2位、そして大賞を発表のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。Go Toキャンペーンひるおび!三浦瑠麗平井文夫御用ジャーナリスト大賞橋下徹田崎史郎編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 スポーツ選手に五輪問題を問うのは誹謗中傷でない!有森裕子、平尾剛の発言
2 「救急搬送困難」続出で菅首相が「重症・重症化リスク以外は入院させない」の棄民方針!
3 東京は濃厚接触者も検査できない!それでも西村康稔は「直ちに検査を」
4 安倍晋三が「東京五輪」語るも、1年延期の理由は大嘘 歴史改ざん
5 検察審査会「不起訴不当」は当然!桜前夜祭の損失補填に安倍本人関与の根拠
6 福島で甲状腺がんがさらに増加も黙殺
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 五輪関係者が入国当日、築地を散歩! 
9 五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
10 感染3000人超でもテレビは五輪一色、加藤浩次が“五輪無罪”を主張
11 病床を削減した病院に消費税でご褒美…病床削減推進の改正医療法が成立か
12 IOC幹部の発言で安倍の責任が明白に…「1年以内延期」「再延期なし」ゴリ押し 
13 五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
14 感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
15 首相官邸のSNSはやはり電通が仕切っていた! 高橋まつりさんも母親に
16 川島なお美が近藤誠の診断を告発
17 菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
18 五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
19 椎名林檎が「国民全員が組織委員会」
20 久米宏が終了決定のTBSラジオで田中真紀子と
1検察審査会「不起訴不当」は当然!桜前夜祭の損失補填に安倍本人関与の根拠
2大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
3 スポーツ選手に五輪問題を問うのは誹謗中傷でない!有森裕子、平尾剛の発言
4「救急搬送困難」続出で菅首相が「重症・重症化リスク以外は入院させない」の棄民方針!
5安倍晋三が「東京五輪」語るも、1年延期の理由は大嘘 歴史改ざん
6五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
7菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
8感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
9五輪入場行進にすぎやまこういちの曲、杉田水脈のLGBT差別に同調
10五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
11五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
12感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
13五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
14組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
15感染3000人超でもテレビは五輪一色、加藤浩次が“五輪無罪”を主張
16五輪入場行進曲の作曲者名カットはすぎやまこういち隠し?それとも
17東京は濃厚接触者も検査できない!それでも西村康稔は「直ちに検査を」

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄