渡部建問題で橋下徹らのコメントは“性搾取・女性蔑視”容認だ!「世間は女性の人権と言うけど本人たちは…」「なんで断らなかった」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
渡部建問題で橋下徹のコメントは性搾取・女性蔑視容認だ!「世間は女性の人権と言うけど本人たちは…」「なんで断らなかった」の画像1
『バイキングMORE』で被害者批判を展開した橋下氏


 いったい何だったのかという声が上がっているアンジャッシュ・渡部建の会見。渡部への批判が再燃する一方、なぜかワイドショーやネットでは「レポーターのほうがひどい」「渡部がかわいそう」「家族に謝ればいい話」「会見で謝罪する必要があったのか」「ここまで質問攻めにあわなければいけないのか」などと、渡部同情論も巻き起こっている。

 たしかに、レポーターの質問には首を傾げたくなるものも多数あったし、これが大手芸能事務所所属の芸能人だったらここまで追及されていないだろう。

 しかし、これは単なる不倫スキャンダルなどではなく、渡部建が複数の女性を性のはけ口としていたという、性的搾取・ハラスメント問題である。渡部が結婚しているか否かにかかわらず、渡部が批判されるのも活動を控えるのも当然だ。そして、まともな説明も反省もないまま、わずか半年でお笑い番組で(しかも恐らくは問題をネタにして)復帰するとなれば、その経緯について追及を受けるのも当たり前だ。

 結局、これが“単なる不倫スキャンダルではなく女性蔑視の問題”であるという認識が抜け落ちているから、こうした安易な同情論が生まれるのだ。

 それどころか最悪なのが、相手女性を責め、女性をモノ扱いする差別行為を肯定するような発言がまたぞろ見られることだ。たとえば、会見翌日4日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ)に出演していた橋下徹・元大阪市長の発言などはその典型だろう。

 この日の『バイキング』では3時間近い番組時間のほとんどを使って渡部の会見を扱ったのだが、そのなかで橋下氏は相手女性について、「この女性たちは本当に傷ついているのか」「なんで断らなかったのか」「渡部さんと女性との間に暴力的なものや、彼が女性をだますようなことがあったのかが重要なのでは」などと繰り返し言及した。

 橋下氏は番組でまず、こう切り出した。

「女性は傷ついているんですか? そこはどうなんですか」
「渡部さんとのお付き合いのなかで、女性が本当に傷ついたんだったら、第三者の僕が言うことじゃないんですけれども、渡部さんがしっかり対応すればいい話なんですけれど。なんか女性がものすごい傷ついて傷ついて傷ついて、世間的には女性の人権とかどうのこうの言うんですけど、本人たちはそういう意識なんですか。」

 こうした橋下氏の発言に対して、渡部の会見にも出席した芸能レポーターの島田薫氏が「渡部さんが言うには合意のもとだったというので、もし傷ついていたとしたら渡部さんは気づいていない」と解説すると、橋下氏は「合意」という言葉に食いつくようにこう話した。

「いちばん報じなきゃいけないのはその部分でね。女性が、わかんないですよ、わかんないですけど、渡部さんとのそういう関係のなかで、いろんな状況のなかで、ある程度納得して、合意してっていうんだったら、そこはしっかり言わなきゃいけないし、傷ついているんだったら、傷ついている。なんかそこを曖昧にして。なんかこの対応のところだけを。アンフェア。」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

渡部建問題で橋下徹らのコメントは“性搾取・女性蔑視”容認だ!「世間は女性の人権と言うけど本人たちは…」「なんで断らなかった」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ゆきぽよバイキングMOREミソジニー女性蔑視指原莉乃橋下徹渡部建編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅首相がこんな時期に山田太郎からネット指南、GoTo予算組み替えも拒否
2 石原伸晃議員が入院した国立大附属病院を「視察」していた
3 信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 
4 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
5 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
6 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
7 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
8 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
9 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
12 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
13 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
14 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
15 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
16 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
17 キンコン西野批判こそ「お金の奴隷」だ
18 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
19 ゴーンが会見で「逮捕を仕掛けた政府関係者の実名」告発を取りやめた理由!
20 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
1 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
2ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
4吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
5特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
6河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
7 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
8蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
9 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
10石原伸晃議員が入院した国立大附属病院を「視察」していた
11 菅首相がこんな時期に山田太郎からネット指南、GoTo予算組み替えも拒否
12バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
13信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄