指原莉乃が山口真帆の卒業公演“極秘視察”に同伴していた男! 不祥事でAKS社長を辞めた秋元康の盟友といまも…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
指原莉乃が山口真帆の卒業公演極秘視察に同伴していた男! 不祥事でAKS社長を辞めた秋元康の盟友といまも…の画像1
フジテレビ『ワイドナショー』5月5日放送回より


 NGT48暴行事件・被害者の山口真帆が大手芸能プロ「研音」に所属することが明らかになった。すでに山口の卒業公演は5月18日に行われており、結局、暴行事件は真の責任者が追及されることのないまま、幕引きされそうな気配が濃厚になっている。

 しかし、その一方で、気になる報道があった。5月20日、東京スポーツのニュースサイト「東スポWeb」に「指原莉乃“山口真帆卒業公演”を極秘視察 運営幹部就任の期待」という記事が掲載されたのだ。

 記事によれば、指原は卒業公演を見るために新潟の劇場にまで足を運んだという。指原はNGTとは直接、関係がない上、4月28日のコンサートをもってHKT48を卒業したばかり。それがわざわざ新潟まで出かけていたとは……。

 ただ、一方で、指原は卒業後もAKB48グループに関わり続ける予定で、すでに全曲書き下ろし曲で構成されるHKT48の新劇場公演をプロデュースすると発表されている。

 そんなところから、「東スポWeb」は、指原に“幹部”のようなポジションでAKB48グループに関わり続けることを期待する声が多いと書き、〈グループの運営幹部的な存在として手腕を発揮するのか。アイドルからは卒業しても、指原から目が離せない〉と結んでいた。

 しかし、指原自身はこの報道を否定。ツイッターで〈私は自分より何十年も生きている人の人事を決めたり、未成年含む100人以上の人生を預かれるほどの人間ではありません。もちろん向こうだってそう思ってるだろうからお話すら来ていませんし、もし来ても断ります〉と明言し、AKB48グループやAKSに“幹部”のようなポジションで入ることはないと綴った。

 ただ、記事のなかに書かれていた、ある興味深い情報に関しては否定することはなかった。

「東スポWeb」によれば、指原はひとりで新潟の劇場公演を見たわけではないようだ。記事には「AKB全盛期に運営会社の社長を務めていた人物も一緒におり、タクシーで一緒に移動するなど、行動をともにしていた」との関係者のコメントが掲載されている。

 記事では具体的な名前にまでは触れていないが、〈AKB全盛期に運営会社の社長を務めていた人物〉というのは、どう考えても、AKSの前代表取締役社長である窪田康志氏のことだろう。指原がツイートのなかでこの部分に関しては否定していないところをみると、記述はおそらく事実だとみられる。

 窪田氏は秋元康氏、芝幸太郎氏とともに、AKB48というプロジェクトを発足させた人物で、2006年に設立された運営会社・AKSは秋元(A)、窪田(K)、芝(S)という3人の頭文字をとったもの。なかでも窪田氏は最大の出資者といわれ、2014年6月までAKSの社長を務めていた。

 しかし、窪田氏はもうひとりの芝氏とともに、スキャンダルや不祥事が原因でAKSを追われていたのではなかったのか。

 窪田氏といえば、特定メンバーとの親密な関係を報じられたことがあるほか、「週刊文春」(文芸春秋)2011年8月11日・18日合併号では野球賭博の常習者で、年間で1億円単位の巨額を違法な野球賭博に使っていたと報じられたこともある。

 窪田氏がAKSの社長を退任することになったのも金がらみの不祥事が原因だとされている。「週刊文春」2014年7月31日号によれば、AKSの親会社であるパチンコメーカーの京楽が窪田氏の金遣いの荒さを問題視し、話し合いの末に現在の社長である吉成夏子氏がAKS社長に就任することになったという。

「文春」は、経営に関する話し合いの過程で、窪田氏の乱脈経営が次々と明るみになったとも報じていた。そのひとつがAKB48卒業後に篠田麻里子が手がけるアパレルブランド・ricori。窪田氏はこの事業に対して億単位の巨額融資を行っているが、この資金がAKSから出ていたというのである。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

指原莉乃が山口真帆の卒業公演“極秘視察”に同伴していた男! 不祥事でAKS社長を辞めた秋元康の盟友といまも…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48AKS山口真帆指原莉乃林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 吉村洋文知事「命の選別」発言は事実! “治療を高齢者から若者に”
2 『スシローと不愉快な仲間たち』12 安倍首相の寒すぎるポエム
3 安倍が宇野教授を任命拒否したのは宇野教授の父から批判された逆恨みか
4 菅首相に飛ばされた元総務官僚が語った恐怖支配!「あそこまでひどい人は…」
5 検察がつかんだ「桜」前夜祭の公選法違反証拠!費用補填800万円の明細
6 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
7 中居がすべらない話でJのタブーに!
8 安倍政権御用ジャーナリスト5位〜大賞発表!
9 ウーマン村本がよしもと社長からの圧力を激白!
10 THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
11 小田嶋隆・武田砂鉄対談 前編 ツイッターで安倍政権とどう向き合うか?
12 学術会議任命拒否 宇野重規教授が書評「暴君」論で菅首相批判か
13 菅首相が生出演『ニュースウオッチ9』めぐり内閣広報官がNHKに圧力
14 大阪のコロナおざなり対策が酷すぎる!重症病床使用率もごまかし
15 菅首相の遅すぎる「GoTo見直し」はキャンセル料補填しないためか!
16 『あさが来た』は籾井の機嫌取り企画
17 コロナ再拡大の最大の戦犯は菅首相!専門家の指摘無視「静かなマスク会食」
18 大阪都構想住民投票に58億円 吉村知事「イソジン会見」の裏側も発覚
19 橋下徹がコロナ対策過剰論を主張するため「熱中症ではそんな対策してない」
20 『スシローと不愉快な仲間たち』11 「ほんこんおもんない」が証明したもの
1菅首相が生出演『ニュースウオッチ9』めぐり内閣広報官がNHKに圧力
2菅首相に飛ばされた元総務官僚が語った恐怖支配!「あそこまでひどい人は…」
3 安倍晋三が調子に乗っている! 極右集団「創生日本」再始動
4菅首相の遅すぎる「GoTo見直し」はキャンセル料補填しないためか!
5大阪のコロナおざなり対策が酷すぎる!重症病床使用率もごまかし
6菅、安倍、森がバッハ来日で…コロナ隠しにGoTo続行、NHKに圧力
7コロナ再拡大の最大の戦犯は菅首相!専門家の指摘無視「静かなマスク会食」
8検察がつかんだ「桜」前夜祭の公選法違反証拠!費用補填800万円の明細
9 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
10吉村洋文知事「命の選別」発言は事実! “治療を高齢者から若者に”
11安倍が宇野教授を任命拒否したのは宇野教授の父から批判された逆恨みか
12 学術会議任命拒否 宇野重規教授が書評「暴君」論で菅首相批判か
13『スシローと不愉快な仲間たち』12 安倍首相の寒すぎるポエム
14小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
15小田嶋隆・武田砂鉄対談 前編 ツイッターで安倍政権とどう向き合うか?

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄