NGT48暴行問題で山口真帆が謝罪強要を訴えるも運営は無視! 第三者委員会も運営も秋元康の責任隠蔽

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
NGT48暴行問題で山口真帆が謝罪強要を訴えるも運営は無視! 第三者委員会も運営も秋元康の責任隠蔽の画像1
ファンから暴行を受けた山口だったが…


 AKSはやはりまったく反省していなかったらしい。例のNGT48暴行事件問題をめぐり、本日会見を開いたのだが、とんでもない代物だった。

 昨日、第三者委員会による報告書が公表されたことを受けて、AKSの運営責任者である松村匠取締役、早川麻依子NGT48劇場支配人、岡田剛同副支配人の3人が会見。この会見はニコニコ生放送などを通じて生中継されていたのだが、その放送を見ていたと思しき山口真帆が、リアルタイムでAKS側の説明に異議を申し立てるツイートを連投した。

〈私は松村匠取締役に1月10日の謝罪を要求されました。
私が謝罪を拒んだら、
「山口が謝らないのであれば、同じチームのメンバーに生誕祭の手紙のように代読という形で山口の謝罪のコメントを読ませて謝らせる」と言われました。
他のメンバーにそんなことさせられないから、私は謝りました〉

 山口は1月8日から翌日にかけて、ファンから受けた暴行事件の存在や、それに関する不誠実な運営の対応を告発。その後にNGT48劇場で行われたNGT48の3周年記念イベントの壇上で騒動を起こしたことを謝罪させられた。暴行事件の被害者が逆に謝罪に追い込まれるという異様な事態はCNNにも取り上げられるなど国際的な問題に発展したが、その謝罪が松村取締役による指示だということが暴露されたわけである。

 会見が行われている間、山口はさらに、〈今回は皆様をお騒がせて申し訳ありません。色々話してスッキリしたこともありますし誤解してたこともあります。これがきっかけになったらと思います。頑張りますのでどうぞ応援よろしくお願いします〉と書かれた文章の画像を添付したうえで、このような主張も投稿した。

〈なんで嘘ばかりつくんでしょうか。
本当に悲しい。
松村匠取締役が当初言うように考えた文章です。
他のメンバーに謝らせることはできないから、謝るしかなかったけど、
スッキリも誤解もしていないし、どうしてもこの言葉は使いたくないと違う文章を考えて何度も交渉しました〉

 しかし、3時間近くにおよんだ会見の最後にこの文章について質問を受けた松村取締役は、このように断言した。

「これは私がアレしたものではありません」
「本人が誰かとやりとりしたのかどうか、それはわからないですけど、私ではない、ということは事実でございます」

 まるで山口が嘘でもついているような言い草だが、山口は詳細な経緯も明かしており、運営側の責任逃れとしか思えない。

 会見では他にも、報告書に見受けられる齟齬や事実確認について記者から指摘が続くなか、松村取締役をはじめ出席者は答えをはぐらかすような対応に終始し、被害者である山口真帆を慮る姿勢や、人命に関わるタレントの安全管理の問題に真正面から向き合う姿勢はついぞ見られなかった。

 会見もはぐらかしばかりだったが、昨日出された第三者委員会の報告書も実態を解明したとは言いがたい内容だった。

 とくに批判を浴びているのは、タレントの安全管理ができなかった原因を、「都市部が狭いこと」「公共交通機関が大都市と比べて発達していないこと」などとして、新潟の地域性のせいにしていることだ。

 会見のなかで松村取締役が報告書の指摘は否定したが、当たり前だ。

 報告書には他にも重大な不備がある。

 前述の「謝罪強要」をはじめ、事件後にAKSおよびNGT48運営が山口に対して再三行ってきた「嫌がらせ」のような措置についての言及がほとんどないことだ。報告書を読む限り、こうした事情や経緯について一番詳しいはずの今村悦朗・前NGT48劇場支配人にきちんとしたヒアリングを行ったとは思えない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

NGT48暴行問題で山口真帆が謝罪強要を訴えるも運営は無視! 第三者委員会も運営も秋元康の責任隠蔽のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKBAKSNGT48山口真帆早川麻依子秋元康編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
2 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
3 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
4 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
5 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
6 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
7 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
10 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
11 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
12 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
13 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
14 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
15 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
16 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
17 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
18 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
19 嵐メンバーの意外な恋愛事情
20 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
1菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
2ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
4菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
5吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
6特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
7安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
8菅首相 緊急事態宣言の記者会見で露呈したヤバさ!結婚式みたいなセリフが
9 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
10蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
11 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
12河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄