立川志らくが『グッとラック!』で“偽史”確定の「江戸しぐさ」デマを堂々喧伝! 批判殺到も「素晴らしい文化を消し去るのか」と開き直り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
立川志らくが『グッとラック!』で偽史確定の「江戸しぐさ」デマを堂々喧伝! 批判殺到も「素晴らしい文化を消し去るのか」と開き直りの画像1
『グッとラック!』番組HPより


 あの立川志らくが、またぞろTwitterで炎上している。志らくといえばご存知、“反ポリコレの頑固オヤジキャラ”を気取って雑な発言をテレビで連発中の落語家だが、そうした発言が視聴者から批判されるとSNSで逆ギレ、たびたびTwitterが炎上することに定評がある御仁。今回、志らくがお得意の“逆ギレ癇癪芸”を見せているのは、MCを務める『グッとラック!』(TBS)で、有名なフェイクである「江戸しぐさ」をさも事実かのように言いふらしたことが原因のようだ。

 8月21日の放送でのこと。番組では、連日の猛暑対策として「日傘」を特集したのだが、スタジオで志らくは「江戸時代に男性の日傘は一回禁止になった」などとコメント。続けて、“人とすれ違うときには雨傘を傾ける”などと語りながら「江戸しぐさと言うんですよ」などと自信満々で発言したあげく、「だが日傘だと江戸しぐさをしないから江戸っ子はぶつかって喧嘩になったので、日傘の禁止令が出た」なる“珍解説”を披露したのである。

 念のため言っておこう。ここで志らくが語っている“お互いに傘を外側に傾けて、相手の体に傘の雫がかからないようにする”というのは「傘かしげ」と言われ、「江戸しぐさ」なるものの代表例とされているが、これはとっくのとうに「近年に創作された偽史」であることがバレている。数年前に“江戸時代に学ぶマナー”なる文脈でブームになった「江戸しぐさ」だが、それ自体、ようは“捏造”されたものなのだ。

 偽史・偽書の専門家である歴史研究家の原田実氏によれば、「江戸しぐさ」は1980年代に提唱されはじめた現代の創作で、実際の江戸の風ぞくとはかけ離れていた。2014年には文科省が作成・配布した道徳教材「私たちの道徳」に掲載されるなど教育現場にまで広まっていき、大きな物議を醸していたのだが、この原田氏の検証をはじめとして、今では「江戸しぐさ」は“トンデモ嘘歴史”という事実が一般にも知れ渡っている。たとえば、志らくが番組で披露した「傘かしげ」についても、原田氏は〈誤解に基づく創作〉と断じ、〈実際の江戸の生活では実用性がない上、傍迷惑になりかねないしぐさだったということだろう〉と分析しているとおりだ(『江戸しぐさの正体』星海社新書、2014年)。

 にもかかわらず、志らくはよりにもよって全国放送の情報番組で得意げに「江戸しぐさ」を語ってしまったのである。そりゃあ、Twitterで「デマだ」とツッコミが相次いだのも当然だろう。ところが、志らくはそうした指摘に逆ギレし、こんなツイートを放ったのだ。

〈グッとラックでの江戸しぐさ。デマだとか都市伝説だと言う人がいるが、学術的に証拠がなく近代において広まった言葉と言われている。でも私は細い路地で譲り合うとかそういった文化は間違いなく下町の東京にはあったし江戸時代にもあったと思う。素晴らしい文化だからデマの一言で消しやるのはどうなの〉(8月21日)

 意味不明な開き直りとしか言いようがないだろう。これには、一般ユーザーからも〈落語家が『江戸しぐさ』を真に受けるなんて、プロ野球選手が『大リーグボールは本当にあった。あれは素晴らしい投球だ』と本気で信じてるくらい恥ずかしい話〉などとツッコミが相次ぎ、さらには前述の「江戸しぐさ」の虚構を徹底検証した原田実氏も〈問題は「江戸しぐさ」の内容およびその創始者が語る江戸文化は鉄道や電話機や冷蔵庫や洋傘の普及を前提に成立していることですね。「江戸しぐさ」の中で江戸時代に「本当にあったもの」で確認できているのは「むくどり」という軽佻浮薄な人を揶揄する言い回しのみ〉と反応した。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

立川志らくが『グッとラック!』で“偽史”確定の「江戸しぐさ」デマを堂々喧伝! 批判殺到も「素晴らしい文化を消し去るのか」と開き直りのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。グッとラック!原田実江戸しぐさ立川志らく編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
2 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
3 萩生田文科相が芸者あげてノーマスク会食! ワイドショーは追及せず
4 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
5 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
6 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
7 安倍は原爆の日も核兵器禁止条約を黙殺
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
10 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
11 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
12 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
13 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
14 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
15 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
16 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
17 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
18 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
19 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
20 菅官房長官のトークのポンコツぶりが話題に!
1菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
2ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
4菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
5吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
6特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
7安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
8菅首相 緊急事態宣言の記者会見で露呈したヤバさ!結婚式みたいなセリフが
9河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
10 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
11蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
12 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
13バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄