立川志らくが『グッとラック!』で“偽史”確定の「江戸しぐさ」デマを堂々喧伝! 批判殺到も「素晴らしい文化を消し去るのか」と開き直り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
立川志らくが『グッとラック!』で偽史確定の「江戸しぐさ」デマを堂々喧伝! 批判殺到も「素晴らしい文化を消し去るのか」と開き直りの画像1
『グッとラック!』番組HPより


 あの立川志らくが、またぞろTwitterで炎上している。志らくといえばご存知、“反ポリコレの頑固オヤジキャラ”を気取って雑な発言をテレビで連発中の落語家だが、そうした発言が視聴者から批判されるとSNSで逆ギレ、たびたびTwitterが炎上することに定評がある御仁。今回、志らくがお得意の“逆ギレ癇癪芸”を見せているのは、MCを務める『グッとラック!』(TBS)で、有名なフェイクである「江戸しぐさ」をさも事実かのように言いふらしたことが原因のようだ。

 8月21日の放送でのこと。番組では、連日の猛暑対策として「日傘」を特集したのだが、スタジオで志らくは「江戸時代に男性の日傘は一回禁止になった」などとコメント。続けて、“人とすれ違うときには雨傘を傾ける”などと語りながら「江戸しぐさと言うんですよ」などと自信満々で発言したあげく、「だが日傘だと江戸しぐさをしないから江戸っ子はぶつかって喧嘩になったので、日傘の禁止令が出た」なる“珍解説”を披露したのである。

 念のため言っておこう。ここで志らくが語っている“お互いに傘を外側に傾けて、相手の体に傘の雫がかからないようにする”というのは「傘かしげ」と言われ、「江戸しぐさ」なるものの代表例とされているが、これはとっくのとうに「近年に創作された偽史」であることがバレている。数年前に“江戸時代に学ぶマナー”なる文脈でブームになった「江戸しぐさ」だが、それ自体、ようは“捏造”されたものなのだ。

 偽史・偽書の専門家である歴史研究家の原田実氏によれば、「江戸しぐさ」は1980年代に提唱されはじめた現代の創作で、実際の江戸の風ぞくとはかけ離れていた。2014年には文科省が作成・配布した道徳教材「私たちの道徳」に掲載されるなど教育現場にまで広まっていき、大きな物議を醸していたのだが、この原田氏の検証をはじめとして、今では「江戸しぐさ」は“トンデモ嘘歴史”という事実が一般にも知れ渡っている。たとえば、志らくが番組で披露した「傘かしげ」についても、原田氏は〈誤解に基づく創作〉と断じ、〈実際の江戸の生活では実用性がない上、傍迷惑になりかねないしぐさだったということだろう〉と分析しているとおりだ(『江戸しぐさの正体』星海社新書、2014年)。

 にもかかわらず、志らくはよりにもよって全国放送の情報番組で得意げに「江戸しぐさ」を語ってしまったのである。そりゃあ、Twitterで「デマだ」とツッコミが相次いだのも当然だろう。ところが、志らくはそうした指摘に逆ギレし、こんなツイートを放ったのだ。

〈グッとラックでの江戸しぐさ。デマだとか都市伝説だと言う人がいるが、学術的に証拠がなく近代において広まった言葉と言われている。でも私は細い路地で譲り合うとかそういった文化は間違いなく下町の東京にはあったし江戸時代にもあったと思う。素晴らしい文化だからデマの一言で消しやるのはどうなの〉(8月21日)

 意味不明な開き直りとしか言いようがないだろう。これには、一般ユーザーからも〈落語家が『江戸しぐさ』を真に受けるなんて、プロ野球選手が『大リーグボールは本当にあった。あれは素晴らしい投球だ』と本気で信じてるくらい恥ずかしい話〉などとツッコミが相次ぎ、さらには前述の「江戸しぐさ」の虚構を徹底検証した原田実氏も〈問題は「江戸しぐさ」の内容およびその創始者が語る江戸文化は鉄道や電話機や冷蔵庫や洋傘の普及を前提に成立していることですね。「江戸しぐさ」の中で江戸時代に「本当にあったもの」で確認できているのは「むくどり」という軽佻浮薄な人を揶揄する言い回しのみ〉と反応した。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

立川志らくが『グッとラック!』で“偽史”確定の「江戸しぐさ」デマを堂々喧伝! 批判殺到も「素晴らしい文化を消し去るのか」と開き直りのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。グッとラック!原田実江戸しぐさ立川志らく編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 共産党議員の不可解書類送検の裏に安倍の元秘書官の埼玉県警本部長就任
2 駐豪大使が「旭日旗が見られて喜ばしい」とツイート、豪でも批判が殺到!
3 防衛省が予算増PRのためインフルエンサー100人に接触計画、一体誰が?
4 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
5 高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
8 倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
9 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
10 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
11 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
12 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
13 河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
14 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
15 安倍「徴用工でなく労働者」と言い換えも麻生家の炭鉱は「朝鮮人地獄」
16 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
17 BTSの『Mステ』締め出しは原爆を口実にした韓国ヘイト
18 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
19 室井佑月の『ひるおび!』降板で麻木久仁子が滝川クリステルに疑問
20 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
3八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
4八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
5八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
6総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
8 共産党議員の不可解書類送検の裏に安倍の元秘書官の埼玉県警本部長就任
9高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
10 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
11倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
12高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!
13 防衛省が予算増PRのためインフルエンサー100人に接触計画、一体誰が?
14DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
15駐豪大使が「旭日旗が見られて喜ばしい」とツイート、豪でも批判が殺到!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄