横田滋さんの死で蓮池透さんが語った危機感!「家族会、救う会の“日本会議”化に抗する最後の砦だったのに」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

安倍首相の放置と「救う会」の政治利用に耐え続けた横田さん

──安倍首相は滋さんの死を受けて、会見で“断腸の思い”と言っていました。少しは反省しているんでしょうか。

 蓮池 とてもそうは思えない。「断腸の思い」なんて言葉だけですよ。安倍首相は今年2月、有本恵子さんのお母さん、嘉代子さんが亡くなったときは、「痛恨の極み」と発言しましたが、ただ政治家用常套句を言い換えただけです。だいたい“断腸”などという言葉は残された家族の言葉です。安倍さんが言うセリフではない。
 いつものことですが、安倍さんは言葉だけ、しかも軽いんです。これまでも「果断に行動する」「任期中に解決する」「政治生命をかける」と繰り返し勇ましく語ってきました。しかし、結果はどうなのか。積極的な行動なんて何もしていない。被害者家族にはかない夢を見させるだけで放置した。拉致問題を政治的に利用して、“闘う政治家”イメージをつくりあげ、排外ナショナリズムを煽り、それを武器に2回も総理大臣になったのに、何も事態を進められていないわけです。国民もいい加減、認識を変えるべきですよ。

──亡くなった横田さんはそうした安倍首相の、安倍政権の拉致問題政治利用についてどう考えていたのでしょう。

 蓮池 純粋な方なんで、安倍さんにそれなりの期待はあったと思います。最初は信頼感もあったと思う。ですから表立って政府や外務省、安倍さんの批判は絶対しなかった。しかし時が経つにつれ、“何なんだろう”という思いは心のなかにはあったと思います。安倍さんに対しても、全幅の信頼というより、消去法で仕方がないという消極的な支持だったと思っています。他に誰がいるんだ、やってくれるんだ、と。たとえば私の母など、総理だろうと大臣だろうとズケズケと意見を言いますが、滋さんは「批判はしないでね」と逆に諌めて、その場をおさめるような感じでした。「家族会」代表という立場もあった。もし政府や安倍首相と全面対決という構図になったら、問題解決はさらに遠のく。ですから表立った政治批判、政権批判はしないと、そういうふうに考えておられたのかな。もちろんお酒を飲むと、やっぱり本音がちらっと出ます。やはり大きなストレス、苦悩があったのは間違いないでしょう、酒の量も増えていった。でも本当に温厚な方で。自分の意見を声高に主張するのでなく、代表としてみんなの意見を聞いて、調整役に徹していた。だから、政治家や官僚は横田さんを利用して、つけこんでくる。たとえば、外務省の人なんか「具体的に何をやっているんですか」と聞くと、返ってくるのが「外交上の問題ですから」という言葉なんです。便利な言葉ですよね、外交上の問題です、秘密ですと。それで何十年も誤魔化されてきた。私なんかは激怒していたんですが、それに対しても滋さんは文句を言わなかった。
「救う会」の批判も聞いたことがありません。過激な活動方針を出されても「わかりました」と受け入れてきた。でも、実際は苦しかったんじゃないでしょうか。「家族会」の代表を辞めたのも体調の問題に加えて、「救う会」との調整が辛くなったという部分はあると思います。実際、「救う会」は逆に解決を先延ばしさせるために、年々ハードルを上げ続けてきましたからね。最初は全員帰国、次は全員一括帰国、そして全員一括即時帰国。安倍さんの逃げ道をつくっているとしか思えない。まるで拉致被害者を救うのではなく、安倍首相を救う会のようです。
 ただ、滋さんはそれでも表立って、批判しなかった。私から見ると、よく耐えていたなと。たとえば2016年、横田夫妻がモンゴル・ウランバートルで初めてキム・ウンギョンさんと面会し、同行した夫や生後10カ月のひ孫と過ごした際に撮られた6枚の写真を「週刊文春」(文藝春秋)が掲載しましたが、その後、横田夫妻は「写真は横田家から提出したものではない」という声明を出した。これだって「救う会」から圧力をかけられたからです。それでも横田さんは自分を抑え、「救う会」の言うことに従った。
 私が、横田さんが「救う会」に激怒しているのを見たのは一度だけ。酒の席で「救う会」幹部を大声で怒鳴りつけたんですが、本当にその一度きりでした。
 いまになって思えば、滋さんにはもっと自分を出してほしかった。でも立場上できなかったんです。
 実際、代表を辞めた後も、滋さんは強硬派と穏健派の調整役をしていました。ぶつかり合いの調整役になって融和的な路線にしようと。そう考えると、貴重な人を亡くしてしまったと本当に思います。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

横田滋さんの死で蓮池透さんが語った危機感!「家族会、救う会の“日本会議”化に抗する最後の砦だったのに」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。北朝鮮安倍晋三拉致問題救う会横田めぐみ横田滋編集部蓮池透の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 “G7でぼっち”菅首相フォローのため甘利明やFNNが妄想ストーリー
2 「五輪子ども動員」強行のために東京都が“キャンセル案内文書”を隠蔽!
3 五輪の有観客開催強行のため菅首相が会見で空疎な嘘を連発!
4 組織委が五輪取材の海外メディアに「隔離0日」になる“抜け穴”例文を提示!
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 G7で“借りてきたネコ”状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク!
7 五輪映画監督の河瀨直美が露骨な五輪礼賛発言、反対の声を八つ当たり扱い!
8 国会延長拒否の菅政権が「土地規制法案」だけ強行採決へ!その危険な中身
9 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
10 「大阪の自宅死が全国最多」でも吉村知事を追及できないマスコミ 朝日も…
11 高須院長が田中事務局長と鈴木宗男に超法規的なリコール期限延長を陳情
12 吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
13 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
14 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
15 JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係,
16 平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
17 五輪組織委の現役職員が異常な人件費と中抜きの実情を告発!
18 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
19 パブリックビューイング中止は嘘!井の頭、日比谷、上野は開催、代々木公園も
20 植村隆の名誉毀損裁判で不当判決!櫻井よしこの捏造を無視
1JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係,
2五輪組織委の現役職員が異常な人件費と中抜きの実情を告発!
3炎上、竹中平蔵がYouTubeで「一部の既得権者が利益」とおまゆう発言
4「大阪の自宅死が全国最多」でも吉村知事を追及できないマスコミ 朝日も…
5変異株クラスター発生のなか…政府は病床使用率の変更
6組織委が五輪取材の海外メディアに「隔離0日」になる“抜け穴”例文を提示!
7「五輪子ども動員」強行のために東京都が“キャンセル案内文書”を隠蔽!
8G7で“借りてきたネコ”状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク!
9平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
10国会延長拒否の菅政権が「土地規制法案」だけ強行採決へ!その危険な中身
11吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
12高須院長が田中事務局長と鈴木宗男に超法規的なリコール期限延長を陳情
13“G7でぼっち”菅首相フォローのため甘利明やFNNが妄想ストーリー
14五輪の有観客開催強行のため菅首相が会見で空疎な嘘を連発!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄