ポイント還元事業でも電通に307 億円、倍増の政府広報費も半分が電通…安倍政権の異常な電通優遇はネット情報操作の見返りか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ポイント還元事業でも電通に307 億円、倍増の政府広報費も半分が電通…安倍政権の異常な電通優遇はネット情報操作の見返りかの画像1
電通HP


安倍首相が新型コロナ対策として第一次補正予算で約1.7兆円も計上した「Go Toキャンペーン」にキナ臭い動きが出てきた。「Go To」の事務委託費が上限3095億円にもなるとして批判が高まっていたが、政府は事務局事業者の公募締め切り日である8日を待たずに募集をいったん中止し、事業者公募を観光や飲食といった分野ごとに担当省庁が個別に委託先の公募をやり直すと決めたのだ。

中小・個人事業者向けの「持続化給付金」で“再委託で電通に丸投げ”の事実が発覚し問題となっている最中に、突然の公募取りやめ──。本サイトでは既報で「Go To」事業も委託先は「すでに電通で決まっている」という噂が広告業界で広がっていることを紹介したが、この噂どおり、「Go To」の事務局委託は電通で決定していたものの、批判の高まりを受けて白紙に戻したということではないのか。

 しかも、政府と電通の“癒着”疑惑はまったく晴れていない。まず「持続化給付金」事業ではさらに電通グループが給付金をめちゃくちゃな規模で食い物にしている構図が明らかになった。この事業では経済産業省が事務業務を電通のダミー法人と思われる一般社団法人サービス推進協議会に769億円で委託し、サービスデザイン推進協議会がそのうち749億円を電通に再委託していた。ところが、電通は自分たちではほとんど何もやらず、事業の大半を外注。「管理・運営費」として104億円の金を中抜きしていたのだ。しかも電通はさらに、電通ライブ、電通デジタル、電通などの子会社5社に外注。そこからまたパソナなどに外注されておりその金額が公表されていないため正確な総額はわかっていないが、わかっているだけでも少なくとも約154億円が電通グループに流れる仕組みになっているのだ。

 これは、新型コロナで国民の逼迫する生活を救うための給付金を悪用して、電通グループに利益が転がり込むようにスキームがつくられていたということではないか。

 しかも、政府事業の電通への不信な金と仕事の流れは、持続化給付金だけではない。問題となっているサービスデザイン推進協議会は、持続化給付金以外に13件もの事業を経産省から受託し、そのうち6件を電通グループに再委託していたことが判明している。

 また、サービスデザイン推進協議会以外でも、電通は安倍政権下で山ほど政府の給付・補助金事業を受注してきた。そのことを象徴するのが、サービスデザイン推進協議会が入居する雑居ビルの問題だ。

 サービスデザイン推進協議会は電通本社にほど近い中央区築地の雑居ビルに実態のほとんどない事務所を置いているが、この雑居ビルには、多くの政府の補助金事業の事務局が入っている。

 たとえば、サービスデザイン推進協議会と同じフロア(2階)に「商店街まちづくり事業事務局」。3階には「中心市街地再生事業事務局」「農商工連携等によるグローバルバリューチェーン構築事業事務局」「小売・ふるさと名物開発応援事業事務局」「商店街インバウンド促進支援事業事務局」……。

 実はここに名前を挙げた事業は、すべて電通がその事務局を請け負っているのだ。

 さらに、安倍政権が総額約7750億円もの予算を計上してきたキャッシュレス決済還元事業でも「持続化給付金」と同じ構図の問題が浮上している。6日付の朝日新聞によると、キャッシュレス決済のポイント還元事業の事務局を政府から受託した「一般社団法人キャッシュレス推進協議会」は、受託費の約93%にあたる約316億円で電通や野村総合研究所などに事業の大半を再委託。なかでも電通の再委託費は約307億円にものぼるという。

 じつはこの「キャッシュレス推進協議会」については、3日の衆院経産委員会でも問題となっていた。中小企業庁側は同協議会について「協議会の職員は16人。事務局として港区新橋に6フロア200人の体制を組んでいる」と説明。しかし、立憲民主党の川内博史衆院議員の調査によると、その新橋にある協議会の所在地は10平米くらいの大きさしかなく机が最大4つしか置けないレンタルオフィス。その上、同協議会もやはりサービスデザイン推進協議会と同様、法律で義務づけられている決算公告をおこなっていないことが判明している。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ポイント還元事業でも電通に307 億円、倍増の政府広報費も半分が電通…安倍政権の異常な電通優遇はネット情報操作の見返りかのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。Go Toキャンペーンポイント還元安倍晋三政府公報編集部自民党電通の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
2 大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
3 ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
4 止まらない岡田晴恵バッシング!「週刊新潮」が「予言外れた」と的外れ批判
5 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
6 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
7 デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
8 安倍晋太郎が山口会長に「金儲けの秘訣を教えて」と懇願した夜
9 自民党のネット誹謗中傷対策メンバーの平井卓也が女性蔑視書き込み
10 靖国神社が天皇に参拝を要請する前代未聞の傲慢行動
11 三浦瑠麗に自民党山口県連から54万円、田崎史郎にも計38万円
12 菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
13 区立中学の性教育に自民党が圧力!
14 葵つかさが「松潤とは終わった」と
15 三原じゅん子が「政権を握っているのは総理大臣だけ」と無知発言
16 倒産したジャパンライフと安倍側近
17 休みも残業代も0!美容師のブラック労働
18 「桜を見る会」ジャパンライフ招待問題にマスコミが消極的な理由
19 小籔だけじゃない、おかずクラブや尼神インターも政府PR
20 警視庁捜査、ジャパンライフと安倍政権
1菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
2菅官房長官がテレビでもポンコツ露呈!『報ステ』では徳永有美に陰険クレーム
3 菅官房長官のトークのポンコツぶりが話題に!
4安倍首相は本当に病気だったのか? 辞任表明以降一度も病院に行かず
5つるの剛士が畑泥棒を「近くの工場で働いてる外国人」「あそこ怪しすぎる」
6デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
7安倍首相が昨晩、フルコースを完食しワイン、ゴルフの約束まで! 
8ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
9菅政権の官房長官に決定 加藤勝信厚労相がコロナ対応で見せた無能
10菅義偉“総理”誕生で権力のために不正を働く「忖度官僚」だらけに
11総裁選で自民党がまた新聞社に圧力文書!
12大坂なおみの黒人差別抗議マスクに冷ややかなマスコミとスポンサー
13台風を理由にテレビ討論欠席も菅官房長官は“災害対応おざなり”の常習犯!
14大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
15小泉今日子が怒りの反論「共産党から出馬」ガセ情報は内調の仕掛けか
16菅内閣が「第三次安倍政権」化! 6月の時点で密約説
17河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
18三浦瑠麗が特別講師「N高政治部」で麻生太郎が民主主義否定の暴言
19日産への政府保証1300億円は「半沢直樹」のモデル日本航空の倍!
20『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄