官製デマによる『モーニングショー』一斉攻撃はやはり安倍官邸の命令だった! コロナ対応批判封じ込めで官邸幹部が指示

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
官製デマによる『モーニングショー』一斉攻撃はやはり安倍官邸の命令だった! コロナ対応批判封じ込めで官邸幹部が指示の画像1
厚労省ツイートのほうが「デマ」だとあきらかにした6日放送の『モーニングショー』


 厚生労働省、内閣官房、自民党広報のSNSが一斉に『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)を名指しし、その報道内容を否定したことが「言論弾圧につながる」として大きな問題になっている。当然だろう。何しろ、今回の行為は事実の訂正などではなく、報道をデマ呼ばわりするため役所や官邸のほうが事実を捻じ曲げ、虚偽の情報をふりまき、正当な論評を無理やり否定していたのだ。

 本サイトは、6日の記事(https://lite-ra.com/2020/03/post-5296.html)で、この言論弾圧が「安倍官邸による指示があった可能性が高い」と指摘した。同じタイミングで、複数の政府機関や与党がデマまで駆使して一斉に『モーニングショー』を攻撃したことがあまりに不自然だったからだ。

 当の『モーニングショー』出演者である玉川徹も、厚生労働省の反論ツイートを検証し、逆に厚労省の嘘を喝破した6日放送回で、こんな指摘をしていた。

「間違いはあります、誰でも。我々の番組でも間違いがあれば訂正するわけです。僕が疑問なのは、なぜ、うちの番組の名前を名指ししてこの時期にこのツイッターを出したかなんです。僕が興味があるのは」
「なんで、この時期にちゃんと事実確認をしないで正しくない日本語を使って、厚生労働省が名指しでやったんだろうということに僕は回答が欲しいんです。これは番組としてではなく個人的に」

玉川もまた「官邸から『モーニングショー』を黙らせろと指示があったのではないか」という疑念を抱いていたのだろう。

そして、この疑念はやはり事実だった。毎日新聞が3月7日付朝刊で新型コロナ 政府、ワイドショーに何度も反論 官邸幹部が指示」と打ったのだ。同紙によると、首相官邸幹部が「事実と異なる報道には反論するよう指示した」と明かしたという。

「『モーニングショー』潰しを指示した首相官邸幹部は、“影の総理”の異名を持つ今井尚哉首相補佐官ではないかといわれている。これまでのパターンだと、メディアに圧力をかけるのは菅官房長官の役目だが、最近、菅官房長官は安倍首相から外され気味で、コロナ対応はほとんど今井補佐官が仕切っている。ところが、その対応策がことごとく裏目に出ているため、今度は必死になって批判をつぶそうとしはじめたということだろう。とくに『モーニングショー』は政府の後手後手対応批判の急先鋒で、視聴率も高いからね」(全国紙政治部記者)

一方、菅官房長官が記者会見で「事実関係の誤りを指摘するなど政府から必要な発信をすることが自由な論評を阻害することになるとは考えられない」と述べたことから、菅官房長官も同様の指示を出したという見方もあるが、いずれにしても、首相官邸から各省庁に反論しろ、と指令がいっていたのは事実だ。これは紛れもなく、自分たちの失態を隠すための批判封じ込め、言論弾圧といっていいだろう。

 しかし、メディアやネットを見ていると、この期に及んでまだ、「政府は反論しただけで圧力とは言えない」などという意見が散見される。くだんの菅官房長官の言葉をそのまま引用して「事実関係の誤りがあったら反論するのは当たり前」などとしたり顔で語る“中立厨”も少なくない。

 いったい連中はどういうリテラシーをしているのだろう。繰り返すが、今回、事実関係を歪め、デマを振りまいたのは政府のほうなのだ。『モーニングショー』は医療機関でマスクが足りていない現状を指摘して「まず医療機関に配らないとダメだ」と提言しただけなのに、厚生労働省のツイッターはそれを否定するために、全然できていないマスクの医療機関の優先配布をすでにやったかのように言い張った。内閣官房のツイートも同様だ。新型インフルエンザ特措法改正の動きについて「安倍首相が『後手後手』批判を払拭するため」と分析したごく当たり前の論評を否定にかかり、そのために「現行の新型インフルエンザ等対策特別措置法では未知のウイルスしか対象としていない」などと、条文にもないことまででっちあげた。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

官製デマによる『モーニングショー』一斉攻撃はやはり安倍官邸の命令だった! コロナ対応批判封じ込めで官邸幹部が指示のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。安倍晋三新型コロナウイルス玉川徹編集部羽鳥慎一モーニングショーの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅首相が米メディアから「五輪を進めるのは無責任」と質問され無視する愚行
2 日本城タクシー坂本社長が橋下徹を再び論破!「アホな議論」と一刀両断
3 名古屋リコール不正で維新市議が関与を証言!吉村知事、松井市長の責任
4 吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
5 吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
6 汚染処理水・海洋放出の蛮行に加え安倍が顧問の「原発新増設」推進議連
7 海外から批判も政府と組織委は五輪強行、選手に特別な感染対策を実施
8 菅首相が緊急事態宣言を出さないのは五輪開催のため ワクチンも五輪選手優先
9 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
10 橋下徹が西村大臣のPCR検査擁護で検査封じの責任に頰被り
11 DHC吉田会長がNHKに「社員のほとんどがコリアン系」とヘイトデマ
12 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
15 広末、妊娠でドラマ辞退は無責任!?
16 青木理『モーニングショー』降板 政権批判コメンテーターを排除か
17 稲垣吾郎MC のNHK番組が日本の五輪ナショナリズム批判!
18 菅首相が「まん防」で宣言解除の“責任ごまかし”図るも、変異株拡大で手遅れ
19 竹田恒泰の「差別主義」を認めた東京地裁の判決文を改めて紹介
20 極右ヘイトの企業経営者総まくり(前)
1吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
2日本城タクシー坂本社長が橋下徹を再び論破!「アホな議論」と一刀両断
3菅首相が米メディアから「五輪を進めるのは無責任」と質問され無視する愚行
4池江璃花子復活劇を五輪強行派が利用! 門田隆将や安倍前首相も便乗ツイート
5名古屋リコール不正で維新市議が関与を証言!吉村知事、松井市長の責任
6吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
7「桜前夜祭」問題で辞職した安倍事務所の配川秘書が密かに復職か!
8NHKが聖火リレー中継から五輪反対の声をカット!北京五輪のような情報統制
9萩生田文科相「子どもが変異株に感染しやすいという知見ない」とデマまがい
10汚染処理水・海洋放出の蛮行に加え安倍が顧問の「原発新増設」推進議連
11菅首相が緊急事態宣言を出さないのは五輪開催のため ワクチンも五輪選手優先
12DHC吉田会長がNHKに「社員のほとんどがコリアン系」とヘイトデマ
13海外から批判も政府と組織委は五輪強行、選手に特別な感染対策を実施
14マリエ問題で出川はCMゼロも…松本人志も公の電波で枕営業を煽る発言

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄