田崎史郎がコロナ問題で安倍政権擁護のため医者と患者を攻撃! 検査体制ないのに「町医者は検査しろ」「熱が出て旅行いくな」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

安倍政権が乗客をクルーズ船から下船させなかった本当の理由を田崎史郎がポロリ

 いや、この千葉県70代女性のケースだけではない。田崎氏は他に『ひるおび!』で、あからさまに安倍政権側の目線で新型コロナ問題を捉えていることを“白状”していた。たとえば同じ21日の放送では、例の橋本岳厚労副大臣がTwitterでクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」の船内写真をアップして〈左手が清潔ルート、右側が不潔ルートです〉と投稿、逆にゾーンニングが全くできていないことを証明した問題に話題が及んだ際、田崎氏は「なんでこんなの写真に撮ってツイッターに載せるんですかね(笑)」とコメント。モロに安倍政権目線の発言には、さすがに恵からも「そっちですか、お怒りは」と呆れられていた。

 ほかにも、14日の放送では、スタジオでも新型コロナウイルスの検査対象拡大が求められるなか、田崎氏だけは「厚労省の指示っていうことじゃなくて、現場が実態的に動き始めてるんじゃないかと思うんですけども、お医者さんレベルで」と発言。岡田晴恵・白鴎大学特任教授から「やっぱり厚労省が指示を出さないと、自治体独自にまかせるっていうのは無理がある」と速攻で否定されていた。

 さらに田崎氏はこの間、安倍政権への批判が高まった「ダイヤモンド・プリンセス号」留め置き問題について、専門家たちがその無意味さを指摘し「早く下船させるべきだ」と声をあげているにもかかわらず、頑なに「乗客たちを出したら感染が拡散することになる」などと言って、政府の対応を必死に擁護していた。

 しかし、20日の『ひるおび!』では、医師である久住英二氏から「早い段階で下船させたほうがいい」と否定されると、田崎氏は明らかに動揺し、なんと、安倍政権の“本音”を口走ってしまったのである。

「ええ、ええ……。だから、そうなってきた場合、国民の反応が持つかってことですね。クルーズ船で実際に起きたと。その方々を何の検査もなしに下船させてしまったと、その時に国内の状況がどうなるかってことです。それを政府は恐れたってことですね」

 政治評論風に言っているが、コレ、支持率の低下を恐れた安倍政権が、単に「やってる感」の演出のために留め置きと乗客の船内軟禁をしていたということを、“御用ジャーナリスト”が思わず認めてしまったってことだろう。実際、久住医師もこう返していた。

「まさにその政府の反応事態がパニックだったと思います。科学的には、うーんそうなのかな(と首を傾げる)という決断が多々なされているというふうに私は見ていました」

 安倍政権を擁護するために「下船させない政府の方針は正しい」と吹聴するつもりが、専門家に簡単に論破され、逆に安倍政権がいかにパニックを起こし、被害を拡大させる無能集団かを証明してしまった田崎氏。“オウンゴール”とはまさしくこういうことを言うのだろうが、いずれにしても、はっきりしていることがある。

 このまま、安倍首相に新型コロナウイルスの対応をまかせていれば、どうなるか。そして、この期におよんで、こんな無能政権の擁護をするため、感染者や民間の医師たちを叩き、科学的根拠や事実と真逆のことを宣伝する“御用ジャーナリスト”を放置してしまえば、何が起きるか。

 ますます取り返しのつかないことになるのは、火を見るより明らかだ。連中は、自分たちの“延命”のために、国民の生命と生活を犠牲にしようとしている。もうこれ以上、騙されるわけにはいかない。

最終更新:2020.02.23 12:09

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

田崎史郎がコロナ問題で安倍政権擁護のため医者と患者を攻撃! 検査体制ないのに「町医者は検査しろ」「熱が出て旅行いくな」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ひるおび!ダイヤモンド・プリンセス号安倍晋三山本佳奈恵俊彰新型コロナウイルス橋本岳厚田崎史郎編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
2 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
3 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
4 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
5 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
6 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
7 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
10 稲田防衛相はレイシストと蜜月と最高裁が
11 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
12 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
13 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
14 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
15 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
16 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
17 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
18 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
19 菅政権が医療逼迫するなか195億円かけて「病床削減」する狂気の沙汰!
20 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
1菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
2ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
4菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
5 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
6吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
7特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
8河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
9 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
10蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
11 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
12バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄