田崎史郎がコロナ問題で安倍政権擁護のため医者と患者を攻撃! 検査体制ないのに「町医者は検査しろ」「熱が出て旅行いくな」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

田崎の「よく熱が出て旅行に行くなあ」に恵俊彰は「そこは置いておきましょうよ」

 さらに、普段は田崎氏にまる乗っかりするMCの恵俊彰すら、山本医師の指摘を受けて「本当にそういう(検査ができる)日本になってるんだったら『わかりましたコロナ調べましょうか』ってなればいいですけど、いまできないわけじゃないですか」「この方は氷山の一角で、ひょっとしたらこういう人たちは何人もいるかもしれない。一週間前の日本はこうだったってことなんですよ、現実はね」と反論した。すると田崎氏は、今度は攻撃対象を70代の女性個人に切替えたのである。

「38度って言いましたっけ。よく38度の熱が出て旅行に行くなあって思いますよ、僕は」

 “町のお医者さん”に責任をすり替えたと思ったら、次は、よりにもよって新型コロナウイルス に感染してしまった人を非難する。呆れてしまうが、これも恵が「そこは置いておきましょうよ、行けたんだから。でも具合が悪いから、あれおかしいなって。結局調べて、二つ、三つ(の医療機関を受診して)でたどり着くわけです。こういう例が他にもあるかもしれない」と反論していたように、明らかに破綻した“自己責任論”だ。

 実際、この女性のケースを見れば、当初、他の人に感染の恐れがあるインフルエンザを自分で疑って医療機関へ行っている。そのとき、新型コロナであることがわからなかったのは、繰り返すが、国の検査体制の問題であって、間違っても当人の責任ではない。

 さらに言えば、田崎氏は「高熱なら旅行に行くな」と説教しているが、旅行じゃなく仕事などに行くケースもあるだろう。それがどれだけ難しいことか、田崎氏はわかっているのか。たとえば厚労省は、17日に新型コロナウイルスに関する相談や受診の目安を示した際、「発熱など風邪の症状がある時は学校や会社を休んでください」と呼びかけたが、新型コロナウイルス陽性の診断を受ける前に自主判断で会社を休んだ場合、賃金の補償は必ずしもなされない。

 本サイトでも指摘したように、厚労省がHPに掲載している「新型コロナウイルスに関する事業者・職場のQ&A」(企業の方向け)の2月13日時点版では、「労働者が新型コロナウイルスに感染したため休業させる場合、休業手当はどのようにすべきですか」という問いに対して、政府は〈新型コロナウイルスに感染しており、都道府県知事が行う就業制限により労働者が休業する場合は、一般的には「使用者の責に帰すべき事由による休業」に該当しないと考えられますので、休業手当を支払う必要はありません〉と答えていた。更新された21日時点版でも、「労働者が発熱などの症状があるため自主的に休んでいます。休業手当の支払いは必要ですか」という問いについてこう答えている。

〈会社を休んでいただくよう呼びかけをさせていただいているところですが、新型コロナウイルスかどうか分からない時点で、発熱などの症状があるため労働者が自主的に休まれる場合は、通常の病欠と同様に取り扱っていただき、病気休暇制度を活用することなどが考えられます。〉

 ようするに、今になっても政府は、自主的に休む場合は「通常の病欠」と同じ扱いにせよと言っているのだ。つまり、無給か有給休暇をとれというのである。これで「会社を休んでいただくよう呼びかけをさせていただいている」などと言うのだから、無茶苦茶にもほどがあるが、田崎氏は「熱があるのだからコロナを疑って外出するな」というふうに言うことで、こうした政府の酷い対応を隠してしまっているのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

田崎史郎がコロナ問題で安倍政権擁護のため医者と患者を攻撃! 検査体制ないのに「町医者は検査しろ」「熱が出て旅行いくな」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ひるおび!ダイヤモンド・プリンセス号安倍晋三山本佳奈恵俊彰新型コロナウイルス橋本岳厚田崎史郎編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 石原伸晃議員が入院した国立大附属病院を「視察」していた
2 菅首相がこんな時期に山田太郎からネット指南、GoTo予算組み替えも拒否
3 信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 
4 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
5 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
6 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
9 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
10 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
11 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
12 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
13 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
14 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
15 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
16 菅政権が医療逼迫するなか195億円かけて「病床削減」する狂気の沙汰!
17 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
18 キンコン西野批判こそ「お金の奴隷」だ
19 ゴーンが会見で「逮捕を仕掛けた政府関係者の実名」告発を取りやめた理由!
20 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
1 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
2ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
4吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
5特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
6河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
7 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
8石原伸晃議員が入院した国立大附属病院を「視察」していた
9蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
10 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
11 菅首相がこんな時期に山田太郎からネット指南、GoTo予算組み替えも拒否
12バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
13信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄