田崎史郎がコロナ問題で安倍政権擁護のため医者と患者を攻撃! 検査体制ないのに「町医者は検査しろ」「熱が出て旅行いくな」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
田崎史郎がコロナ問題で安倍政権擁護のため医者と患者を攻撃! 検査体制ないのに「町医者は検査しろ」「熱が出て旅行いくな」の画像1
21日の『ひるおび!』に出演する田崎氏


 新型コロナウイルスをめぐる安倍政権の対応に大きな批判が集まるなか、テレビのワイドショーでは“あの人”がトンデモな政権擁護ロジックを展開、醜態を晒している。そう、“安倍官邸御用ジャーナリスト”の田崎史郎氏だ。

 そもそも田崎氏は医療の専門家でもなんでもないにもかかわらず、連日、『ひるおび!』(TBS)に出演しており、新型コロナへの政府対応を“解説”。21日の放送では、新型コロナウイルス陽性が発覚した千葉県で70代の女性に関して、政府の検査体制の不備を認めず、あげく、“町の医者がよくない”と民間に責任転嫁しようとしていた。

 千葉県の発表等によると、この女性は今月14日夜に発熱。15日、インフルエンザ感染を疑って千葉県内の医療機関Aを受診したところ陰性の診断を下され、16日に電車で羽田空港へ向かった。女性はツアー参加者40名と観光バスで岐阜県などへ移動していたのだが、18日、体調が悪いため岐阜県の医療機関Bを受診すると気管支炎と診断される。さらに19日、千葉県の医療機関Cを受診すると肺炎像が見つかり、新型コロナウイルス感染症の疑いで検体採取。20日に陽性が確認され、千葉県の医療機関Dに入院した。

 この女性のように、当初、新型コロナウイルスの検査を受けられず感染発覚が遅れる、あるいは、潜在的感染者がいまだ発覚されていないというケースはかなりあると見られるが、『ひるおび!』で田崎氏はこう言い出したのだ。

「これは最初にかかったお医者さんが、インフルエンザ陰性ならば、しかし熱が高いとなったなら、この段階で新型コロナウイルスの疑いをかけなきゃいけない」
「町のお医者さんが、ちょっと新型コロナウイルスの可能性あるから、調べてみようかってことは言えなかったのかなと思うんですね」

 言っておくが、厚労省が「風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上(高齢者や持病を抱えている場合は2日以上)続く人」と帰国者・接触者相談センターに相談する目安を出したのは、17日のことだ。女性が千葉県内の医療機関Aを受診した段階では、条件は「37.5度以上の発熱や咳などがあり、2週間以内に中国の湖北省・浙江省に滞在したか、滞在した人と濃厚接触した人」と極めて限定されていた。つまり、インフルエンザが陰性でその後に新型コロナ陽性が判明した千葉県70代女性の場合、当初、そもそも検査や相談の条件を満たしていなかったのである。

 この検査にかかるまでのハードルの高さは、これまで専門家からも散々指摘されており、ようやく厚労省は17日になって対象を拡大したわけだ。この女性以外にも、政府の基準や目安に“はじかれた”ことで、発熱等があっても新型コロナウイルスへ感染がわからない人は大勢いる。

 しかも民間の医療機関が患者の新型コロナウイルス感染を疑い、保健所や検査機関に検査を依頼しても、断られるというケースもいまに至るまで多数報告されている。

 逆に言えば、こうしたケースはまさに体制整備が遅々として進まない安倍政権の失態にほかならない。にもかかわらず、あろうことか田崎氏は“町の医者が悪い”と民間に責任を押し付けようとしたのだ。

 あきらかに安倍政権へ批判の矛先が向かないためのスリカエとしか思えないが、しかし、この詐術は速攻でバレてしまった。スタジオで、田崎氏のコメントを受けた医師の山本佳奈氏がこう指摘したのである。

「発熱が前日で、その次の日きて、インフルじゃなくてコロナを疑うっていう……もちろん疑ったかもしれないですけど、現実として検査がまだできないので、やっぱり(医師は)様子見てねってことをきっと伝えたと思うんですけど、まあこれ旅行ですけど、たとえば仕事があったとかだったらやっぱり行かないといけないというケースがきっとあるだろうし、そういったご意見もあるので、なるべくなら検査も民間の医療機関で早くできるようにしてほしい」

田崎の「よく熱が出て旅行に行くなあ」に恵俊彰は「そこは置いておきましょうよ」

 さらに、普段は田崎氏にまる乗っかりするMCの恵俊彰すら、山本医師の指摘を受けて「本当にそういう(検査ができる)日本になってるんだったら『わかりましたコロナ調べましょうか』ってなればいいですけど、いまできないわけじゃないですか」「この方は氷山の一角で、ひょっとしたらこういう人たちは何人もいるかもしれない。一週間前の日本はこうだったってことなんですよ、現実はね」と反論した。すると田崎氏は、今度は攻撃対象を70代の女性個人に切替えたのである。

「38度って言いましたっけ。よく38度の熱が出て旅行に行くなあって思いますよ、僕は」

 “町のお医者さん”に責任をすり替えたと思ったら、次は、よりにもよって新型コロナウイルス に感染してしまった人を非難する。呆れてしまうが、これも恵が「そこは置いておきましょうよ、行けたんだから。でも具合が悪いから、あれおかしいなって。結局調べて、二つ、三つ(の医療機関を受診して)でたどり着くわけです。こういう例が他にもあるかもしれない」と反論していたように、明らかに破綻した“自己責任論”だ。

 実際、この女性のケースを見れば、当初、他の人に感染の恐れがあるインフルエンザを自分で疑って医療機関へ行っている。そのとき、新型コロナであることがわからなかったのは、繰り返すが、国の検査体制の問題であって、間違っても当人の責任ではない。

 さらに言えば、田崎氏は「高熱なら旅行に行くな」と説教しているが、旅行じゃなく仕事などに行くケースもあるだろう。それがどれだけ難しいことか、田崎氏はわかっているのか。たとえば厚労省は、17日に新型コロナウイルスに関する相談や受診の目安を示した際、「発熱など風邪の症状がある時は学校や会社を休んでください」と呼びかけたが、新型コロナウイルス陽性の診断を受ける前に自主判断で会社を休んだ場合、賃金の補償は必ずしもなされない。

 本サイトでも指摘したように、厚労省がHPに掲載している「新型コロナウイルスに関する事業者・職場のQ&A」(企業の方向け)の2月13日時点版では、「労働者が新型コロナウイルスに感染したため休業させる場合、休業手当はどのようにすべきですか」という問いに対して、政府は〈新型コロナウイルスに感染しており、都道府県知事が行う就業制限により労働者が休業する場合は、一般的には「使用者の責に帰すべき事由による休業」に該当しないと考えられますので、休業手当を支払う必要はありません〉と答えていた。更新された21日時点版でも、「労働者が発熱などの症状があるため自主的に休んでいます。休業手当の支払いは必要ですか」という問いについてこう答えている。

〈会社を休んでいただくよう呼びかけをさせていただいているところですが、新型コロナウイルスかどうか分からない時点で、発熱などの症状があるため労働者が自主的に休まれる場合は、通常の病欠と同様に取り扱っていただき、病気休暇制度を活用することなどが考えられます。〉

 ようするに、今になっても政府は、自主的に休む場合は「通常の病欠」と同じ扱いにせよと言っているのだ。つまり、無給か有給休暇をとれというのである。これで「会社を休んでいただくよう呼びかけをさせていただいている」などと言うのだから、無茶苦茶にもほどがあるが、田崎氏は「熱があるのだからコロナを疑って外出するな」というふうに言うことで、こうした政府の酷い対応を隠してしまっているのだ。

安倍政権が乗客をクルーズ船から下船させなかった本当の理由を田崎史郎がポロリ

 いや、この千葉県70代女性のケースだけではない。田崎氏は他に『ひるおび!』で、あからさまに安倍政権側の目線で新型コロナ問題を捉えていることを“白状”していた。たとえば同じ21日の放送では、例の橋本岳厚労副大臣がTwitterでクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」の船内写真をアップして〈左手が清潔ルート、右側が不潔ルートです〉と投稿、逆にゾーンニングが全くできていないことを証明した問題に話題が及んだ際、田崎氏は「なんでこんなの写真に撮ってツイッターに載せるんですかね(笑)」とコメント。モロに安倍政権目線の発言には、さすがに恵からも「そっちですか、お怒りは」と呆れられていた。

 ほかにも、14日の放送では、スタジオでも新型コロナウイルスの検査対象拡大が求められるなか、田崎氏だけは「厚労省の指示っていうことじゃなくて、現場が実態的に動き始めてるんじゃないかと思うんですけども、お医者さんレベルで」と発言。岡田晴恵・白鴎大学特任教授から「やっぱり厚労省が指示を出さないと、自治体独自にまかせるっていうのは無理がある」と速攻で否定されていた。

 さらに田崎氏はこの間、安倍政権への批判が高まった「ダイヤモンド・プリンセス号」留め置き問題について、専門家たちがその無意味さを指摘し「早く下船させるべきだ」と声をあげているにもかかわらず、頑なに「乗客たちを出したら感染が拡散することになる」などと言って、政府の対応を必死に擁護していた。

 しかし、20日の『ひるおび!』では、医師である久住英二氏から「早い段階で下船させたほうがいい」と否定されると、田崎氏は明らかに動揺し、なんと、安倍政権の“本音”を口走ってしまったのである。

「ええ、ええ……。だから、そうなってきた場合、国民の反応が持つかってことですね。クルーズ船で実際に起きたと。その方々を何の検査もなしに下船させてしまったと、その時に国内の状況がどうなるかってことです。それを政府は恐れたってことですね」

 政治評論風に言っているが、コレ、支持率の低下を恐れた安倍政権が、単に「やってる感」の演出のために留め置きと乗客の船内軟禁をしていたということを、“御用ジャーナリスト”が思わず認めてしまったってことだろう。実際、久住医師もこう返していた。

「まさにその政府の反応事態がパニックだったと思います。科学的には、うーんそうなのかな(と首を傾げる)という決断が多々なされているというふうに私は見ていました」

 安倍政権を擁護するために「下船させない政府の方針は正しい」と吹聴するつもりが、専門家に簡単に論破され、逆に安倍政権がいかにパニックを起こし、被害を拡大させる無能集団かを証明してしまった田崎氏。“オウンゴール”とはまさしくこういうことを言うのだろうが、いずれにしても、はっきりしていることがある。

 このまま、安倍首相に新型コロナウイルスの対応をまかせていれば、どうなるか。そして、この期におよんで、こんな無能政権の擁護をするため、感染者や民間の医師たちを叩き、科学的根拠や事実と真逆のことを宣伝する“御用ジャーナリスト”を放置してしまえば、何が起きるか。

 ますます取り返しのつかないことになるのは、火を見るより明らかだ。連中は、自分たちの“延命”のために、国民の生命と生活を犠牲にしようとしている。もうこれ以上、騙されるわけにはいかない。

最終更新:2020.02.23 12:09

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

田崎史郎がコロナ問題で安倍政権擁護のため医者と患者を攻撃! 検査体制ないのに「町医者は検査しろ」「熱が出て旅行いくな」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ひるおび!ダイヤモンド・プリンセス号安倍晋三山本佳奈恵俊彰新型コロナウイルス橋本岳厚田崎史郎編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 小室圭さんをとにかく糾弾したいワイドショーの事実歪曲とグロテスクな差別性
2 菅と河野が嘯く「ワクチン9月完了を合意」は嘘!実際はファイザーCEOに相手にされず
3 マリエ問題で出川はCMゼロも…松本人志も公の電波で枕営業を煽る発言
4 日本城タクシー坂本社長が橋下徹を再び論破!「アホな議論」と一刀両断
5 菅首相が米メディアから「五輪を進めるのは無責任」と質問され無視する愚行
6 名古屋リコール不正で維新市議が関与を証言!吉村知事、松井市長の責任
7 吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
8 吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
9 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
10 佳子内親王の「姉の一個人の希望を」に批判殺到はおかしい
11 DHC吉田会長がNHKに「社員のほとんどがコリアン系」とヘイトデマ
12 海外から批判も政府と組織委は五輪強行、選手に特別な感染対策を実施
13 玉川徹が『バイキング』の小室圭さんバッシングの嘘を批判!
14 「かまいたち山内」にネトウヨ疑惑…排外主義や嫌韓ツイートにも「いいね」
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 汚染処理水・海洋放出の蛮行に加え安倍が顧問の「原発新増設」推進議連
17 眞子内親王の婚約者バッシングの裏
18 稲垣、草なぎ、香取がJタブーをポロリ
19 青木理に官邸の仕掛けで不倫情報
20 菅首相が緊急事態宣言を出さないのは五輪開催のため ワクチンも五輪選手優先
1 吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
2 日本城タクシー坂本社長が橋下徹を再び論破!「アホな議論」と一刀両断
3 菅首相が米メディアから「五輪を進めるのは無責任」と質問され無視する愚行
4 名古屋リコール不正で維新市議が関与を証言!吉村知事、松井市長の責任
5 吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
6 菅と河野が嘯く「ワクチン9月完了を合意」は嘘!実際はファイザーCEOに相手にされず
7 NHKが聖火リレー中継から五輪反対の声をカット!北京五輪のような情報統制
8 萩生田文科相「子どもが変異株に感染しやすいという知見ない」とデマまがい
9 汚染処理水・海洋放出の蛮行に加え安倍が顧問の「原発新増設」推進議連
10 菅首相が緊急事態宣言を出さないのは五輪開催のため ワクチンも五輪選手優先
11 DHC吉田会長がNHKに「社員のほとんどがコリアン系」とヘイトデマ
12 海外から批判も政府と組織委は五輪強行、選手に特別な感染対策を実施
13 マリエ問題で出川はCMゼロも…松本人志も公の電波で枕営業を煽る発言
14 小室圭さんをとにかく糾弾したいワイドショーの事実歪曲とグロテスクな差別性

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄