池上彰とカズレーザーがフジ特番で日韓右派合作のフェイク本『反日種族主義』に丸乗っかりして韓国ヘイト! その間違いを徹底検証する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

池上彰が触れなかった『反日種族主義』著者の正体と日本の極右歴史修正主義の関係

 しかも、池上の番組は『反日種族主義』のもう一つの問題に、いっさい触れなかった。それは、同書が“日韓右派の合作”だということだ。

 そもそも、『反日種族主義』には、明らかに学術的研究を超えた特定の政治的意図が込められている。番組ではほとんどスルーされていたが、編著者の李栄薫氏をはじめとする同書の著者のほとんどは、いわゆる韓国の「ニューライト」に属する。「ニューライト」というのは、革新系政治に反対し、「日本による植民地時代が韓国近代化の礎を築いた」なる「植民地近代化論」の論陣を張ることが多い韓国の保守系グループで、その政治思想的傾向から日本の右派と極めて相性がいい。事実、以前から韓国のニューライト運動については、産経新聞らが繰り返し好意的に取り上げてきた。

 しかも、ハンギョレ新聞によると、『反日種族主義』は〈韓国での出版前から日本語版の出版が計画されていた〉。事実、日本語版の巻末には「編集協力」として、産経新聞の久保田るり子編集委員とともに、慰安婦否定派の急先鋒で“安倍首相のブレーン”のひとりと言われる西岡力・麗澤大学客員教授の名前がクレジットされている。しかも、西岡氏によれば、同書の著者のひとりで徴用工に関わる部分を主に執筆している李宇衍氏は「自分の友人」だ。

 ちなみに、李宇衍氏は2019年7月、国連欧州本部で開かれたシンポジウムに出席し、徴用工問題に関して「強制性はなく、賃金差別もなく、奴隷労働というのは嘘である」という趣旨の発表をおこなったが、実は、李宇衍氏を国連に連れて行ったのは、あのテキサス親父日本事務局長・藤木俊一氏。ハンギョレ新聞によると、藤木氏は李宇衍氏のジュネーブへの往復航空運賃と5泊6日の滞在費用も負担したという。

 こうした事実を見ても、『反日種族主義』を仕掛けた韓国のニューライトと、日本の極右歴史修正界隈の思惑が一致していることは明らかだろう。にもかかわらず、池上彰の番組は、こうした政治的な思惑には触れず、『反日種族主義』にまる乗っかりし、池上もカズレーザーらコメンターテーも「韓国の反日は歴史の捏造でつくられたもの」「反日に逃げるのはおかしい」と印象操作したのだ。しかも、徴用工問題や日韓請求権問題などに詳しい日韓リベラル派の専門家の解説などは、まったく取り上げることがなかった。

 しかも、この日の番組で問題だったのは『反日種族主義』だけではない。たとえば旭日旗について「ヘイトスピーチの現場で使われている旗」という指摘も紹介するも、そのあとに菅義偉官房長官の「旭日旗のデザインは大漁旗や出産、節句の祝い旗あるいは海上自衛隊など日本国内で広く使用されており、これが政治的主張だとか軍国主義の主張だという指摘は全く当たらない」という見解を強調。池上が「つまり帝国海軍はこの旗を使ったけれどもそれより前から日本国内ではごく一般的に使われてきた」などと解説したのだ。戦後一度は消滅した海軍軍艦旗旗を帝国海軍出身者たちが、まさにその帝国海軍のメンタリティを継承しようと自衛隊旗として復活させたという史実を無視し、旭日旗の問題を、韓国だけが過剰反応しているかのように矮小化したのである。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

池上彰とカズレーザーがフジ特番で日韓右派合作のフェイク本『反日種族主義』に丸乗っかりして韓国ヘイト! その間違いを徹底検証するのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。カズレーザーフジテレビヘイト反日種族主義徴用工日曜THEリアル!池上彰編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 松井府知事と橋下徹の台風対応が酷い!
2 投票呼びかけに松本人志が「軽い感じで行かれても」と投票抑圧発言
3 菅田将暉らの「投票呼びかけ動画」参加のローラに差別丸出しのバッシング
4 小室圭さんをとにかく糾弾したいワイドショーの事実歪曲とグロテスクな差別性
5 玉川徹が『バイキング』の小室圭さんバッシングの嘘を批判!
6 安倍、甘利、麻生、山口が立憲と共産党へのデマ攻撃!
7 眞子内親王をPTSDにした小室圭さんバッシングの裏にある差別的本質!
8 佳子内親王の「姉の一個人の希望を」に批判殺到はおかしい
9 甘利幹事長に「闇パーティ」広告塔疑惑
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
12 Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
13 維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
14 大阪医療崩壊でも吉村知事が緊急事態宣言の要請を遅らせた理由
15 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
16 田崎史郎ら御用が垂れ流す「安倍さんは人事に不満」説の嘘,
17 千原せいじの不倫をなぜか賛美するワイドショーの男尊女卑
18 佳子さまはなぜ学習院をやめたか
19 甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
20 安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
1Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
2甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
3安倍、甘利、麻生、山口が立憲と共産党へのデマ攻撃!
4ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
5Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
6菅田将暉らの「投票呼びかけ動画」参加のローラに差別丸出しのバッシング
7維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
8投票呼びかけに松本人志が「軽い感じで行かれても」と投票抑圧発言
9岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
10辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
11岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
12安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄