池上彰とカズレーザーがフジ特番で日韓右派合作のフェイク本『反日種族主義』に丸乗っかりして韓国ヘイト! その間違いを徹底検証する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
池上彰とカズレーザーがフジ特番で日韓右派合作のフェイク本『反日種族主義』に丸乗っかりして韓国ヘイト! その間違いを徹底検証するの画像1
2日放送の『日曜THEリアル!・池上彰SP』(番組HPより)


 2日放送の『日曜THEリアル!・池上彰SP』(フジテレビ)が「韓国“反日主義”の行方2020池上彰緊急取材」と題して“韓国の反日”を特集したのだが、その内容はあまりにひどいものだった。あの『反日種族主義』(李栄薫・編著)に完全に依拠して、「韓国は嘘と捏造ばかり」「嘘の歴史で反日攻撃している」とまくしたてたのだ。

 番組では、徴用工問題や韓国での日本製品不買運動、旭日旗問題などを取り上げたうえで、MCの池上彰と三田友梨佳アナウンサーが韓国を取材したVTRを放送。昨年、日韓両国でベストセラーとなり、日本では極右界隈に絶賛されている書籍『反日種族主義』をメインで扱った。同書を「実証的な歴史研究に基づいて、韓国の反日の根元や歴史認識に大きな嘘があったことなどが書かれ、自国を痛烈に批判している」などと紹介し、編著者の李栄薫(イ・ヨンフン)・元ソウル大学教授に池上らがインタビューするという内容だ。驚くのは、『反日種族主義』が主張している“韓国の嘘”に、池上彰が全面的に同調していたことだ。

 たとえば李氏が「種族主義」という言葉について「本質的な特徴は強力な閉鎖性、また敵対心が強いということ。特に日本に対しては歴史的に受け継がれた敵対感情が民族主義という名のもとに広がった。それが韓国種族主義の特徴」などと話すと、池上は「韓国という国をまとめるためには反日という敵が必要だったということでしょうか」と応答。さらに李氏が「韓国人の自己認識というものは集団的なアイデンティティを見ると反日の感情を前提にしています」「韓国人であることこそ反日の感情に忠実な人間になるということ。で、そうした教育が今まで行われてきた」などと主張すると、池上は「反日というのは教育によって形成されたということですね」とまとめるのだ。


「反日」が「反日本」でなく「反日本帝国主義」であるということや、日本の植民地支配からの独立とう歴史的経緯を一切すっ飛ばして、あたかも反日によって韓国人のアイデンティティが形成されたかのような妄言をそのまま垂れ流すとは、ネトウヨのヘイトと変わりがないではないか。

 しかも、このインタビューを受けて、スタジオでは他の出演者も『反日種族主義』に乗っかり、反感感情を煽る様なコメントを連発した。たとえば、インテリお笑い芸人のカズレーザーはこんな調子で“解説”してみせた。

「先ほど教授がおっしゃっていたように、今の韓国の若者が持っている危機感とか意識、何か経済発展しづらい、閉鎖的である、その原因なんだろうって考えたときに、一歩目から日本が悪いんだ、反日、日本っていう敵がいるから問題なんだ、原因がそこにあるんだと思いがちなところを、それだけじゃもうカバーしきれなくなってる。それが伝わってきたと思いますし、反日に逃げるのはおかしいんじゃないかってことを、たぶん提言された本だと思うんですね」

 カズレーザーは『反日種族主義』を“韓国人がいきすぎた反日を諌めた本”であるかのように言っているが、この本はそんな上等なものではない。中身はネトウヨの嫌韓本とほとんど同じ、フェイクにまみれたものだ。〈韓国の嘘つき文化は国際的に広く知れ渡っています〉などとヘイトまがいの言葉が並び、慰安婦問題や徴用工問題などの歴史認識でも日本の歴史修正主義や政府の言い分を“トレース”するような嘘があふれている。

 本サイトでは日本語版出版直後に詳しく伝えているが、いい機会なので、もう一度指摘しておこう。

徴用工は募集、官斡旋時代も強制性があったのに「強制は国民徴用令後」と断じた池上彰

 『反日種族主義』のインチキの典型はやはり、戦前に朝鮮半島から日本へ動員された徴用工をめぐる問題を“否定”するくだりだろう。同書では、著者のひとりである李宇衍(イ・ウヨン)氏が、日本で重労働を強いられた朝鮮人徴用工たちの「強制連行」や「強制労働」を〈明白な歴史の歪曲〉〈誇張を超えて歪曲、率直に言って捏造〉などと主張。戦時の朝鮮人徴用工には前期から「募集」「官斡旋」「徴用」に分かれていたが、前の2つは朝鮮人たちの日本で働きたいという「自発的な選択」に任されたものであり、国民徴用令に基づく「徴用」も〈当時の朝鮮の青年たちにとって日本は、一つの「ロマン」でした〉などと言って〈朝鮮人労務動員を全体的に見ると、基本的には自発的であり、強制的ではありませんでした。強制連行だったとは言えません〉などと述べている。

 番組でもこれを受けて、池上彰が「強制的に連れてこられたのは(国民徴用令後の)1944年9月から」「彼らが実際どういう労働環境だったのかとか、働いていた時期や場所によってかなり違うんじゃないか」などと、“解説”を披露していた。

 さらに韓国での取材ロケVTRのなかでも、2017年にソウル・龍山駅前に設置された徴用工を象徴する像に対して、李栄薫(イ・ヨンフン)氏が「1940年代に日本で働いていた朝鮮人労働者の写真を見ると、この銅像よりも健康的でちゃんとした服を着ていました」「この像のモデルは1920年代に北海道の炭鉱で撮影された日本人だと言われている」「問題は彼ら(朝鮮人労働者)の記憶が彼らの子孫によって伝えられているということなんです」などとコメント。これを受けて池上が、「つまり虚偽の歴史によって過去の歴史が上書きされていくという、そういうことが続いているわけですね」とまとめ、三田アナウンサーが「そういった間違った写真を教科書だとか、こういった石碑などに使って、厳しい言い方をすると韓国は恥ずかしくないんでしょうか」などと述べるという一幕まであった。

 しかし、これらこそ歴史的事実を無視した明らかなミスリードとフレームアップだ。たしかに、徴用工は1939年からの「募集」、1942年からの「官斡旋」、徴用令に基づく1944年からの「徴用」と段階的に進んできたが、いずれも日本政府の閣議決定を経た、日本の行政機関による強制性を伴ったものだった。

 たとえば「募集」にしても、「民間企業が自由に朝鮮人を集めて日本に連れてきた」というようなものではなく、各企業から申請された「移住朝鮮人」の数を厚生省が査定し、内地からの指示で朝鮮総督府が自治体に割りふり、その指定を経て、現地の日本人警察官らと一体となって行われていた。

「官斡旋」の形式においても、その強制性を当時、朝鮮の労務動員を担う部局の職員自身が語っている(外村大『朝鮮人強制連行』岩波書店)。1943年11月に東洋経済新報社の主催で朝鮮総督府の官僚や企業幹部らが出席した座談会で、朝鮮総督府厚生局労務課の職員は、労務者の取りまとめが「非常に窮屈」であるから「仕方なく半強制的にやってゐます」として、こう証言を続けている。

「その為輸送途中に逃げたり、折角山〔鉱山〕に伴れていっても逃走したり、或ひは紛議を起すなどと、いふ事例が非常に多くなって困ります。しかし、それかと云って徴用も今すぐには出来ない事情にありますので、半強制的な供出は今後もなほ強化してゆかなければなるまいと思ってゐます」

 こうした状況について朝鮮総督府上層部も把握していた。1944年4月の訓示のなかにも〈下部行政機関も又概して強制供出を敢てし〉との文言があることから、強制的な動員が行われていたことを当局が認識していたのは確実なのである。

“朝鮮人は日本人と同じ環境で働いていた”とする池上彰に読ませたい数々の証言、記録

 池上彰の番組では、あたかも“朝鮮人たちは日本人と変わらぬ環境で働いていたが、後から過酷労働として歴史が塗り替えられた”というふうに誘導していたが、大きな間違いだ。実際、日本の炭鉱等で過酷な労働、差別的な環境に置かれたという当事者、あるいは朝鮮人と接していた日本人の証言は多く残っている。

 たとえば1943年に14歳で連行され長崎の端島(通称、軍艦島)で労働させられた崔璋燮(チェ・チャンソプ)さんによれば、「端島がどんな所か何も話さず、無条件に良い所だと騙して、あの手この手で逃亡を防ぎながら連行した」という。市民団体によるインタビューのなかで、崔さんは端島の炭鉱での強制労働をこう語っている。

「汁かけ飯一杯食っただけで長時間働くのだから、みんな栄養失調状態になった。仕事が終わって、七メートルはある防波堤の上に毛布を敷いて体を休めていると、脚が痙攣を起こした。『俺、死にそうだ』という呻き声も聞こえた。しかも賃金をもらったことはない。私の記憶は確かだ」(長崎在日朝鮮人の人権を守る会・編『〔増補改訂版〕軍艦島に耳を澄ませば 端島に強制連行された朝鮮人・中国人の記憶』社会評論社)

 また、長崎県・日鉄鉱業池野炭鉱の炭鉱婦だった女性は「炭坑労働者の朝鮮人は、『半島』『半島人』と呼ばれ、それはもうとてもかわいそうでした。今思い出しても、涙が出ます」と振り返っている。この女性は日本人とみられる。

「食べ物がなくて、腐ったみかんを拾って食べている朝鮮人を、憲兵がひどくなぐっているのを見たことがあります。どんなに体の具合が悪くても、休ませなかった。あるとき、四〇過ぎの朝鮮人労務者が、とても疲労がはげしくて『少し、上がらせてくれ』とたのんだが、聞き入られなかったので、風洞の中へ入った。それを見つけて引っぱられたが、一晩で顔の形相が一変してしまいました。それははげしいリンチを受けたからだと思います」((長崎在日朝鮮人の人権を守る会・編『原爆と朝鮮人 長崎県朝鮮人強制連行、強制労働実態報告書 第5集』))

 念の為言っておくが、他にも、朝鮮人徴用工の「強制連行」や「強制労働」を証明する史料や証言は山ほどあるし、当局の担当者の証言や文書、あるいは日本の炭鉱での悪環境に耐えきれなくなった朝鮮人が暴動を起こしたという公的記録も残っている。一方、『反日種族主義』「自ら進んで日本行きを志願した」というような一部の話を全体に広げており、同書にまる乗っかりした池上彰の番組は“フェイク”と言わざるをえないだろう。

池上彰が触れなかった『反日種族主義』著者の正体と日本の極右歴史修正主義の関係

 しかも、池上の番組は『反日種族主義』のもう一つの問題に、いっさい触れなかった。それは、同書が“日韓右派の合作”だということだ。

 そもそも、『反日種族主義』には、明らかに学術的研究を超えた特定の政治的意図が込められている。番組ではほとんどスルーされていたが、編著者の李栄薫氏をはじめとする同書の著者のほとんどは、いわゆる韓国の「ニューライト」に属する。「ニューライト」というのは、革新系政治に反対し、「日本による植民地時代が韓国近代化の礎を築いた」なる「植民地近代化論」の論陣を張ることが多い韓国の保守系グループで、その政治思想的傾向から日本の右派と極めて相性がいい。事実、以前から韓国のニューライト運動については、産経新聞らが繰り返し好意的に取り上げてきた。

 しかも、ハンギョレ新聞によると、『反日種族主義』は〈韓国での出版前から日本語版の出版が計画されていた〉。事実、日本語版の巻末には「編集協力」として、産経新聞の久保田るり子編集委員とともに、慰安婦否定派の急先鋒で“安倍首相のブレーン”のひとりと言われる西岡力・麗澤大学客員教授の名前がクレジットされている。しかも、西岡氏によれば、同書の著者のひとりで徴用工に関わる部分を主に執筆している李宇衍氏は「自分の友人」だ。

 ちなみに、李宇衍氏は2019年7月、国連欧州本部で開かれたシンポジウムに出席し、徴用工問題に関して「強制性はなく、賃金差別もなく、奴隷労働というのは嘘である」という趣旨の発表をおこなったが、実は、李宇衍氏を国連に連れて行ったのは、あのテキサス親父日本事務局長・藤木俊一氏。ハンギョレ新聞によると、藤木氏は李宇衍氏のジュネーブへの往復航空運賃と5泊6日の滞在費用も負担したという。

 こうした事実を見ても、『反日種族主義』を仕掛けた韓国のニューライトと、日本の極右歴史修正界隈の思惑が一致していることは明らかだろう。にもかかわらず、池上彰の番組は、こうした政治的な思惑には触れず、『反日種族主義』にまる乗っかりし、池上もカズレーザーらコメンターテーも「韓国の反日は歴史の捏造でつくられたもの」「反日に逃げるのはおかしい」と印象操作したのだ。しかも、徴用工問題や日韓請求権問題などに詳しい日韓リベラル派の専門家の解説などは、まったく取り上げることがなかった。

 しかも、この日の番組で問題だったのは『反日種族主義』だけではない。たとえば旭日旗について「ヘイトスピーチの現場で使われている旗」という指摘も紹介するも、そのあとに菅義偉官房長官の「旭日旗のデザインは大漁旗や出産、節句の祝い旗あるいは海上自衛隊など日本国内で広く使用されており、これが政治的主張だとか軍国主義の主張だという指摘は全く当たらない」という見解を強調。池上が「つまり帝国海軍はこの旗を使ったけれどもそれより前から日本国内ではごく一般的に使われてきた」などと解説したのだ。戦後一度は消滅した海軍軍艦旗旗を帝国海軍出身者たちが、まさにその帝国海軍のメンタリティを継承しようと自衛隊旗として復活させたという史実を無視し、旭日旗の問題を、韓国だけが過剰反応しているかのように矮小化したのである。

池上彰は過去にも嫌韓番組、言ってもないのに「日本嫌い」と街頭インタビュー捏造

『反日種族主義』に丸乗りした韓国ヘイトに、歴史修正主義の全面肯定……。他の問題では中立的で客観的な印象のある池上彰がこんな内容の番組を垂れ流すとは驚きだが、しかし、実を言うと、池上の韓国にまつわるフェイク垂れ流しヘイト的姿勢はこれが初めてではない。

 2015年に今回と同じフジテレビ特番『池上彰緊急スペシャル! 知っているようで知らない韓国のナゾ』が放送されたのだが(おそらく今回の番組とスタッフも同じだろうと思われる)、ここでも池上はフェイク丸出しの韓国攻撃を展開していた。

「憲法前文に驚き記述 創られた反日建国神話」というコーナーで、「韓国の人たちが、日本を嫌いっていうのを見てきたんですけど、実は、韓国の憲法前文に、その反日の原点ともいう部分が、書かれてるんですよ」として、韓国憲法前文の一節を紹介したのだが、その前文には「反日」という記述なんてどこにもなかったのだ。

 その後も、池上と番組は大韓民国臨時政府には実体がなかった(本当は実体があった)、韓国は自分で日本と戦ってないから引け目がある(本当は抵抗運動をやっており、宣戦布告もしていた)、臨時政府の名前を使って反日の建国神話をでっちあげた(本当は臨時政府が一番反日色が弱い)など、一部の嫌韓本やネトウヨのデマにそのままのっかったフェイク的解説を垂れ流した。

 しかも、この番組ではもっと悪質な捏造まで行っていた。韓国の女子高生への街頭インタビューで「文化がとても多いです。外国人の方もたくさん訪問してくださってます」と言っているにもかかわらず、「嫌いですよ。だって韓国を苦しめたじゃないですか」という日本語訳をつけたのだ。ようするに、韓国人の反日を強調するために、ありもしないインタビューを加工したのだ。

 いったい池上はなぜ、韓国が絡むテーマにだけこんな一方的でエキセントリックな韓国攻撃を展開するのか。その背景については改めて検証したいが、しかし、この池上の姿勢はいまのマスコミの象徴でもある。日本のマスコミは、安倍政権が仕掛ける“嫌韓キャンペーン”に後押しされ、視聴率目当てで次々と「韓国特集」を組む。韓国市民の「反安倍政権」声を勝手に「反日」に置き換えて対立を煽りながら、最後は「戦後最悪と言われる日韓関係の改善の糸口はどこにあるのでしょうか」などと無責任に放り投げるというのがパターンになっている。

 しかし、本当の意味で「日韓関係の改善」に必要なのは、「韓国の反日」を見下して伝えることではない。日韓の関係史、侵略の歴史をしっかりと見つめ直しながら、安倍政権が「戦後最悪の日韓関係」をいかに政治利用しているかを分析すべきではないのか。

最終更新:2020.02.05 12:34

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

池上彰とカズレーザーがフジ特番で日韓右派合作のフェイク本『反日種族主義』に丸乗っかりして韓国ヘイト! その間違いを徹底検証するのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。カズレーザーフジテレビヘイト反日種族主義徴用工日曜THEリアル!池上彰編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 文通費問題で「やる気なし」なのは維新!松井代表がセルフ領収証OKに
2 伊藤詩織氏への名誉毀損ははすみとしこ氏だけじゃない、国会議員も
3 『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
4 クーポン券事務費967億円「過大でない」は嘘 子ども食事支援は22億円
5 吉村知事がコロナ協力金めぐる税金無駄遣いを棚上げし岸田クーポン批判
6 玉川徹が『ドクターX』に出演して岸部一徳に言われた一言
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
9 安倍晋三に中国電力から原発マネーが 
10 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
11 菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
12 吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
13 竹田恒泰の「差別主義」を認めた東京地裁の判決文を改めて紹介
14 岸田首相のオミクロン対策はザルだ! 入国禁止は外国人だけで差別性丸出し
15 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
16 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
17 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
18 三原じゅん子が「政権を握っているのは総理大臣だけ」と無知発言
19 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
20 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
1 吉村知事がコロナ協力金めぐる税金無駄遣いを棚上げし岸田クーポン批判
2 クーポン券事務費967億円「過大でない」は嘘 子ども食事支援は22億円
3 自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
4 安倍晋三に中国電力から原発マネーが 
5 橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
6 コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
7 吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
8 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
9 文通費問題で「やる気なし」なのは維新!松井代表がセルフ領収証OKに
10 伊藤詩織氏への名誉毀損ははすみとしこ氏だけじゃない、国会議員も
11 岸田首相のオミクロン対策はザルだ! 入国禁止は外国人だけで差別性丸出し

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄