“若手ご意見番”カズレーザーの危うさ…沢尻エリカを「ゴリゴリのヤク中」、「桜を見る会」出席、空母化「いずも」1日艦長も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
若手ご意見番カズレーザーの危うさ…沢尻エリカを「ゴリゴリのヤク中」、「桜を見る会」出席、空母化「いずも」1日艦長もの画像1
『とくダネ』火曜スペシャルキャスターをつとめるカズレーザー(番組HPより)


 金髪に全身赤の衣装がトレードマークのお笑い芸人・カズレーザー。クイズ番組などで披露する幅広い知識と教養に加え、旧来のお笑い芸人たちの男尊女卑マッチョ体質とは一線を画す高い意識も持つ、インテリ芸人として売れに売れている。10月からは『とくダネ!』(フジテレビ)火曜日にスペシャルキャスターとしてレギュラー出演するようになり、ここのところ“新ご意見番”的なポジションも獲得しつつある。

 しかし、この人、ほんとうにそこまで評価し、信用するに値する人物なんだろうか。最近も、ちょっと気になることがあった。

 火曜レギュラーを務める『とくダネ!』(フジテレビ)でのこと。12月10日放送回で、フィンランドのサンナ・マリン首相を紹介したとき、コーナーのMCを務めるカズレーザーは、スタジオのパネルを使って解説していくのだが、パネルに「幼少期 貧困… 父が“アル中”で両親が離婚」などと書いてあったところで、こう訂正したのだった。

「アル中という書き方があんまりよくないですね。アルコール中毒を患われていたと」

 このコメントに、Twitterでは〈この書き方よくないですよ〜言ってたの好き〉〈カズレーザーってちゃんとしてるな〉〈流石だなって思った〉などと反応。ネットメディアもこれを取り上げ、「『とくダネ』カズレーザー、アルコール依存症への配慮に「さすが」」(「しらべぇ」12月10日)なるニュースにもなった。

 同記事は、発言を〈表記の不適切さを指摘した上で、スマートに訂正した姿が評価を集めている〉としたうえ、カズレーザーのことを〈節々に教養を感じさせる佇まいで人気を博している〉と絶賛していた。

 でも、これ、ちょっとおかしくないか。たしかに「アル中」は蔑視的な表現であり、カズレーサーが生放送で「アル中という書き方があんまりよくないですね」と注意した感覚は真っ当だ。だが、そのあとに「本来ならアルコール中毒」と書くべきって……それじゃ全然、蔑視表現を訂正したことにならないだろう。この場合は「アル中でなくアルコール依存症」と注意すべきだと思うのだが……。

 いやもちろん、これだけなら、カズレーザーが言い間違えた可能性もあるし、いちいち目くじらをたてるほどのことでもない。違和感を覚えたのは、カズレーザーが少し前、真逆の発言をしていたからだ。

 やはり『とくダネ』の11月19日放送でのこと。カズレーザーは、沢尻エリカが違法薬物を所持していたとして逮捕された件について、こうコメントした。

「いろいろニュース聞いて、まあ僕、会ったことないので、その10年薬やってたゴリゴリのヤク中の人が捕まったってイメージしかないっすよね。別に何を感じるもんでも、それ以上の感覚はないですよね。まあ、お薬やって捕まったってだけのことだとは思いますけど」

 そう、意識の高さを気取ってで「アル中という表現がよくない」と指摘したカズレーザー自身が「ヤク中」、それも「ゴリゴリのヤク中」などと発言していたのだ。

 これも「ヤク中」でなく「薬物依存症」と表現すべきだというのはもちろんだが、それ以前に「沢尻がゴリゴリのヤク中」というのは事実関係としても疑問だ。

 沢尻の起訴内容は、カプセル入りのMDMAの粉末約0.198グラムを保管していたほか、LSDを含んだ紙片0.084グラムと液体0.601グラムの所持であり、少量だ。しかも尿検査では、簡易検査でも本検査で陰性。数カ月さかのぼって調べられるという毛髪検査でも、陽性だったという話は出てきていない。

 逮捕当初、「10年以上前から違法薬物を使っていた」と供述していると報じられたが、これも捜査機関の印象操作のためのリークで、リテラも指摘しているように、そもそも、沢尻の事件については、かなり無理のある逮捕だったことがわかってきている。

 実際、沢尻に違法薬物を渡したのではないかと取り沙汰された「元交際相手」とされる男性も、勾留期限が切れて17日に釈放され、20日不起訴処分となった。

 いずれにしても、沢尻の所持量や捜査を考えれば、違法薬物もせいぜいパーティドラック的に使用していただけの可能性のほうが高く、「ゴリゴリのヤク中」つまり“部屋にこもって薬打ってます”的なイメージとは程遠い。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

“若手ご意見番”カズレーザーの危うさ…沢尻エリカを「ゴリゴリのヤク中」、「桜を見る会」出席、空母化「いずも」1日艦長ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。とくダネカズレーザーメイプル超合金安倍晋三本田コッペ桜を見る会沢尻エリカ自衛隊の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!
2 防衛省が予算増PRのためインフルエンサー100人に接触計画、一体誰が?
3 八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
4 倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
5 高橋洋一ら安倍応援団が特区ビジネス
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
8 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
9 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
10 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
11 河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
12 室井佑月の『ひるおび!』降板で麻木久仁子が滝川クリステルに疑問
13 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
14 外務省「旭日旗」正当化のインチキ!
15 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
16 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
17 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
18 「詩織さん全面勝訴」で証明された警察と検察のおかしさ! 
19 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
20 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
4八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
5八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
6総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
8高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
9 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
10倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
11河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
12安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
13高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!
14DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
15 防衛省が予算増PRのためインフルエンサー100人に接触計画、一体誰が?

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄