池上彰とカズレーザーがフジ特番で日韓右派合作のフェイク本『反日種族主義』に丸乗っかりして韓国ヘイト! その間違いを徹底検証する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
池上彰とカズレーザーがフジ特番で日韓右派合作のフェイク本『反日種族主義』に丸乗っかりして韓国ヘイト! その間違いを徹底検証するの画像1
2日放送の『日曜THEリアル!・池上彰SP』(番組HPより)


 2日放送の『日曜THEリアル!・池上彰SP』(フジテレビ)が「韓国“反日主義”の行方2020池上彰緊急取材」と題して“韓国の反日”を特集したのだが、その内容はあまりにひどいものだった。あの『反日種族主義』(李栄薫・編著)に完全に依拠して、「韓国は嘘と捏造ばかり」「嘘の歴史で反日攻撃している」とまくしたてたのだ。

 番組では、徴用工問題や韓国での日本製品不買運動、旭日旗問題などを取り上げたうえで、MCの池上彰と三田友梨佳アナウンサーが韓国を取材したVTRを放送。昨年、日韓両国でベストセラーとなり、日本では極右界隈に絶賛されている書籍『反日種族主義』をメインで扱った。同書を「実証的な歴史研究に基づいて、韓国の反日の根元や歴史認識に大きな嘘があったことなどが書かれ、自国を痛烈に批判している」などと紹介し、編著者の李栄薫(イ・ヨンフン)・元ソウル大学教授に池上らがインタビューするという内容だ。驚くのは、『反日種族主義』が主張している“韓国の嘘”に、池上彰が全面的に同調していたことだ。

 たとえば李氏が「種族主義」という言葉について「本質的な特徴は強力な閉鎖性、また敵対心が強いということ。特に日本に対しては歴史的に受け継がれた敵対感情が民族主義という名のもとに広がった。それが韓国種族主義の特徴」などと話すと、池上は「韓国という国をまとめるためには反日という敵が必要だったということでしょうか」と応答。さらに李氏が「韓国人の自己認識というものは集団的なアイデンティティを見ると反日の感情を前提にしています」「韓国人であることこそ反日の感情に忠実な人間になるということ。で、そうした教育が今まで行われてきた」などと主張すると、池上は「反日というのは教育によって形成されたということですね」とまとめるのだ。


「反日」が「反日本」でなく「反日本帝国主義」であるということや、日本の植民地支配からの独立とう歴史的経緯を一切すっ飛ばして、あたかも反日によって韓国人のアイデンティティが形成されたかのような妄言をそのまま垂れ流すとは、ネトウヨのヘイトと変わりがないではないか。

 しかも、このインタビューを受けて、スタジオでは他の出演者も『反日種族主義』に乗っかり、反感感情を煽る様なコメントを連発した。たとえば、インテリお笑い芸人のカズレーザーはこんな調子で“解説”してみせた。

「先ほど教授がおっしゃっていたように、今の韓国の若者が持っている危機感とか意識、何か経済発展しづらい、閉鎖的である、その原因なんだろうって考えたときに、一歩目から日本が悪いんだ、反日、日本っていう敵がいるから問題なんだ、原因がそこにあるんだと思いがちなところを、それだけじゃもうカバーしきれなくなってる。それが伝わってきたと思いますし、反日に逃げるのはおかしいんじゃないかってことを、たぶん提言された本だと思うんですね」

 カズレーザーは『反日種族主義』を“韓国人がいきすぎた反日を諌めた本”であるかのように言っているが、この本はそんな上等なものではない。中身はネトウヨの嫌韓本とほとんど同じ、フェイクにまみれたものだ。〈韓国の嘘つき文化は国際的に広く知れ渡っています〉などとヘイトまがいの言葉が並び、慰安婦問題や徴用工問題などの歴史認識でも日本の歴史修正主義や政府の言い分を“トレース”するような嘘があふれている。

 本サイトでは日本語版出版直後に詳しく伝えているが、いい機会なので、もう一度指摘しておこう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

池上彰とカズレーザーがフジ特番で日韓右派合作のフェイク本『反日種族主義』に丸乗っかりして韓国ヘイト! その間違いを徹底検証するのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。カズレーザーフジテレビヘイト反日種族主義徴用工日曜THEリアル!池上彰編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
2 葵つかさが「松潤とは終わった」と
3 維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
4 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
5 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
6 『女が嫌いな女』アンケートの噓を暴く
7 ロシア入国禁止リストに“安倍元首相の名前なし”で「やっぱり」の声!
8 古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
9 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
10 大阪のオミクロン死者急増も松井市長はウザ絡みに夢中、水道橋博士に訴訟恫喝
11 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
12 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
13 X JAPAN、TAIJIの死の謎
14 北ミサイル対策CMに茂木健一郎が批判
15 星野源を生んだ自由の森学園の教育
16 ICAN無視の安倍政権に吉川晃司が
17 逮捕の文科省局長と安倍政権の関係、同じ支援事業に加計
18 維新の「ファクトチェッカー」がまた一般市民の事実のツイートを晒して攻撃
19 給付金だけじゃない岸田政権の分配政策の酷さ!医療、介護、保育費値上げも
20 「侮辱罪の刑罰強化」はロシア化だ! 三原じゅん子は「政治家にも」
1「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
2自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
4 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
5古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄