田崎史郎が河井案里問題で“安倍首相は無関係”と擁護もすぐ自滅!「案里さん自身が国政に出ようとした」→「阿吽の呼吸で」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
田崎史郎が河井案里問題で安倍首相は無関係と擁護もすぐ自滅!「案里さん自身が国政に出ようとした」→「阿吽の呼吸で」 の画像1
1月23日放送『ひるおび!』(TBS)より


 河井克行前法相、河井案里参院議員の公選法違反問題は、案里議員に党本部から“安倍マネー”といわれる1億5千万円が振り込まれていたことが発覚。安倍首相が後ろ盾になった不正選挙であったことが浮き彫りになった。

 夫の河井前法相については、任命責任を口にして謝罪した安倍首相だが、この政治資金私物化はもはや謝罪ですむようなレベルの話ではない。「桜を見る会」名簿問題やIR汚職をめぐる問題にくわえて、国会でもさらに追及が激しくなるのは必至だろう。

 ところが、そんななか、御用ジャーナリスト・田崎史郎氏がまたぞろ、エクストリームな安倍首相擁護を繰り出した。

 それは、1月23日放送の『ひるおび!』(TBS)でのこと。司会の恵俊彰が、問題の河井案里議員の参院選立候補について、「菅さんや総理の思いを汲んだ方でもあるわけじゃないですか」と話をふると、田崎はこう答えたのだ。

「(安倍総理の思いを)汲む前に案里さん自身が出ようとしていましたから」

 ようするに、案里議員出馬と安倍首相は関係なく、案里議員が勝手に立候補しようとしていたかのような発言をしたのだ。

 安倍応援団とはいえ、いくらなんでもこれは無理がすぎるだろう。今年夏の参院選に、自民党本部が広島県連の反対を押し切って河井案里氏を広島選挙区から出馬させた背景に安倍首相のゴリ押しがあったのは、当時から永田町の常識だった。

 もともと、2人区の広島選挙区では従来どおり前職の溝手顕正氏1人が自民党から出馬する予定だった。だが、溝手氏は第一次政権時の2007年参院選で自民が大敗した際、安倍首相の責任に言及し、さらに下野時代には安倍氏を「過去の人」と発言した人物。

 こうした経緯から、溝手氏に恨みを抱いていた安倍首相が、“2人区で2人擁立して票を上積みする”として、重用していた側近の河井克行前法相の妻である案里氏を無理やり2人目の候補者として立てたのだ。

 実際、あのNHKですら当時の選挙報道で「河井は、総理が溝手に差し向けた“刺客”だ」という政界の声を紹介している。

 しかも、安倍首相が案里氏の後ろ盾だったことは、選挙戦が始まってからの異常なバックアップぶりでよりはっきりした。安倍首相が自ら広島入りして応援演説に立ったのはもちろん、案里氏の選対になんと安倍事務所の筆頭秘書をはじめ4人の自分の秘書を送り込み、選挙を仕切らせていたのだ。

「この安倍事務所の秘書らが先頭に立って、溝手氏の支持団体を切り崩し、次々と案里陣営に寝返らせていった。また、案里氏の応援演説の際には、溝手氏の所属派閥代表で広島県連のリーダー的存在でもある岸田氏を自分と一緒に立たせ、案里氏を応援させるという、ありえないことまでやっていた。このときは、そのかわりに、安倍首相は横で満足そうに『令和の時代のリーダ-は岸田さんだ』ともちあげていましたが……」(地元の政界関係者)

 そして、今回、「週刊文春」が自民党本部から1億5千万円の安倍マネーが振り込まれていたことを報道したというわけだ。「週刊文春」の記事では、自民党関係者や自民党のベテラン職員がこう証言している。

「党の金の差配は幹事長マターですが、河井陣営への1億5千万円にのぼる肩入れは安倍首相の意向があってこそです」
「安倍首相の後ろ盾は絶大で、案里氏は党本部からの『安倍マネー』を存分に使うことができたのです」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

田崎史郎が河井案里問題で“安倍首相は無関係”と擁護もすぐ自滅!「案里さん自身が国政に出ようとした」→「阿吽の呼吸で」 のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ひるおび!河井克行河井案里田崎史郎編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 高市早苗と赤旗が「政治資金規正法違反」報道でバトル!
2 「カジノ用地疑惑」追及が松井市長から恫喝・嫌がらせ受けるも新事実を敢然と報道
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 細田衆院議長が安倍元首相に全責任なすりつける醜い弁明もマスコミは
5 維新も統一教会とズブズブ!松井、馬場、音喜多、足立
6 三浦瑠麗が戦前賛美、その御用学者体質
7 統一教会とズブズブ萩生田「政調会長」に批判殺到!一方、テレビは…
8 たけしと瀬古が「玉川徹待望論」もテレ朝は玉川を政治にさわらせない方針
9 夫の会社が家宅捜索で三浦瑠麗に説明責任「太陽光発電」を後押しする発言
10 林真理子が寝屋川事件被害者の親を批判
11 五輪3兆円超え戦犯・森喜朗の重大疑惑
12 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
13 安倍がFacebookで報ステ党首討論攻撃
14 岸田政権の“防衛増額”に元自衛隊幹部が「砂糖の山にたかるアリ」と批判
15 忘れるな、福島原発事故の主犯は安倍だ
16 「モーニングショー」まで…台湾有事を煽るマスコミの酷さ
17 タッキー引退の裏にジャニーVSジュリーの派閥抗争
18 吉高が“私の裸を見て”と迫った男
19 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
20 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
1「カジノ用地疑惑」追及が松井市長から恫喝・嫌がらせ受けるも新事実を敢然と報道
2細田衆院議長が安倍元首相に全責任なすりつける醜い弁明もマスコミは
3高市早苗と赤旗が「政治資金規正法違反」報道でバトル!
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄