クドカン『いだてん』が投げかけた2020東京五輪と日本への痛烈批判「いまの日本は、あなたが世界に見せたい日本か?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
クドカン『いだてん』が投げかけた2020東京五輪と日本への痛烈批判「いまの日本は、あなたが世界に見せたい日本か?」の画像1
『いだてん』番組HPより


 宮藤官九郎が脚本を担当した大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』(NHK)が最終回を迎えた。

 最終回は、1964年東京オリンピック招致の立役者である田畑政治(阿部サダヲ)を中心に、開会式から閉会式にいたるまでの大会期間を中心に描いた。

 これまで登場してきたキャラクターも顔を揃え、第1回とも話がつながってくる、ファンには涙なくしては見ることのできない最終回だったが、宮藤が1年かけて視聴者に伝えようとしていたことがよくわかる、非常に興味深い最終回だった。

 その象徴が、閉会式の様子を涙ながらに見る田畑の脳裏に浮かんだ、ある回想シーンである。

 よく知られている通り、1964年東京オリンピックの閉会式はそれまでの慣例を打ち破るものだった。

 参加人数が膨れ上がった、大会終了で開放感に満ちた選手がお酒を飲んでいた、といったハプニングが重なり、閉会式の入場列はきちんとした列にならず、自由気ままに入場するかたちになった。

 しかし、それが良かった。

 国籍、人種、性別、宗教、ありとあらゆる壁を「スポーツ」のもとに乗り越え、選手たちが笑顔で手と手を取り合い入場するさまは、まさに「平和の祭典」としてのオリンピックを具現化したものであり、この閉会式は高く評価された。そして現在の閉会式では、このかたちが定番となっている。

 田畑はそんな選手たちの様子を見て、思わず涙ぐむ。そこに亡き嘉納治五郎(役所広司)の幽霊が現れ、田畑にこう問いかけるのだった。

「これが、君が世界に見せたい日本かね?」

 この台詞は、1940年の幻の東京大会を描いた37話で描かれたシーンの回想だ。

 1940年東京大会は、開催が決まったものの、日中戦争の勃発などで国際世論が日本に対して厳しくなっていた。そうして開催が危ぶまれるなか「日本は大国」と言って開催を押し切ろうとする嘉納に対し、田畑は土下座をして開催権の返上を求める。

 嘉納は1940年東京大会に対する反対意見が強まる国際世論を変えるために、エジプト・カイロで行われるIOC総会に出席するのだが、その旅に田畑もついてきてほしいと語るが、田畑はそれを拒否。激高しながら、スポーツが政治利用されてしまう現状では日本にオリンピックは開く資格はなく、ここはまず返上して、日本は平和になってからまた招致すればいいと叫ぶ。そして、逆に嘉納に対してこのように問いかけたのである。

「いまの日本は、あなたが世界に見せたい日本ですか?」

 嘉納が返上に傾くことはなく、田畑はIOC総会への同行を断る。結果的に嘉納はひとりでカイロに向かい、ひとまず返上阻止に成功するがその帰国途中の船の中で客死する。周知のとおり、結局1940年の東京五輪は開催されることなく、幻の五輪となった。

 最終回で、幽霊となった嘉納に「これが、君が世界に見せたい日本かね?」と改めて問いかけられた田畑は、今度は「はい」と、微笑みながら胸を張って答えるのであった。

 最終回の大詰めとなる閉会式のシーンでこの回想シーンが挿入されたのは象徴的である。これは明らかに、宮藤官九郎の2020年東京五輪と現在の日本に対する痛烈な批評と捉えるべきだろう。

 『いだてん』という作品はそれ以前にも、戦前の日本の歪なナショナリズム、負の部分に踏み込んできた。

 関東大震災の朝鮮人虐殺を示唆するシーン、朝鮮半島出身であるにも関わらず、日本の植民地支配のため、日本代表として日の丸と君が代をバックにメダルをもらうことになったマラソンの孫基禎選手と南昇竜選手のエピソード、オリンピックの舞台となるはずだった国立競技場から学徒動員で戦地へ向かい死んでいった若者の悲劇、満州における中国人に対する加害行為……。

 もちろん戦前・戦中の日本社会を描く以上、これらは当たり前に出てくるべきシーンで、むしろ、それを描くことを「踏み込んだ」と言わざるを得ない状況のほうがおかしい。しかし、安倍政権下で右傾化と歴史修正主義的な風潮が進み、史実通りの戦前、戦争描写が難しくなっているなか、NHK大河ドラマというもっともメジャーな場所で、戦前・戦中の日本の負の部分をギリギリのところでなんとか描いてきた姿勢は高く評価されるべきだ。

 しかも、『いだてん』が描いてきたこれらの問題はすべて、今、日本で起きている問題につながっている。

「いまの日本は、あなたが世界に見せたい日本か?」

 この問いは、まさに来年2020年東京五輪を開催しようとしている現在の日本に向けられた問いだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

クドカン『いだてん』が投げかけた2020東京五輪と日本への痛烈批判「いまの日本は、あなたが世界に見せたい日本か?」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。いだてん〜東京オリムピック噺〜宮藤官九郎朝鮮人虐殺東京五輪編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 中国人を“ばい菌”扱いするワイドショー、政治目的に利用する安倍首相
2 安倍首相が地元でも「桜を見る会前夜祭」と同じ有権者買収か!
3 安倍首相が「桜を見る会前夜祭」問題で「幅広く募ったが募集ではない」
4 『スシローと不愉快な仲間たち』8 安倍政権御用コメンテーター養成講座
5 新型コロナウイルスに乗じ“中国人ヘイト”が跋扈! 百田尚樹、高須克弥も
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 立川志らくが古典落語で「日本人かてめえ」ヘイト、反論も酷い
8 田崎史郎「桜を見る会」名簿問題で“民主党ガー”詐術、羽鳥慎一が思わず…
9 田崎史郎が河井案里問題で“安倍首相は無関係”を主張も自滅
10 詩織さん全面勝訴でも山口敬之氏と安倍首相の関係に触れないテレビ
11 TBS宇垣アナが夫婦別姓反対派を一蹴
12 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
13 河井案里議員の「安倍マネー1億5千万円」はやっぱり違法
14 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
15 安倍首相トンデモ答弁「ログ開示はセキュリティ上問題」に政府ぐるみで追随
16 安倍政権御用ジャーナリスト5位〜大賞発表!
17 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
18 トランプ大統領がツイッターで、安倍首相の国民騙す“関税密約”暴露
19 夫婦別姓攻撃ヤジは杉田水脈か!「夫婦別姓はコミンテルンの陰謀」と主張も
20 「桜を見る会」で産経新聞の安倍擁護が無理やりすぎて笑える!
1久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

カテゴリ別ランキング


マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄