百田尚樹がダレノガレ明美に「幼稚園児みたいなこというな」とモラハラ親父的攻撃! でもダレノガレは怯まず逆襲「指がもげるよ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
百田尚樹がダレノガレ明美に「幼稚園児みたいなこというな」とモラハラ親父的攻撃! でもダレノガレは怯まず逆襲「指がもげるよ」の画像1
百田尚樹に絡まれ炎上したダレノガレTwitter


 タレントのダレノガレ明美が、あの百田尚樹センセイに絡まれ、“炎上”に追いやられているのをご存知だろうか。安倍応援団のネトウヨ作家と、おしゃれインフルエンサーの人気モデルに何の接点が?と首をかしげる人も多いと思うので、簡単に流れを振り返っておこう。

 導火線となったのは、最近、箱根や八王子などの街中に野生のイノシシが出没しているというニュースだ。街に降りてきたイノシシが人間に危害を加えるのではと不安視されており、自治体は駆除などの対策に取り組んでいる。出没の理由としては、猟師が減ったことによる絶対数の増加や、森林伐採等の環境破壊による生態系の変化など、いくつかの説があるが、はっきりとした原因はわかっていないという。いずれにしても、イノシシは不足した食料を求めて人里に降りてきているものと推測される。

 ワイドショーなども盛んに取り上げている「イノシシ問題」だが、これにダレノガレが反応。10日、自身のTwitterに“イノシシが箱根の商店街を疾走”というテレビのニュース画像をアップし、こんな感想を投稿した。

〈イノシシの居場所をとってしまってるのは
人間だよね。
悲しいね。
食べるものがないから街に行くしかないのよね。
イノシシだって人間の住む街に行きたいわけじゃないはず。
だから、危ないけれども
イノシシを殺さないでほしいな。〉

 14日現在、このツイートは4800万件以上リツイートされ、1.2万人の「いいね」がついているのだが、一方で、ネットの一部からは「そのまま突進されて血だらけになれってか」「野生のイノシシ飼えるものなら飼ってみろ」「なら人間を間引きすれば?」「ゴキブリ出てきたら絶対殺しそう」などと批判的な声が相次いだのだ。

 そして、このダレノガレの“炎上”のなか、突如として首を突っ込んできたのが、あの百田センセイというわけである。百田氏は12日深夜、ダレノガレの「イノシシを殺さないでほしいな」ツイートをRTしながら、こんな投稿をした。

〈200万人もフォロワーがいる有名人だから敢えて言うけど、幼稚園児みたいなこと言わないでほしいな。
この一見美しく見える意見を真に受けるバカもいるからね。〉

 この百田センセイのダレノガレ批判は2900件以上RTされ、ダレノガレのツイートを上回る1.4万件もの「いいね」がついている(14日現在)。いずれにしても、ダレノガレの“炎上”を煽ったかたちだろう。

 だが、このダレノガレは黙ってはいなかった。11日には批判のカキコミに対して〈アンチがどんなに私を叩いても擦り傷より痛くないからな!! 私のSNSくらい書きたい事書かせなさい!〉と投稿。さらに12日、百田センセイのディスツイートを投稿から約1時間後には、名指こそしていないが、こう反論したのだった。

〈指殺人を私にしようとしている方。
私が死ぬ前に自分の指がもげるよ。
私にそんなの効かない。
何年炎上してると思ってるの?
炎上怖くて発言抑えてたら
自分が自分じゃなくなるよ!
私は私
ダレノガレ明美。
人の目気にして発言致しません。
だから、私を精神的に追い込もうとしても時間の無駄〉

 一方の百田センセイは、その後のダレノガレのツイートには直接反応していないものの、「ダレノガレさんのような意見があってもいいと思う」「私はダレノガレさんの意見は正しいと思う」などと述べた複数の一般ユーザー相手に、〈わかったから、君はゴキブリも蚊も殺さない生活をしろよ〉〈何言うてるのかわからんが、バカなのはたしかみたいやな〉(12日)などと挑発的な返信をしている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

百田尚樹がダレノガレ明美に「幼稚園児みたいなこというな」とモラハラ親父的攻撃! でもダレノガレは怯まず逆襲「指がもげるよ」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。イノシシダレノガレ明美ハラスメント百田尚樹編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
2 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
3 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
6 自衛隊に横行するいじめ自殺の実態
7 室井佑月の『ひるおび!』降板で麻木久仁子が滝川クリステルに疑問
8 海上自衛隊が「イジメ自殺」を過労死として隠蔽
9 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
10 統一教会が安倍トランプ会談を仕掛けた
11 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
12 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
13 DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
14 自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
15 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
16 「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
17 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
18 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
19 山口敬之逮捕を握り潰した“官邸の忠犬”中村格が警察庁ナンバー2に!
20 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
1安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
2安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
3八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
4菅首相辞任も…元凶を作った安倍晋三が今度は岸田、河野、高市を操る存在に
5高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
6山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
7八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
8河野太郎がワクチンを総裁選に利用!はじめしゃちょー相手にデマも
9堀江、竹中だけじゃない 菅首相に「がんばった」と同情論寄せる世論
10「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
11河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
12安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
13自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
14DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄