『潜入ルポamazon帝国』著者・横田増生インタビュー

ユニクロに潜入したあのジャーナリストが「amazon」に潜入! 秒単位で管理される労働現場と秘密主義の恐怖

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

租税回避に死力を尽くしてきたamazon 日本でも法人税をほとんど払っていない

──アマゾンは秘密主義だけではなく世界的に租税回避に死力を尽くしてきた企業だということも『潜入ルポamazon帝国』に書かれています。

横田 そうですね。租税回避が今の巨大国際企業・アマゾンを作ったと言っても過言ではありません。アメリカ発祥のアマゾンは、当初、税金がかからないという理由で先住民居留地に本社を置こうとしたほどです。日本でもアマゾンが決算報告をしたのは2014年12月期の一回だけ。しかも日本での8700億円の売り上げがあるにもかかわらず法人税は10億8000万円に過ぎない。こうしたアマゾンの租税回避について、アメリカやヨーロッパではマスコミや世間からも厳しい目が向けられ、政治家も動いて法律を変えるなどの対策をとってきました。しかし日本ではそうした動きが鈍い。政治家もマスコミもだれも文句をいわない。2014年と15年に自民党の三原じゅん子議員が国会で追及しましたが、国税庁は「個別の事項については答えられない」と木で鼻を括ったような答弁で終わってしまい、その後は問題提起すらほとんどない。本当に不思議でならない。文句を言っているのは私だけ。まあ私が何かいってもアマゾンにとって痛くも痒くもないでしょうけど(笑)。

──物流センターへの潜入、社員の内部告発、アマゾンの海外での事情、ベゾスの人となりや租税回避など、今回の作品はアマゾンを多角的に見たものです。読んでみると、恐怖すら感じました。私たちの生活にアマゾンが必要不可欠になり、どんどん侵食、支配されていくようにも感じて。最後に横田さんが感じたアマゾンの最大の問題点はなんだったのでしょう。

横田 やはり労働問題は大きいですね。公表されてないので想像するしかないのですが、物流センターを含めると数万人も雇用していると思うんです。そこで死者も出ているのに公表されない。労働基準局が入ったという話も聞かない。ユニクロも雇用にいろいろ問題はありましたが、しかしアマゾンは比べものになりません。ユニクロがろくでなしなら、アマゾンはひとでなしでした。アルゴリズム原理主義で、人間の感情など一切関係ない。そうした労働環境でうつ病などになれば、即外される。アマゾンの現場はそんな場所でした。徹底した秘密主義で、アマゾンの主力事業のひとつマーケットプレイスでも出品者が理由も明かされることなく外される事態も起こっています。実際、今回アマゾンに取材をしようと思いましたが、取材交渉さえできなかった。消費者も同じです。何か問題が起きてクレームがあるときにどこに電話していいのかさえわからない。問題に対応しない不気味さというか。しかし日本の消費者はこうした様々なアマゾンの実態について疑問や問題意識を持っていません。ですから『潜入ルポamazon帝国』を是非読んで、ぜひ問題意識を持つきっかけにしてもらえ得たら、と思っています。

最終更新:2019.10.01 11:34

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ユニクロに潜入したあのジャーナリストが「amazon」に潜入! 秒単位で管理される労働現場と秘密主義の恐怖のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジェフ・ベゾスピッキングユニクロ横田増生潜入ルポamazon帝国貧困の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
2 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
3 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
6 室井佑月の『ひるおび!』降板で麻木久仁子が滝川クリステルに疑問
7 統一教会が安倍トランプ会談を仕掛けた
8 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
9 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
10 BBCが山口事件の被害者・詩織さんを特集
11 DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
12 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
13 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
14 自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
15 支持率急落も菅首相はGoTo続行、分科会の尾身会長の中止提案も無視
16 “無双”文春のタブーを林真理子が暴露
17 山口敬之逮捕を握り潰した“官邸の忠犬”中村格が警察庁ナンバー2に!
18 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
19 「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
20 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
1安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
2安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
3八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
4菅首相辞任も…元凶を作った安倍晋三が今度は岸田、河野、高市を操る存在に
5高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
6山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
7河野太郎がワクチンを総裁選に利用!はじめしゃちょー相手にデマも
8堀江、竹中だけじゃない 菅首相に「がんばった」と同情論寄せる世論
9「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
10河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
11安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
12自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
13八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
14DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄