安倍首相が三原じゅん子を閣僚に推したのはあの安倍礼賛“カルト演説”を気に入ったから…そのヤバすぎる中身を振り返る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

安倍政権長期化で劣化する国会議員、フェイクとカルト地獄

 だいたい、民主党政権は約3年だったが、そこから安倍首相は倍にあたる約6年も政権を握ってきた。にもかかわらず、「安倍総理は6年あまりも民主党政権の尻ぬぐいをしてきた」って、まったくいつまで言っているんだか……。

 その上、噴飯モノだったのは、三原議員が声高に叫んだ、このフレーズだ。
「国民が求めているのは足の引っ張り合いではありません。しっかりと政策論をしてほしい。実のある議論こそ求められているのであります」
「令和の新しい時代に入って、明日の日本をどうつくるのか、建設的な議論を行う、真に国民のための国会を取り戻しましょう。こんな光景は、平成の時代で終わりにしたかった」

 それはこっちの台詞だよ!という話だ。いつまでも「平成」の民主党ディスばかり呪文のように唱え、対案を出している野党を「対案がない」と批判し、肝心の国会審議は拒否し、討論に立ったかと思えば安倍礼賛を繰り返す……。フェイクとカルトが混ざり合った地獄が国会で展開されるとは、それこそが「悪夢」のような光景だ。無論、ここまで国会を劣化させたのは、自らがネトウヨ脳の持ち主である安倍首相である。

 一体、どこまでこの国を劣化させるつもりなのか、考えるだけで暗澹たる思いを抱かずにはいられないだろう。

最終更新:2019.09.06 06:59

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

安倍首相が三原じゅん子を閣僚に推したのはあの安倍礼賛“カルト演説”を気に入ったから…そのヤバすぎる中身を振り返るのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。カルト三原じゅん子内閣改造安倍晋三編集部雇用の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍こそ政治の犠牲になった国民を「悼む気持ち」のない冷淡政治家だった
2 高橋治之と安倍晋三は親戚関係だった!安倍家の自宅購入資金も高橋弟が捻出
3 岸田首相が性差別発言や統一教会擁護の安倍応援団・小川榮太郎をブレーンに
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 テレ朝で『モーニングショー』統一教会報道中止、ネット動画削除!
6 統一教会問題で下村博文と山谷えり子の呆れた開き直りと嘘
7 中山美穂ラブラブ写真に辻仁成は
8 NGT山口真帆が秋元康と指原莉乃に謝罪の謎!
9 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
10 上西議員と佳子さまのメイクが同じ!?
11 小川榮太郎の安倍擁護本を東京地裁が14カ所も「真実性なし」と認定!
12 統一教会とズブズブ萩生田「政調会長」に批判殺到!一方、テレビは…
13 KADOKAWA夏野剛社長に新たな暴言が発覚! 一方、森喜朗には…
14 安倍晋三が「赤木ファイル」を冒涜するツイート!
15 すぎやまこういち死去報道で封印された歴史修正主義と性差別肯定発言
16 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
17 辻仁成が告白「彼女に新しい人が…」
18 統一教会が安倍トランプ会談を仕掛けた
19 東京都が東京五輪の観戦に子ども81万人を動員! 感染拡大中に通達
20 森喜朗200万円受領問題だけじゃない! 五輪招致買収や神宮再開発利権も
1高橋治之と安倍晋三は親戚関係だった!安倍家の自宅購入資金も高橋弟が捻出
2安倍こそ政治の犠牲になった国民を「悼む気持ち」のない冷淡政治家だった
3岸田首相が性差別発言や統一教会擁護の安倍応援団・小川榮太郎をブレーンに
4 統一教会問題で下村博文と山谷えり子の呆れた開き直りと嘘
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄