マツコ・デラックスが元SMAP排除に加担!『5時に夢中!』に「稲垣吾郎出すなら降りる」、背景にジュリー派との蜜月

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
マツコ・デラックスが元SMAP排除に加担!『5時に夢中!』に「稲垣吾郎出すなら降りる」、背景にジュリー派との蜜月の画像1
『5時に夢中!』番組HPより


 元SMAP独立組、新しい地図の3人(稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾)のテレビ出演に対して、驚くべき人物が圧力をかけていたという事実が明らかになった。

 元SMAP独立組については、周知の通り、テレビ出演をさせないためにテレビ局に圧力をかけていた可能性があるとして、公正取引委員会がジャニーズ事務所に注意をしていたと報じられたばかり。実際、7月19日放送『ニュースウオッチ9』(NHK)では、民放テレビ局関係者が「ジャニーズ事務所のタレントに出演依頼した際、事務所の幹部から、『元メンバー3人が関わっている場合は、所属タレントを出演させられない』と圧力をかけられた」と証言しており、ジャニーズ事務所による圧力があったことは明らかだ。

 そんななか、「週刊文春」(文藝春秋)2019年8月8日号は、『5時に夢中!』(TOKYO MX)への稲垣吾郎のレギュラー出演をめぐって、なんとあのマツコ・デラックスが圧力をかけたと報道したのだ。

 記事によると、稲垣がジャニーズ事務所を離れて以降、初めての地上波生放送出演となった『5時に夢中!』2017年10月24日放送回が好評だったのを受けて、稲垣を月に一度の準レギュラーとして起用する案がTOKYO MXと、稲垣の所属事務所・CULENとの間でもち上がったという。

 しかし、それに対して、マツコの所属事務所であるナチュラルエイトは異議を申し立て、「稲垣を出すならマツコは降板する」とまで脅しをかけて抵抗した。マツコは『5時に夢中!』の看板コメンテーターであり、この番組の名を世に知らしめた功労者である。そんなマツコの意見は覆すことができず、この稲垣準レギュラーの計画は頓挫したのだという。

 前掲「週刊文春」はこの件についてマツコ本人に直撃しているのだが、そこでマツコは、稲垣の準レギュラー起用に反対したという話を否定せず、さらに、新しい地図組の置かれている現在の状況に対してこのようにコメントしている。

「もちろん忖度もあっただろうけど、どの業界だってあるわよ」
「SMAPだから使われていたわけで、SMAPじゃなくなった三人に魅力を感じますか」
「あの三人はSMAPにいたからこそチヤホヤされていたんだから」

 タブーなしで視聴者の意見を代弁する毒舌が多くの人々を魅了してきたマツコとは思えぬ発言に驚いた人も多いかもしれない。というか、なぜ、マツコが元SMAP排除に動くのか、理由がわからない人も多いだろう。

 しかし、本サイトが以前から指摘していたことだが、(https://lite-ra.com/2018/01/post-3742.html)、実は、マツコはもともと、テレビ業界における反SMAP勢力と深いと関わりがあった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

マツコ・デラックスが元SMAP排除に加担!『5時に夢中!』に「稲垣吾郎出すなら降りる」、背景にジュリー派との蜜月のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。5時に夢中!ジャニーズ事務所マツコ・デラックス稲垣吾郎編集部藤島ジュリー景子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 
2 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
3 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
4 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
5 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
6 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
7 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
8 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
11 西野、梶原、又吉ら意識高い系芸人が吉本上層部を全面擁護
12 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
13 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
14 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
15 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
16 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
17 キンコン西野批判こそ「お金の奴隷」だ
18 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
19 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
20 木梨憲武個展が大盛況の“理由”
1 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
2菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
3ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
4菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
5吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
6特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
7河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
8 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
9蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
10 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
11バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
12信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄