望月衣塑子原案の映画『新聞記者』サイトに宣伝妨害のサイバー攻撃! 松坂桃李主演なのにテレビはプロモーション拒否

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
望月衣塑子原案の映画『新聞記者』サイトに宣伝妨害のサイバー攻撃! 松坂桃李主演なのにテレビはプロモーション拒否の画像1
映画『新聞記者』公式サイトより


 東京新聞・望月衣塑子記者原案、松坂桃李主演、安倍政権下で起こった数々の不正を描いたことで大きな話題になっている映画『新聞記者』。観客動員も好調で、現在も上映中の同映画だが、6月28日の公開直後に大きなトラブルに見舞われていたことがわかった。公式サイトがサイバー攻撃を受け、サーバーがダウンしていたのだ。

〈現在、特定のIPアドレスから、システムを使用した集中的なアクセスを受けていることから、サーバーが一時的にダウンしてしまうなど不安定な状況になっております〉

 ツイッターなどSNSの公式アカウントにはこんな告知があったが、一体何が起こっていたのか。配給会社スターサンズの宣伝担当者に話を聞くと、異変は公開直後から起こっていたという。

「記録に残っているかぎりでは7月1日からですね。断続的に複数の特定IPアドレスからのアクセスが殺到したのです。それは1秒間に何十回という、人力では考えられないようなアクセスでした。その結果、サーバーが不安定な状態になり、ダウンしてしまった。映画のサイトなのでこうした事態の対策をまったくしておらず、宣伝には非常にダメージがありました」

 そのため配給会社は、Twitterや上映映画館の外部サイトでの告知を行うなど、対策に追われたという。

「ただ、サーバーダウンを知った多くの人がTwitterなどに書き込みをしてくれましたので、それはすごく助かりました。異常アクセスも、そうした人々の“声”が抑止効果になったのか、ある時期から一気に減少し、今はほぼ普通の状況に戻りました。」(宣伝担当者)

 担当者は「サイバー攻撃かどうかは断定できない」として、「被害届を出すとか、IPを特定するなどは、現在のところ考えてはいません」というが、“特定”のIPアドレスからの集中アクセスということは、明らかに意図的な嫌がらせ、妨害行為があったということだろう。

 冒頭でも述べたように、映画『新聞記者』には、安倍政権下で実際に起こった様々な不正を想起させるエピソードがてんこ盛りになっている。たとえば、物語の核でもある大学新設計画をめぐる不正は明らかに加計学園問題を意識させるし、ほかにも、前川喜平・元文科事務次官への謀略報道をモチーフにしているとしか思えない文科省官僚に対するスキャンダル攻撃、伊藤詩織さんの告発を彷彿とさせる“総理ベッタリ記者”による性暴力事件もみ消し、森友公文書改ざん問題を示唆する官僚の自殺などのエピソードも出てくる。

 さらに、こうした政権の謀略を担う機関として、内閣情報調査室がクローズアップされ、映画で描かれた数々の謀略工作のほとんどに関与しているという設定になっていた。

 官邸はこの映画の内容に怒り心頭で、公開前に内容をつかんだ内調幹部は親しい記者に「絶対許さない」と烈火のごとく怒っていたという。そして、同じく安倍応援団やネトウヨも公開前から一斉に映画に対して、非難と攻撃を繰り広げていた。

 そこに、サイバー攻撃があったため、ネット上ではいま、「安倍政権や内調関係者の仕業じゃないか」などという憶測の声まであがっているのだ。

『新聞記者』では、内閣情報調査室のスタッフたちがネットに向かい、すさまじい勢いで書き込み続けて謀略情報を流す様子が描かれていたが、まさに同じような光景が繰り広げられたのではないか、というのだ。

 現実的には、内調などの政府機関が直接、そんなリスクを冒すとは考えにくいが、政権や自民党の周辺にいる関係者、あるいは熱烈な政権支持者が安倍政権批判を仕掛けた可能性は十分あるだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

望月衣塑子原案の映画『新聞記者』サイトに宣伝妨害のサイバー攻撃! 松坂桃李主演なのにテレビはプロモーション拒否のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。サイバー攻撃伊勢崎馨新聞記者望月衣塑子松坂桃李の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 マリエ問題で出川はCMゼロも…松本人志も公の電波で枕営業を煽る発言
2 菅首相が米メディアから「五輪を進めるのは無責任」と質問され無視する愚行
3 日本城タクシー坂本社長が橋下徹を再び論破!「アホな議論」と一刀両断
4 名古屋リコール不正で維新市議が関与を証言!吉村知事、松井市長の責任
5 吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
6 吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
7 汚染処理水・海洋放出の蛮行に加え安倍が顧問の「原発新増設」推進議連
8 海外から批判も政府と組織委は五輪強行、選手に特別な感染対策を実施
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 五輪演出問題で松本人志、太田光、カズレーザーが姑息コメントも、渡辺直美は
11 橋下徹が西村大臣のPCR検査擁護で検査封じの責任に頰被り
12 松本人志「好きな人ができると女はだめになる」に指原莉乃が鋭すぎる反論
13 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
14 DHC吉田会長がNHKに「社員のほとんどがコリアン系」とヘイトデマ
15 竹田恒泰の「差別主義」を認めた東京地裁の判決文を改めて紹介
16 大阪に看護師不足は維新のせい!橋下徹は看護師の給料を「バカ高い」と攻撃
17 渡部問題で『ガキ使』と松本人志の責任はなぜ問われない?
18 橋下徹のペテンにテレビが全面協力
19 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
20 菅首相が緊急事態宣言を出さないのは五輪開催のため ワクチンも五輪選手優先
1吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
2日本城タクシー坂本社長が橋下徹を再び論破!「アホな議論」と一刀両断
3菅首相が米メディアから「五輪を進めるのは無責任」と質問され無視する愚行
4池江璃花子復活劇を五輪強行派が利用! 門田隆将や安倍前首相も便乗ツイート
5名古屋リコール不正で維新市議が関与を証言!吉村知事、松井市長の責任
6吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
7「桜前夜祭」問題で辞職した安倍事務所の配川秘書が密かに復職か!
8NHKが聖火リレー中継から五輪反対の声をカット!北京五輪のような情報統制
9萩生田文科相「子どもが変異株に感染しやすいという知見ない」とデマまがい
10汚染処理水・海洋放出の蛮行に加え安倍が顧問の「原発新増設」推進議連
11菅首相が緊急事態宣言を出さないのは五輪開催のため ワクチンも五輪選手優先
12DHC吉田会長がNHKに「社員のほとんどがコリアン系」とヘイトデマ
13海外から批判も政府と組織委は五輪強行、選手に特別な感染対策を実施
14マリエ問題で出川はCMゼロも…松本人志も公の電波で枕営業を煽る発言

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄