「令和おじさん」の本当の顔が露わに! 菅官房長官が望月衣塑子記者への“質問妨害”を復活、国連報告でも問題に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
「令和おじさん」の本当の顔が露わに! 菅官房長官が望月衣塑子記者への質問妨害を復活、国連報告でも問題にの画像1
「令和おじさん」の実像は…(首相官邸HPより)


「令和おじさん」ともてはやされ、「かわいい」「ピュアな人」などとメディアが露骨にヨイショしてきた菅義偉官房長官。しかし、そのおじさんが従来の顔を剥き出しにした。5月29日の定例記者会見で、東京新聞・望月衣塑子記者の質問に対し、こう言い放ったからだ。

「その発言だったら、指しません」

 これまでも菅官房長官は会見の場で、望月記者の質問に「あなたに答える必要はありません」「ここは質問に答える場所ではない」などと職責を放棄して暴言を吐いてきた。一方、会見では上村秀紀・官邸報道室長が質問を妨害・制限を加え、さらに昨年12月末には内閣記者会に“望月記者をどうにかしろ”と恫喝をかけるような文書を提示するなど、望月記者排除の動きが加速していた。

 だが、今年2月にこの恫喝文書に日本新聞労働組合連合や日本ジャーナリスト会議が抗議声明を発表、3月にはMIC(日本マスコミ文化情報労組会議)による官邸前抗議活動などに発展したことで、上村官邸報道室長の質問妨害は鳴りを潜めるようになった。

 ところが、5月から再び質問妨害が復活。そのため、同月29日に望月記者がこの質問妨害について質問したのだが、菅官房長官は“記者会主催の場だから記者会に申し入れろ”などと回答を拒否。そこで再び望月記者が手を挙げて質問をしようとしたところ、菅官房長官は「その発言だったら、指しません」と宣言したのだ。

 質問妨害をおこなっているのは官邸報道室長であって、「記者会に言え」というのは責任のなすりつけだ。挙げ句、「その質問なら当てない」と官房長官自らが豪語することは、“自分が気にくわない記者や質問は無視するからな”と宣言したということだ。

 そもそも大前提として、記者会見で官房長官が記者の質問を拒絶したり排除しようとすることは、報道への不当介入、そして国民の「知る権利」を侵害する行為にほかならない。しかし、菅官房長官は、安倍政権にとって都合の悪い質問には“菅話法”と呼ばれるはぐらかしや事実上の回答拒否を連発しながら、一方で政権運営に関係しないくだらない質問には積極的に答えてきた。

 たとえば、新元号発表後の4月5日の会見では、フリージャーナリストの安積明子氏から出た「いまネットで『令和おじさん』と呼ばれているという報道があったが」という質問に、「承知はしてますけど、ピンときてないですね」とニッコリ笑って返答。このほかにも、安積氏からの「東日本でのカール製造中止について」だの「バレンタインにはたくさんのチョコを貰ったと思うがホワイトデーのお返しは?」だのといった、はっきり言ってどうでもいい質問を拒否することなく「私、(カールは)食べたことないんじゃないかなと思います」「(チョコを)去年以上に今年は貰いました」などと回答してきた。

 さらには、2017年7月21日の会見では、安積氏はトランプ大統領が安倍昭恵氏について「ハローも言えない」とニューヨークタイムズで語ったことについて質問し、なぜか「女性からは矢継ぎ早にどんどんどんどん言われるよりも、やはりちょっと控えたほうがお好きなんでしょうか」という望月記者を当てこするような質問をおこなったのだが、菅官房長官は「そっちの(控えた)ほうがいいですね。ヘッヘヘヘ」と笑いながら答えていた。

 こんな低俗な質問にはきちんと答えるくせに、官邸による記者の質問妨害という国民の「知る権利」を阻害する重大な問題の追及はシャットアウトする──。これこそが「令和おじさん」の正体なのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

「令和おじさん」の本当の顔が露わに! 菅官房長官が望月衣塑子記者への“質問妨害”を復活、国連報告でも問題にのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。国連安倍政権望月衣塑子編集部菅義偉の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 葵つかさが「松潤とは終わった」と
2 ブラマヨからTBS井上アナまでが叫ぶ「オミクロンたいしたことない」論の詐術
3 東野・ブラマヨ吉田と吉村・橋下・松井の馴れ合い番組に「偏向」調査
4 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
5 国民民主・玉木雄一郎が節操なさすぎ!都民ファ、維新、ネトウヨに媚び媚び
6 NHK捏造・虚偽放送問題で河瀬直美監督のコメントが無責任すぎる!
7 Netflix版『新聞記者』に米倉涼子、綾野剛、横浜流星など、豪華キャストがずらり
8 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
9 NHK「五輪反対デモ参加者が金」“『ニュース女子』並み”捏造を犯した理由!
10 自民党がネトサポに他党叩きを指南
11 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
12 河瀬直美監督とNHKが五輪反対派をデタラメ攻撃!
13 キティ、マイメロが戦争反対を訴え!
14 年末年始も吉村知事を大スター扱いの在阪テレビ!東野&ブラマヨ吉田も…
15 御用ジャーナリスト大賞(後編)5位〜1位発表!
16 れいわ・大石あきこがNHK『日曜討論』で吉村批判、足立議員も一蹴
17 御用ジャーナリスト大賞(前編)10位〜6位発表!
18 維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
19 BiSが「死んで」メール出した相手
20 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
1河瀬直美監督とNHKが五輪反対派をデタラメ攻撃!
2NHK捏造・虚偽放送問題で河瀬直美監督のコメントが無責任すぎる!
3米軍のせいで沖縄1400人超の感染爆発でも岸田首相は「原因の断定難しい」
4NHK「五輪反対デモ参加者が金」“『ニュース女子』並み”捏造を犯した理由!
5ブラマヨからTBS井上アナまでが叫ぶ「オミクロンたいしたことない」論の詐術
6年末年始も吉村知事を大スター扱いの在阪テレビ!東野&ブラマヨ吉田も…
7国民民主・玉木雄一郎が節操なさすぎ!都民ファ、維新、ネトウヨに媚び媚び
8東野・ブラマヨ吉田と吉村・橋下・松井の馴れ合い番組に「偏向」調査

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄