JOC竹田恒和会長が退任表明も6月まで居座り! 五輪至上主義と電通タブーで東京五輪汚職を報じないマスコミの責任

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
JOC竹田恒和会長が退任表明も6月まで居座り! 五輪至上主義と電通タブーで東京五輪汚職を報じないマスコミの責任の画像1
日本オリンピック委員会・JOC公式サイトより/pre>


 日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長が、本日19日にも退任の意向を表明すると報じられている。竹田会長は2020年東京五輪・パラリンピック招致をめぐる汚職疑惑で捜査対象となっており、また招致の最高責任者としても、退任は当然だろう。

 ところが驚いたことに、昨晩毎日新聞が報じたところによれば、任期満了の6月いっぱいは会長職を務める見通しだという。問題の五輪招致をめぐる汚職問題の責任をとって辞めるのではなく、あくまで「任期満了に伴う退任」という形で通そうという魂胆のようだ。いったいどこまで厚顔無恥なのか。

 本サイトで報じてきた通り、竹田会長は、2020年東京五輪・パラリンピック招致に絡む汚職にかかわった容疑で、フランス司法当局の捜査対象になっており、今年1月には起訴に向け本格捜査を開始したことが報じられている。

 竹田会長は1月に会見を開き一方的に潔白を主張したが、JOCの代表者であるにもかかわらず「いかなる意思決定プロセスにも関与してない」と断言するなど、その無責任ぶりを露呈していた。

 日本国内では「カルロス・ゴーン逮捕に対する報復」などという陰謀論も一部ではあがっていたが、そのような見方は的外れだ。本サイトで度々報じてきた通り、この収賄疑惑はゴーン逮捕よりはるか前の2016年にはイギリス・ガーディアン紙がスクープしており、ブラジルやフランス当局は数年に渡って捜査に動いていた。

 ところが、五輪批判がタブー化している国内メディアでは、1月の本格捜査報道以降もこの汚職疑惑を追及する動きはほとんど見られない。そうした状況にあぐらをかくように、竹田会長は説明責任も果たさず、身柄拘束を恐れ国際会議への出席もままならない状態で、JOC会長の座に居座り、任期延長論さえ出てくる始末だった。

 竹田会長の退任は当然で遅すぎるくらいだが、しかし竹田会長が退任するからといって汚職疑惑そのものが解消されるわけでは全くない。

 たとえば、この五輪招致をめぐる汚職疑惑では電通が大きな役割を果たしている。しかし国内メディアは電通タブーを恐れ、電通の問題に一切触れないか、あるいは少し触れたとしても「大手広告代理店」などと明言を避けるなどし、疑惑の全容や電通の責任に切り込むような報道は皆無だ。

 おそらく、JOCは竹田会長の退任をもって汚職疑惑の幕引きを図ろうとするだろう。国内メディアもそれに追随し、疑惑などなかったかのように、五輪翼賛報道を展開するだろう。
 
 日本では「オリンピックのため」という大義名分のもと、あらゆる問題を覆い隠され批判が封じ込められてきた。2020年が近づき五輪至上主義の風潮はますます強まっているが、はたしてこのままでいいのか。

 以下に、2020年東京五輪・パラリンピック招致をめぐる汚職について、国内メディアで報じられてこなかった実態を解説した記事を再録する。このままなんの批判検証もないまま五輪を開催していいのか、いま一度考えてもらいたい。
(編集部)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

JOC竹田恒和会長が退任表明も6月まで居座り! 五輪至上主義と電通タブーで東京五輪汚職を報じないマスコミの責任のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。JOC五輪竹田恒和編集部電通の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 GoToキャンペーンは、 “影の総理”今井補佐官と菊池桃子の夫が経産省の利権に
2 河井克行の買収に安倍事務所が関与の新証言!現金渡した相手を首相秘書が訪問
3 東京の感染者は7月1日から100人超、発表67人を139人に修正
4 安倍政権がコロナ増税の動き! 新会議に震災で復興税導入を主張した経済学者
5 香港問題で安倍首相と自民党の二枚舌
6 小池百合子が当選後、コロナ対応担う都立病院の合理化計画
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 年金積立金が1~3月期で18兆円マイナス! 国民の年金を溶かした安倍政権の責任
9 小池百合子が「東京に核ミサイル配備」
10 大谷医師が明かしたネトウヨの電凸攻撃!「反日」と怒鳴り込まれたことも
11 国会で井浦新、宮本亜門の批判を突きつけられた安倍首相が…
12 小池百合子都知事が東京アラート解除のため陽性者数を操作していた疑惑
13 吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
14 河井克行・案里事件で検察の捜査が安倍首相の地元事務所も捜査対象に
15 『テラスハウス』木村花さんへの「やらせ指示」はやはりあった!
16 河井事件でバービーが「安倍首相の名前で金を受け取らせたのは圧力」
17 東京都の感染者100人超で小池知事、加藤厚労相、安倍首相の仰天言動
18 官製デマによる『モーニングショー』一斉攻撃はやはり安倍官邸の指示
19 小池百合子、小野泰輔の“ヘイト”に津田大介が切り込んだ
20 田崎史郎が『モーニングショー』から消えた! 原因は玉川徹?
1東京の感染者は7月1日から100人超、発表67人を139人に修正
2小池百合子都知事が東京アラート解除のため陽性者数を操作していた疑惑
3 年金積立金が1~3月期で18兆円マイナス! 国民の年金を溶かした安倍政権の責任
4小池百合子が当選後、コロナ対応担う都立病院の合理化計画
5安倍首相秘書が案里陣営とともに溝手陣営切り崩しに動いていた!
6大谷医師が明かしたネトウヨの電凸攻撃!「反日」と怒鳴り込まれたことも
7「安倍さんからと言われた」河井前法相から現金を受け取った町議が証言!
8GoToキャンペーンは、 “影の総理”今井補佐官と菊池桃子の夫が経産省の利権に
9「専門家会議廃止」の裏に緊急事態宣言の解除をめぐる安倍官邸と専門家の対立
10 河井克行の買収に安倍事務所が関与の新証言!現金渡した相手を首相秘書が訪問
11東京都の感染者100人超で小池知事、加藤厚労相、安倍首相の仰天言動
12吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
13 安倍政権がコロナ増税の動き! 新会議に震災で復興税導入を主張した経済学者
14安倍首相がイージス・アショア停止を悪用して「敵基地攻撃能力」保有へ
15河井事件でバービーが「安倍首相の名前で金を受け取らせたのは圧力」
16小池百合子、小野泰輔の“ヘイト”に津田大介が切り込んだ
17香港問題で安倍首相と自民党の二枚舌
18『テラスハウス』木村花さんへの「やらせ指示」はやはりあった!
19久米宏がTBSラジオの最終回で何も語らなかったのはなぜか?
20渡部建が妻や相方に謝罪する一方、被害者である相手女性に謝罪せず
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄