安倍自民党から出馬説の貴乃花が危険な極右オカルト発言! 特攻隊賛美、「相撲の語源はヘブライ語」の日ユ同祖発言も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
安倍自民党から出馬説の貴乃花が危険な極右オカルト発言! 特攻隊賛美、「相撲の語源はヘブライ語」の日ユ同祖発言もの画像1
著書でも自らの信念を…(『生きざま 私と相撲、激闘四十年のすべて』ポプラ社刊)


 貴乃花光司(元貴乃花親方)の参院選出馬に関する噂が絶えない。記者会見やバラエティ番組出演などでこの質問が飛ぶたびに本人は否定しているようだが、どうにもキナ臭い動きが続いている。

「FLASH」(光文社)2019年3月19日号では、自民党所属で元五輪担当相の遠藤利明衆議院議員と食事をした写真を撮られている。記事では、日本柔道連盟会長の山下泰裕氏、東大理事の境田正樹弁護士、貴乃花、遠藤氏、といった顔ぶれで食事会が開かれたとある。

 直撃した「FLASH」の記者に対して貴乃花は「まあ、もう、これでちょっと勘弁して」と答え、所属事務所も政界進出の可能性に関して「まったくございません」と回答しているが、そんな定番文句を額面通りに受け取れるわけがない。実際、同席した山下氏は政界からの誘いについて「誘われていると思うよ」と話しているし、そもそもこの食事会じたい、貴乃花のほうから声をかけてセッティングされたもの。政界に色気があるのは、まず間違いない。

 国民的人気を考えれば当選は確実だが、しかし本当にこの人、政治家なんかになって大丈夫なのだろうか。

 というのも、本サイトで繰り返し指摘してきたように、貴乃花といえば、トンデモ極右思想の持ち主だからだ。

 つい最近も「Number」(文藝春秋)2019年2月28日号に掲載されたインタビューで貴乃花はとんでもないことを語っていた。

 貴乃花は現役最後となる2003年1月場所において、2日目の雅山戦で左肩を負傷して翌日から休場するが、5日目から再び土俵に戻り、思うような相撲をとることができないまま引退している。この異例となる場所中の土俵復帰にいたった経緯を、貴乃花はこのように表現している。

「あれは引き際ですから。人生の空白をつくらないよう勝負をかけた。神風特攻隊ではないですが、神風というような、そういう境地です。戦って、戦い抜いて、動かなくなったところで死に花を咲かせるという」

 自らの現役最後のお相撲を、太平洋戦争末期の特攻隊にたとえてみせたのだ。しかも「死に花を咲かせる」などと、自爆テロの強要という非人道的作戦を、明らかに美化している。

 部屋で貴ノ岩以外の外国人力士をとらず、相撲協会の日本国籍条項の変更に反対するなど、排外主義的、純血主義的姿勢をつらぬいていたのはもちろん、軍国主義を彷彿とさせる発言も連発している。

 たとえば、貴乃花部屋のHPには自らを〈軍神のように生まれてきた思いがいたします〉〈日本の国益のお役に立てるための、相撲道の本懐を遂げるためのものです〉というそれこそ戦前丸出しのメッセージが掲載されたこともある。

 さらに、「Number」ではこんなことも語っている。

「横綱になる時というのは死ぬ時ということです。『桜の花が散るように』と。力士はそうあれと入門したての頃、相撲教習所で全員が教わるんです。それで白虎隊の歌を習うんです。陛下の額が飾ってあって」

 ここで貴乃花が言及している「陛下の額」とは、〈技を磨き心を練る 春又秋 文を学び武を振い 両ながら兼ね修む 阿吽の呼吸 君知るや否や 角道の精華 八洲に耀く〉と書かれた「角道の精華」のことだと思われる。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

安倍自民党から出馬説の貴乃花が危険な極右オカルト発言! 特攻隊賛美、「相撲の語源はヘブライ語」の日ユ同祖発言ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。参院選太田憲二安倍晋三極右河野景子特攻隊貴乃花の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
2 コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
3 吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
6 高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
7 維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
8 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
9 吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
10 自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
11 国分「SMAP好きじゃない」告白の裏
12 文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
13 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
14 『報ステ』ディレクターの自殺と原発
15 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
16 太田光が選挙特番で高市早苗を追及し絶句させる奮闘ぶり
17 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
18 「維新」議員の顔ぶれがひどい!ヘイト、極右、金、暴力を報道された議員まで
19 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
20 セブン-イレブンオーナーの自殺続出
1吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
2吉村知事や橋下徹の「国会議員の“文通費”批判」に盛大ブーメラン
3文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
4維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
5自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
6吉村知事「1日で文通費100万円」ごまかし手口!リテラの取材のあとに
7自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
8高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
9コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
10吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
11政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄