百田尚樹が古市憲寿の『日本国紀』評に「ウソ書くなボケ」と激怒! でもウソをついてるのは百田センセイのほうだった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
百田尚樹が古市憲寿の『日本国紀』評に「ウソ書くなボケ」と激怒! でもウソをついてるのは百田センセイのほうだったの画像1
古市氏に噛み付いた百田氏だが…(百田尚樹Twitter3月6日投稿より)


 安倍応援団のネトウヨ作家・百田尚樹センセイがお怒りだ。自身のTwitterで6日、これまた近年、安倍応援団の一員と化している(自称)社会学者・古市憲寿を「ウソを書くな!ボケが!」と罵倒したのである。

 古市クンというと、何かと炎上しがちな売れっ子論客。最近もコメンテーターを務める『とくダネ!』(フジテレビ)で、セブン-イレブンの24時間営業問題にかんして「24時間営業は必要」と主張し、「むしろコンビニだけじゃなく洋服屋さんとかいろいろなところを24時間、朝までやってほしいです」と発言、労働者視点皆無のコメントに批判が集まっている。しかし、今回の一件に関しては、いつもと違い、百田センセイのトンデモによって「当たり屋」的被害に遭った感が否めないのだ。

 ともあれ、何があったのか。百田のツイートを読んだほうが早い。

〈古市憲寿とかいうモノ書きが、新潮社の雑誌「波」で、「百田は『日本国紀』で『大東亜戦争は正義の戦争だった』と主張した」と書いている。
私がいつそんな主張をした!そんなこと、どこにも書いてない!
本を批判するのは自由だが、ウソを書くな!ボケが!〉(3月6日のツイート)

 一度キレると気が済むまでグチグチ言うのがセンセイの特徴。続けてこんな投稿もしている。

〈古市憲寿というのはどういう人かは知らないが、聞いた話では、オバチャン・キラーだそうだ。
力のあるオバチャンの懐に飛び込むのが上手くて、可愛がられるらしい。
私とは正反対のタイプな感じ。〉

 まあ、「オバチャン・キラー」なる古市評はともかくとしても、百田センセイをここまで激怒させた古市の論評って、どれほどのものなのか。本サイトもさっそく読んでみた。

 問題の文章は、古市が新潮社のPR雑誌「波」で連載している「ニッポン全史」の最終回(3月号掲載)のことだ。副題は「歴史を語ることの歴史」。このなかで古市は、百田の『日本国紀』(幻冬舎)を“話題の書”として取り上げ、こう紹介している。

〈また現代史では、「大東亜戦争は東南アジア諸国への侵略戦争」ではなかった、「南京大虐殺」はなかった、韓国の主張する「戦時徴用工強制労働」は嘘であるなど、これまでの百田の主張が繰り返されている。〉

 そして、歴史認識をめぐる右派のバックラッシュが盛んとなった90年代のベストセラー『教科書が教えない歴史』(藤岡信勝、自由主義史観研究会)や『国民の歴史』(西尾幹二・編、新しい歴史教科書をつくる会)と比較しながら以下のように述べている。

〈当時流行した日本史の特徴は、読者に勇気を与えてくれるという点である。彼らはそれまでの日本史を「自虐史観」だと批判し、日本人は「誇り」を取り戻すべきだと訴えた。「大東亜戦争は正義の戦争だった」など、百田が『日本国紀』で主張する内容と近い。というか、「ネトウヨ」と呼ばれる人々の思想的原点のほとんどは、90年代の歴史認識論争にある。〉

 これに対して、百田センセイは「ウソを書くな!ボケが!」とお怒りらしい。しかし、普通に読めば、古市が「大東亜戦争は正義の戦争だった」と主張したとするのは藤岡や西尾の著書のことであり、それが『日本国紀』の内容と「近い」と評しているにすぎないだろう。

 この時点で言いがかりの匂いがプンプンしてくるが、しっかり検証しておく必要がある。百田センセイは本当に「そんなこと、どこにも書いてない!」のだろうか。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

百田尚樹が古市憲寿の『日本国紀』評に「ウソ書くなボケ」と激怒! でもウソをついてるのは百田センセイのほうだったのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。Twitter古市憲寿日本国紀歴史修正百田尚樹編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
2 有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
3 ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
4 岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
5 辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 忘れるな、福島原発事故の主犯は安倍だ
8 『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
9 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
10 岸田内閣に少女時代をデマ攻撃した金子総務相はじめネトウヨ極右閣僚が
11 沖縄知事選で佐喜真応援団が組織的なデマ攻撃
12 すぎやまこういち死去報道で封印された歴史修正主義と性差別肯定発言
13 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
14 りえママ、娘にたけしとの不倫を強要!?
15 眞子内親王をPTSDにした小室圭さんバッシングの裏にある差別的本質!
16 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
17 「暮しの手帖」に「政治的すぎ」と批判
18 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
19 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
20 幹事長に甘利明、1200万円賄賂事件と黒川検事長による捜査潰しが再燃
1Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
2有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
3『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
4甘利幹事長に「闇パーティ」広告塔疑惑
5ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
6 岸田内閣に少女時代をデマ攻撃した金子総務相はじめネトウヨ極右閣僚が
7岸田内閣の新閣僚はカネまみれ!鈴木財務相、金子農水相、後藤厚労相らも
8岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
9辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
10田崎史郎ら御用が垂れ流す「安倍さんは人事に不満」説の嘘,
11すぎやまこういち死去報道で封印された歴史修正主義と性差別肯定発言
12眞子内親王をPTSDにした小室圭さんバッシングの裏にある差別的本質!
13岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄