竹内結子主演ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』の女性蔑視がひどい! 伊藤詩織さんやはあちゅうの性被害告発も揶揄

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
竹内結子主演ドラマ『スキャンダル専門弁護士』の女性蔑視がひどい! 伊藤詩織さんやはあちゅうの性被害告発も揶揄の画像1
『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』(番組HPより)


 ここ最近、民放のドラマでは、政権の不正やセクハラ事件などを風刺・批判するような動きが起きている。たとえば『相棒』(テレビ朝日)では安倍政権の暗部を彷彿とさせるようなシークエンスが随所にちりばめられ、昨年放送された『アンナチュラル』(TBS)でも安倍首相御用ジャーナリストの山口敬之事件を想起させる場面が展開されるなど、女性蔑視を批判する目線が貫かれており大きな話題となった。これらは、安倍政権の言論圧力の結果、報道部門がすっかり萎縮し忖度している状況のなか、ドラマというフィクションで一矢報いようとするテレビ人の良心と言っていいだろう。

 そんななか、今クールでも、現実社会で起こった事件や社会問題を彷彿とさせる内容を盛んに織り交ぜている連続ドラマがある。竹内結子主演の『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』(フジテレビ)だ。危機管理・スキャンダル対策が専門という異色の弁護士・氷見江(竹内結子)が依頼人のトラブルを解決していくという一話完結もので、『相棒』や『アンナチュラル』のような権力批判、社会風刺が展開されるのではと期待したが、しかし、これが真逆のトンデモドラマなのだ。とくに1月17日放送の第2話は、現実社会でも問題となったある社会問題をモチーフにしていたが、その切り口は呆然とするものだった。

 ドラマの概要はこうだ。氷見のもとに大手広告代理店「D cide」からの依頼があった。同社のトップクリエイター谷正輝(波岡一喜)が契約社員の女性にセクハラをしたとして週刊誌に告発された。これをきっかけに女性たちによるデモが起こるなど社会問題に発展、そのため谷は人事部長の藤原貴美子(国生さゆり)とともに、氷見に事態の沈静化を依頼する。谷はセクハラなど事実無根だと訴えるが、しかし被害女性である佐藤瑠璃(成海璃子)は、谷からのセクハラ・パワハラについてこう訴えた。

「上司に夜中、呼び出されて朝まで正座をさせられたことありますか?」
「上司に『仕事をクビになりたくないならひざまずけ』って言われたこと、ありますか?」

 大手広告代理店「D cide」を舞台にしたトップクリエイターによる女性スタッフへのセクハラ。さらに正座などのエピソードを見ると、どうしてもあの一件を想起せざるを得ない。そう、はあちゅうが電通時代に先輩クリエイターの岸勇希氏から受けたセクハラ・パワハラ告発の一件だ。

 はあちゅうへのセクハラ・パワハラが始まったのは2010年3月頃のこと。岸氏ははあちゅうを深夜に突然、電話で「俺の家にこれから来い」と命令、またあるときは「今すぐ飲みの場所に来い。手ぶらで来るな。可愛い女も一緒に連れてこい。お前みたいな利用価値のない人間には人の紹介くらいしかやれることはない」などの暴言を吐いたという。さらに呼び出されて自宅に行くと、黙って正座をさせられたこともあったという。

 また、ドラマでは当初匿名だった被害者女性が、その後顔出しで実名告発しネットでバッシングを受ける様子も描かれ、さらに告発本『ブラックダイアリー』の出版を予定するというエピソードも出てくる。これは、明らかにジャーナリスト・山口敬之氏からの性暴力被害を訴えた伊藤詩織さんの『Black Box』(文藝春秋)を意識したものだ。

 つまり、ドラマは電通を舞台にしたはあちゅうのセクハラ・パワハラ事件、そして伊藤詩織さんの性的暴行事件を合体させてモチーフにしたと思われるが、しかしこれら女性の性被害問題に一石を投じるものかと思いきや、ドラマは予想を超えたとんでもない展開を見せる。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

竹内結子主演ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』の女性蔑視がひどい! 伊藤詩織さんやはあちゅうの性被害告発も揶揄のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。はあちゅうスキャンダル専門弁護士 QUEENフジテレビ伊藤詩織林グンマ竹内結子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
2 大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
3 河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
4 ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
5 デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
6 区立中学の性教育に自民党が圧力!
7 自民党のネット誹謗中傷対策メンバーの平井卓也が女性蔑視書き込み
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 安倍晋太郎が山口会長に「金儲けの秘訣を教えて」と懇願した夜
10 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
11 菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
12 止まらない岡田晴恵バッシング!「週刊新潮」が「予言外れた」と的外れ批判
13 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
14 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
15 『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
16 乃木坂46歌唱で『セーラー服を脱がさないで』歌詞の女性蔑視に非難殺到!
17 『半沢直樹』今度は民主党に倍返し!
18 菅政権の官房長官に決定 加藤勝信厚労相がコロナ対応で見せた無能
19 倒産したジャパンライフと安倍側近
20 佐川誘導尋問、丸川珠代の本質を見抜いていたマツコ
1菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
2菅官房長官がテレビでもポンコツ露呈!『報ステ』では徳永有美に陰険クレーム
3安倍首相は本当に病気だったのか? 辞任表明以降一度も病院に行かず
4菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
5つるの剛士が畑泥棒を「近くの工場で働いてる外国人」「あそこ怪しすぎる」
6デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
7ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
8安倍首相が昨晩、フルコースを完食しワイン、ゴルフの約束まで! 
9菅政権の官房長官に決定 加藤勝信厚労相がコロナ対応で見せた無能
10菅義偉“総理”誕生で権力のために不正を働く「忖度官僚」だらけに
11総裁選で自民党がまた新聞社に圧力文書!
12大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
13大坂なおみの黒人差別抗議マスクに冷ややかなマスコミとスポンサー
14台風を理由にテレビ討論欠席も菅官房長官は“災害対応おざなり”の常習犯!
15菅内閣が「第三次安倍政権」化! 6月の時点で密約説
16河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
17三浦瑠麗が特別講師「N高政治部」で麻生太郎が民主主義否定の暴言
18日産への政府保証1300億円は「半沢直樹」のモデル日本航空の倍!
19『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
20乃木坂46歌唱で『セーラー服を脱がさないで』歌詞の女性蔑視に非難殺到!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄