蒼井そらが妊娠発表で「AV女優の子どもはかわいそう」の中傷に反論! AV女優たちについて回る理不尽な差別

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
蒼井そらが妊娠発表で「AV女優の子どもはかわいそう」の中傷に反論! AV女優たちについて回る理不尽な差別の画像1
蒼井そらOffiicial Blog『今日のSOSOLA模様』から


 12月11日に元AV女優で現在はタレントとして活動している蒼井そらが妊娠5カ月であることをオフィシャルブログで公表した。

 しかし、新たな命を報告するブログは〈AV女優が子供を作るなんて子どもがかわいそう。結婚発表をした時、そんな言葉を目にしました〉という不穏な言葉で始まっていた。

〈AV女優が子供を作るなんて子どもがかわいそう。
結婚発表をした時、そんな言葉を目にしました。
いや、発表する前から、そんな言葉を目にすることは多々あったかな。
確かに、普通に、常識的に、一般的に考えるとそうなのかもなと
そう言われるのは、まぁ分からない事ではないと私は思うのですが
そこで、考えたんですよ。
子どもの不幸のこと。
AV女優の親だと不幸なのか。
それと
AV女優の親じゃなければ幸せなのか。〉

 親の職業という子どもに選べないファクターによって、子どもの幸・不幸が決まるような社会がおかしいのであって、言うまでもないがどんな職業の人間も子どもをもつ自由がある。親の職業を理由に子どもがいじめられたり理不尽な扱いを受けることがあれば、悪いのは断じて親ではなく、いじめている側だ。そんな自明のことは、蒼井だって百も承知だろう。それでも蒼井がこんなことを書かずにいられないのは、それだけAV女優が子どもをもつことに対する攻撃や風当たりが強いからだ。

 本サイトでも以前取り上げたことがあるが(蒼井そらが結婚報告ブログで明かしたAV女優の経歴への「後ろめたさ」…紗倉まなもコラムでセカンドキャリアへの不安)、蒼井そらがAV女優に対する偏見や差別について言葉にしたのはこれが初めてではない。

 彼女は今年の1月2日にオフィシャルブログのなかでDJ NONと結婚したことを報告している。その結婚報告のブログのなかで、蒼井はDJ NONのことをこのように紹介していた。

〈彼はイケメンでもないし、お金も持っていないけど
アダルトをやっていたという事実や、
その他全てのことに対する私の不安を一気になくしてくれる人でした。
アダルトをやっていたことに後悔はないですが
世間の目に対する、後ろめたさがないわけでもない。
家族になるということは、そういう過去やこれからの未来で、
全ての受け入れが必要だと思っています。
だから、私を貰ってくれるなんて本当すげー奴だなって思います〉

 現在の日本は、結婚や出産という個人の人生に〈AV女優が子供を作るなんて子どもがかわいそう〉などという言葉をぶつける社会なのだということに絶望を感じるが、AV女優に対する差別的な眼差しを訴える人は現役のAV女優のなかにもいる。

 AV女優のみならず作家としても活動している紗倉まな氏は「週刊プレイボーイ」(集英社)2018年2月12日号に掲載された落合陽一氏との対談のなかで、こんな体験を語っている。

「一番イラッとすることは、何を言っても『肉便器』って言われることですね」
「以前言われたのは、『おまえいろいろ物事を多く語って、まるで文化人気取りだな』みたいな。『肉便器は黙って脱いでろ』って言われたことがあって」

 紗倉はこれまでに、AV女優を主人公にした『最低。』(KADOKAWA)、家族関係を題材にした『凹凸』(KADOKAWA)と、2作の小説を出版。文学関係者からも非常に評価が高く、『最低。』のほうは昨年11月に映画化もされている。エッセイで、家族問題や社会問題について語ることも少なくなく、昨年からはAbemaTVのニュース番組『AbemaPrime』でアンカーも務めている。

 先にあげた「まるで文化人気取りだな」「肉便器は黙って脱いでろ」なる暴言は、彼女のそういった活動を指してのものだと思われるが、あまりにひどすぎる最低な女性蔑視発言だ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

蒼井そらが妊娠発表で「AV女優の子どもはかわいそう」の中傷に反論! AV女優たちについて回る理不尽な差別のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。川奈まり子紗倉まな編集部蒼井そらの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 
2 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
3 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
4 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
5 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
6 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
7 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
8 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
11 西野、梶原、又吉ら意識高い系芸人が吉本上層部を全面擁護
12 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
13 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
14 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
15 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
16 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
17 キンコン西野批判こそ「お金の奴隷」だ
18 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
19 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
20 木梨憲武個展が大盛況の“理由”
1 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
2菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
3ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
4菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
5吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
6特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
7河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
8 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
9蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
10 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
11バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
12信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄