検察OBは人を轢き殺し容疑を否認しても逮捕されないのか? ゴーンと対照的な“元特捜部長”への処分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

“逮捕見送り”と書かなかった新聞、過去には特捜検事の事故スルーも

 さらに問題視すべき点がある。前出の警視庁担当記者の話。

「死亡事故を起こして逮捕必至とみられていた高齢者が、怪我などで逮捕を見送られる場合、新聞各社は決まって続報を出して“逮捕見送り”と書いているんです。なのに石川さんの場合はそうした報道が一切ない。最初から元特捜部長の逮捕などあり得ないといわんばかりの扱いなのです」

 特捜検察の交通事故といえば、後に特捜部長に就任することになる検事が東名高速で横転事故を起こしたことがある。同乗者に怪我を負わせたため、業務上過失傷害容疑で略式起訴され、罰金刑を受けるほどの事故だったにもかかわらず、発生直後、一度も報道されることはなかった。大手紙の社会部デスクは「発生を把握していたのに書かなかった。忖度したといえば言い訳できない。警察も萎縮してしまい、事故発生時に正式な発表をしなかったと記憶している」と打ち明ける。

 誤解なきよう断っておくが、本サイトは「逮捕」を是認しているわけでもなんでもない。しかし、微罪や別件逮捕で延々拘束され続けている容疑者や被告が大量にいる一方で、貴い人命を奪いながら、事実関係を徹底否認し、逮捕を免れ続けた検察OBがいるというのは明らかにおかしいだろう。そして、そのことをマスコミは指摘しようともしない。

「日本には“法の下の平等”などない」というこの現実に国民はもっと怒るべきだろう。

最終更新:2018.12.27 09:20

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

検察OBは人を轢き殺し容疑を否認しても逮捕されないのか? ゴーンと対照的な“元特捜部長”への処分のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。カルロス・ゴーン検察石川達紘編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 杉田水脈に反省なし!岸田首相が差別政治家を守る理由
2 橋下が「人格障害」名誉毀損裁判で敗訴
3 大阪・吉村知事「コメ10キロ配布」に非難殺到! 知事・市長選目的
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 防衛費増額財源で法人税を削除した政府有識者会議に読売社長、日経元会長ら
6 自民党がネトサポに他党叩きを指南
7 コロナ第8波で三浦瑠麗、たむらけんじが医療機関を攻撃、非難殺到!
8 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
9 翼がSMAP解散でメリーと滝沢を批判
10 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
11 オリックスDHC買収で「虎ノ門ニュース」に続き「DHC テレビ」も解体か
12 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
13 長澤まさみ『エルピス』脚本家・渡辺あやが抱くマスコミの権力従属への危機感
14 石原都知事時代の贅沢三昧は舛添以上
15 タッキー引退の裏にジャニーVSジュリーの派閥抗争
16 統一教会と自民党の関係をごまかすメディア…民放は有田芳生に発言自粛を要求
17 安倍政権は「放送法」の拡大解釈だ!
18 大阪万博が東京五輪と酷似!大阪ワクチン開発者が総合Pで顧問企業が
19 玉川徹が21日の番組で不在 菅の弔辞は「銀座の焼き鳥屋」もでっち上げか
20 維新の不祥事が止まらない! 猪瀬直樹セクハラ、新たに部落差別
1防衛費増額財源で法人税を削除した政府有識者会議に読売社長、日経元会長ら
2 大阪・吉村知事「コメ10キロ配布」に非難殺到! 知事・市長選目的
3 コロナ第8波で三浦瑠麗、たむらけんじが医療機関を攻撃、非難殺到!
4杉田水脈に反省なし!岸田首相が差別政治家を守る理由
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄